FJネクスト反対運動お知らせ

FJネクスト反対運動お知らせを読んでみよう。ガーラ・グランディ木場反対運動お知らせを読んでみよう。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。迷惑勧誘電話や悪質マンション建設ばかりを増加させ、止めることを意思決定できないマネジメントは無能である。

FJネクスト迷惑電話は傲慢で、高飛車で、自分と異なる人生観に対して少しも理解を示そうとしない。FJネクスト迷惑勧誘電話を放置する組織にも問題がある。告発者に圧力をかけても、無駄なあがきである。隠し通せる訳がない。

FJネクストの住民説明は信じがたい嘘とみえすいた常套句が混ざっている。住民の質問に答えない説明会は無意味である。粘着力のないセロハンテープと同じである。いい加減恥ずかしいから、せめて民放テレビだけでもFJネクストCMを自粛してほしい。

投資用ワンルームマンションを買ってはいけない。マンション投資の可能性はマイナス100%である。マンション投資の迷惑勧誘電話はは金融リテラシーが低すぎて話が広がらない。金を持ってないどころかやったことないのに妄想で語っているものばかりである。投資用ワンルームマンションの値上げは何のための値上げか意味不明である。中国人が黙っていても買うから値上げしても大丈夫と安直に考えていたのではないか。

分譲マンション取引は不合理である。「多くの国民にとって「一生の買い物」と形容される高額取引であるが故に、「買い手と売り手との間の圧倒的な情報格差」「建物の完成前に購入する青田売り」などの不条理を、こういうものなのだと渋々受け入れるしかない。消費者が複数回の買い物を通じて“賢くなる”機会を得られないからだ。不動産を巡る数々の不条理が長年の間、問題視されることがなかったのもこの点にある」(林英樹「Why! なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う? ドイツから見えた日本の家の異常さ」日経ビジネスOnline 2016年2月22日)

FJネクスト不買運動お知らせ

FJネクスト不買運動お知らせを読んでみよう。ガーラ・グランディ木場不買運動お知らせを読んでみよう。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。FJネクスト迷惑勧誘電話は礼儀知らずの人間に寝台を土足で踏みにじられた気分にさせる。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設は、まともな人であればまともであるほど、おかしいと思うだろう。

FJネクスト不買運動お知らせには多くの痛みや悲しみが詰まっている。良薬が口に苦いように、FJネクスト不買運動お知らせは耳に痛い。だからこそ耳を傾ける意味がある。FJネクスト不買運動お知らせの問題意識は非常に重い。あまりに重く、しかし、シンプルである。FJネクスト不買運動は日本の消費スタイルを変えていく。FJネクスト不買運動は固定的な世界観を破壊し、新しい世界観に目を開く。

FJネクスト迷惑勧誘電話を社会的な人間として扱うことは時間と金の無駄である。もっと合理的に排除できる様にしないと社会的な損失が大きい。オリンピックを控えて、法律の想定外を狙った悪徳不動産業者が増えてくるだろう。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産や迷惑勧誘電話のFJネクスト、危険ドラッグ犯罪者とはやはり基本的価値観を共有できない。

伝え合うと言うからには相互性があることが前提である。人の話を聞かず、自分の話だけをして帰るならば相互性はなく、相手に失礼である。そのようなことは止めてくださいとお願いしている。そもそも会ったこともない人を然々の人ではないと断定する神経が信じられない。

ガーラ・スクエア伊豆高原不買運動

ガーラ・スクエア伊豆高原不買運動を進めよう。ガーラ・スクエア伊豆高原不買運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・スクエア伊豆高原。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。

迷惑勧誘電話や悪質マンション建設のFJネクストに跳ね返ってきた評判は当然厳しいものである。何故、当たり前のことができないのか。人として当たり前のことができないことをおかしいと思わないのか。悪徳不動産業者がどれほどの無礼と粗暴を働いたことか、住民がどれほどの辛抱強さと人間性を発揮しているか。

悪徳不動産業者は金をもらう時だけいっぱしの口をきく。しっかり中身を見て良いか悪いか判断しないと騙されたり、誤魔化されたりする。弱者を食い物にして自身の欲望を叶えようとする姿勢に醜さを感じないなら、それは人間ではない。

振り込め詐欺などの「特殊詐欺」に使われる電話の大半がインターネット回線を使うIP電話となっていることから、総務省は2017年夏にも悪用された番号を停止できるルールを作る方針とする(「詐欺利用のIP電話停止…今夏にもルール」読売新聞2017年2月26日)。迷惑勧誘電話業者の電話番号も即停止すべきである。

