オランダ型風車と東急不動産だまし売り裁判

林田力

霞ヶ浦総合公園(土浦市大岩田)にはオランダ型風車がある。この風車は、土浦市市制施行50周年を記念して建てられた。動力は電気で、高さ25m、羽根の長さ直径20m、塔の中段には霞ヶ浦が一望できる展望台がある。オランダ型風車前にはチューリップが植えられ、オランダ気分が味わえる風景になっている。風車の羽根が回転しながら点灯する「風車イルミネーション」も行われる。

オランダ型風車から東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)や東急不買運動を考えた。オランダ型風車は干拓地の排水を目的とする。東急不動産だまし売り裁判もマンションだまし売りという社会悪の排除を目的とする。マンションという一生に一度あるかないかの買い物で、だまし売りが行われる。このような恐ろしいことが私達の住む国で現実に起きている。

オランダは八十年戦争(1568年-1648年)とも称される長い闘いを経て独立を勝ち取った。東急不動産だまし売り裁判も東急不買運動も粘り強い闘いである。オランダ独立の背景にはフェリペ2世の強硬姿勢があった。東急不動産だまし売り裁判の背景も東急リバブル東急不動産の強硬姿勢がある。

東急リバブル東急不動産は自社の利益だけを追求することに何のためらいもない。東急リバブル東急不動産にとって消費者に受け入れられるか否かなど関係なかった。ただ押し付けるだけであった。押し付けるという自覚もなく、押し付けられた人々の憤りをクレーマーと切り捨て押さえ付ける。

東急リバブル東急不動産は消費者の権利意識の向上という変化を直視し、変化に対応する覚悟を決めなければならない。昔ながらの考え方のままでは、失敗する。今まで活用しきれていなかった消費者の権利を、掘り起こしていく。それこそ企業に求められている役割である。

林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。





Yahoo!検索