マンション投資は展望どころか最早詰んでいる。ワンルームマンション投資をすると無限蟻地獄に陥る。金利の先高観や個人所得の伸び悩みなどでマンション市場の失速感が鮮明になっている。マンション価格は下落局面に入った。投資用ワンルームマンションのペンシルビルは住環境を破壊する。景観を破壊する。

民泊は東京都議選争点

民泊は2017年東京都議選争点になります。良くも悪くも民泊は注目されています。脱法ハウス的な民泊は住環境を破壊し、風俗を乱します。ワンルームマンションを違法民泊にする動きもあります。民泊は一般のホテルや旅館より外部の目が届きにくく、盗撮の危険性が高まります(「<民泊>盗撮対策を…「ホテル・旅館より危険」専門家ら指摘」2017年2月7日)。

一方で民泊には旅館不足の解消、空き部屋の有効活用、草の根の国際交流という肯定的な側面があります。民泊批判の中にホテルや旅館業界の既得権益保持の要素があることも事実です。

民泊の議論が複雑になる理由は「ホームステイ型」と「ホスト不在型」の異なるものを一緒に議論しているためです。ホームステイ型は個人の空き部屋利用であり、規制緩和を推進します。ホスト不在型は旅館業と機能が同じであり、それが旅館業の規制よりもハードルが低くなるならば、旅館業者にとってアンフェアになります。旅館業並みの規制が公平です。

住宅塗装ユタカホーム迷惑訪問勧誘

住宅塗装の株式会社ユタカホーム(東京都北区滝野川)は、江東区まで訪問勧誘(訪問販売)に来ている。ユタカホームの営業トークは「別の工事でこの地域に来た。合わせて施工することで今なら安くなる」という謳い文句で近づいてきた。これは訪問勧誘業者の典型的な営業トークと紹介されている。

ユタカホームは自社の施工実績として番地まで入った住所と名字のリストの入ったチラシを配っている。チラシには掲載許可を頂いたと書かれているが、番地まで掲載することを許可したのか。このような業者と取引することは考えものである。

訪問勧誘は悪質リフォーム、次々販売の温床になっている。訪問販売業者に外壁塗装リフォームを頼んで失敗した事例がある。悪徳業者は訪問販売業者であることがほとんどである。訪問勧誘業者はインモラル(不道徳)である。騙された方が悪いという考えは採らない。

訪問勧誘業者の出来心とは何か。普段から消費者の権利に対する意識が不十分であるから訪問勧誘に走る。人間として問題がある。迷惑勧誘営業が意味不明な熟語を作り出し得意げになっている姿は、ただただ気の毒な限りである。リフォーム訪問勧誘対策は東京都議会議員選挙の争点になる。訪問勧誘の規制は不十分です。訪問勧誘の規制で主導的役割を果たしたい。

買ってはいけないガーラ横濱関内グランドステージ

買ってはいけないガーラ横濱関内グランドステージ。FJネクストのワンルームマンションは値段が下がっても買いたくない。FJネクストのワンルームマンションは家賃が下がっても入りたくない。人口が激減して国が衰退するのにどうしてマンション投資が成り立つのか。

マンション投資は脆弱な基盤の上に成立している。ワンルームマンションは適切な投資先ではない。投資先を適切に選ぶために、投資家は自分の基準を持たなければならない。勧誘電話でワンルームマンションに投資することは、自分なりの基準にならない。

ワンルームマンションは新築も中古も割高な買い物になる危険がある。相場の比較が必要である。ITを活用して、中古マンションの相場情報を無料で提供する不動産業者が現れている(島津翔「中古物件の相場をタダで提供」日経ビジネス」2016年11月28日号)。

マンション投資は独楽のようなものである。独楽は、いつまでも回り続けることはできない。止まると倒れる。いつまでも転がる独楽としてあり続けることは原理的に不可能である。現実を分かっている人はワンルームマンション投資で誇大妄想しない。マンション投資は精神を不自由にする。マンション投資は精神的な慢性胃腸炎を抱えながら生きることになる。

FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。迷惑勧誘電話は組織全体が共犯関係にあると言ってよい。迷惑勧誘電話営業は、同僚の悪徳商法となると非難しないだけでなく、耳にも入らないという、都合のよい才能を持っている。

迷惑勧誘電話は様々な社会問題の原因となっている。迷惑勧誘電話営業のウソはバレる。ウソの為に更にウソを並べ、最後はつじつまが合わなくなる。不動産投資の達人でマンションに詳しいという仮面も、素がバレてしまえば簡単に剥がれてしまう。

悪徳不動産業者は形だけ西洋文明を真似ても、中身は封建性時代と同じ村社会中世の知能で組織が成り立っている。色々矛盾だらけでやる気も起きなかろう。迷惑勧誘電話営業の末路は悲惨な髪型になるだろう。迷惑勧誘電話営業は自分がクズのような人間だと心から納得した瞬間に初めて心の平穏が訪れる。

『ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動』

林田力『ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動』(枕石堂)はガーラ・ヴィスタ練馬などFJネクスト物件の問題を明らかにした書籍である。FJネクストはマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い。FJネクストは30年から40年は遅れている。担当者の考え方は古いままである。脳味噌に棘が刺さったようである。FJネクスト迷惑電話は言語感覚が鈍すぎる。印象は最悪である。

迷惑勧誘電話営業は好感度をアップさせてもゼロにすらならない。マイナスのままである。世界を見回しても類を見ない悪評判である。悪い評判が広がるスピードは飛躍的に高まっている。不誠実な対応をした企業、初動を誤った企業は一夜にして社会の敵となる(「謝罪の流儀2016 一夜明ければ社会の敵に」日経ビジネス2016年12月12日号)。

まともな不動産業者に「勧誘電話を続ければどうなりますか」と聞いたところ、「まともにビジネスができなくなるだろう」という言葉が返ってきた。迷惑勧誘電話や悪質マンション建設にストレスを感じた消費者がFJネクストを不買することは十分に考えられる。ビジネスとしては大きな損失である。

消費者の購買行動は激変している。市場競争は年々厳しさを増している。高齢化や少子化による人口減で売り上げの減少に悩む企業は多い。消費者運動がもたらす未来をつかんでいなければ、企業は長期計画も中期計画も立てることができない。消費者や住民の声を無視すれば無視するほど、ダメージは拡大する。

マンション投資は借金ばかりが膨れ、身動きが取れなくなる。マンション投資は極楽行きのバスに乗り、地獄が見えたから、バスから飛び降りるような結果になる。投資用マンションは負のレガシーになる。投資用マンションは、とても悲しい作りになっている。マンション投資のような虚飾にお金を注ぎ込むよりも、改善すべきところに、もう少しお金を回したい。プロセスの透明化と、それを判断し評価する目が必要である。

FJネクスト不買運動は消費者に寄り添い、そのニーズや意図、嗜好を絶えず学習し、成長する。FJネクスト不買運動はシンプルでありながら大きな効果が得られる。フランス料理には豚肉とカキや鶏とオマール海老のように肉と魚介を組み合わせる手法がある。FJネクスト不買運動とガーラ・グランディ木場反対運動の組み合わせも良い。レバーに含まれるビタミンB2やタンパク質は肝臓の働きを助けるのに欠かせない栄養素である。FJネクスト不買運動は消費者の権利伸張に欠かせない。

『ガーラ・グランディ木場迷惑』

林田力『ガーラ・グランディ木場迷惑』はFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)の投資用マンション「ガーラ・グランディ木場」の問題を取り上げる。ガーラ・グランディ木場は迷惑物件である。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は物騒極まりない。FJネクストは清々しいくらい信用できない。悪い事を考えてそうだなと思ったら予想以上の破壊を望んでいる。単に暴れたいだけのようにも思える。そこからあらゆる間違いが起こる。

FJネクストはCMと実態のギャップが酷過ぎる。どこもかしこも真っ黒過ぎる。FJネクストは絶対に近くにいて欲しくない企業である。悪徳不動産業者との取引では情報が届くまでにタイムラグが起きる。消費者や住民に不利益を被らせるような行為には断固として抗議する。

迷惑電話というブラックな販売手法で売ることを見込んで建てているマンションが、まともな物件であるはずがない。FJネクスト迷惑電話は反知性主義である。批判に耳を傾けない。他人の電話番号を悪用して平然としている神経が信じ難い。普通に話しかけてくる神経が信じ難い。消費者や住民は悪徳不動産営業とは違うレベルの世界に住んでいる。こちらの世界に土足で入ってはならない。

ガーラ・グランディ木場などの投資用マンションを買ってはいけない。間違った方向に即座に決断するのは果断とは言わない。マンション投資は何の見通しも感じない選択である。マンション投資は不安と当惑が手を繋いでやってくる。

マンション投資は弱点が多い。マンション投資に輝きがあるとすれば自ら墓穴を掘る時の輝きである。マンション投資はオワコンである。マンション投資では分散投資するような余裕もなくなる。マンション投資は根本において自分をつかんでいない。空虚である。マンション投資はバッドエンドルートになりそうな予感がプンプンする。FJネクスト不買運動はWebを通じて情報を発信する。モバイルの普及により、消費者のWebとの接点が拡大している。

ガーラ・グランディ品川の話題は禁止

勧誘電話は迷惑なのでガーラ・グランディ品川の話題は禁止しよう。ガーラ・グランディ品川を買ってはいけない。ガーラ・グランディ品川不買運動を進めよう。マンション投資業者はハイエナである。朝一番の電話攻撃は迷惑である。不審な電話には出ない。後ろめたくない用件ならば留守電に入れるだろう。問題になっていたところに事件が起きやすい。

FJネクストの人権意識は希薄である。FJネクスト迷惑勧誘電話を聞いてしまうと不動産会社の社員がいかに不勉強で適当かということが分かる。マンション投資は割安感がない。そもそも日本ではより収益圧迫すると思うから中長期保有はできない。FJネクスト物件はレガシーにならない。村の論理がまかり通っているFJネクストは、自ら墓穴を掘ったことに気付くことになる。消費者や住民を甘くみている。

売られた喧嘩は買わなければならないが、迷惑勧誘電話で売られたマンションを買ってはいけない。マンション投資は人間を綺麗事で判断することのリスクが最悪の形で出てしまう。悪徳不動産業者のように人付き合いがうまく、派手好きで口達者で積極的な人間ばかり集めると、多様性が失われる。マネーロンダリング対策も不十分である。

昼に銀行に行くとたまにマンション投資で相談に行ってる主婦や老夫婦がいる。元本割れや解約などと生々しい話を大きい声で話しいる。マンション投資家に言わせると皆一様に「投資しないと減る一方だ」と言う。 しかし、実態はマンション投資してせっせと減らしている。最後はマンションの失敗をサラ金で補填することになる。

ガーラ・グランディ木場の話題は禁止

勧誘電話は迷惑なのでガーラ・グランディ木場の話題は禁止しよう。FJネクストは住民説明会において住民の疑問に真摯に回答しなかった。FJネクストの騒音公害は人権侵害である。マンション建設工事現場は空気が悪かった。腐った卵の臭いがした。一息吸う度に電池を舐めたような味がした。

重機の操作は危なっかしかった。聞こえよがしの脅迫めいた声掛けがなされる。高齢者らは周辺環境が変わることで命の危険が生じる可能性がある。消費者や住民の恨みと憎しみはFJネクストに向けられている。FJネクストは近年の日本の悪いところをドロドロ濃縮還元している。

ガーラ・グランディ木場工事の解体業者は石巻アスベスト飛散事故の環匠である(林田力『東急不動産だまし売り裁判48アスベスト』枕石堂)。石綿は軽いから空中に飛散し、やがて人びとの肺の中に吸い込まれる。致死性の物質をバラ撒くことは、たとえ業務上のミスであろうとも犯罪に等しい。環匠は厳罰に処すべきである。

投資用マンションは不便である。「マンション、特に超高層マンションでは、エレベーターの「長待ち問題」は重要です。マンション購入者にその情報をきちんと伝える必要があるのではないでしょうか」(「超高層マンションの「エレベーター待ち時間」、誰も答えられない複雑な事情」nikkei BPnet 2016年11月29日)

FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設はハラスメントである。迷惑勧誘電話営業は社会性が育っていない。条件に合わないと断っても、営業が必死で食い下がる。「フォローします」 「問題があったら全力で対処します。○○さんの味方です」。明らかに悪徳業者の工作員が告発者を誹謗中傷している。Hey, hows it going? Just a quick question, ever thought about Boycott FJ Next?

FJネクスト不買運動はエモい

FJネクスト不買運動はエモい。FJネクスト不買運動は接する人の心に、強く訴えかける働きを備えている。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設はゲスい。ゲスな感じである。下品である。やり方が汚い。えげつない。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設はハラスメントである。FJネクスト迷惑電話はヘイトスピーチと変わらない。

FJネクストには「傲慢」「勘違いしている」というマイナスイメージがある。FJネクスト迷惑電話は何なのか。FJネクスト迷惑電話は一体何をしたいのか。消費者を苛つかせたいのか。それならば成功である。だから帰れと言いたい。迷惑勧誘電話営業は消費者の恨みを買う人生を送っている。本人達はサバサバを気取っているが、実際はジメジメな性格である。迷惑勧誘電話営業は本当にえげつない生き物である。

ガーラ・グランディ木場のような投資用マンションはレガシーにならない。新築ワンルームマンション投資は変化が激しい時代に適した投資ではない。例え高利業者から資金援助を受けたところで、劇的に好転するはずもないどころか、問題が先送りにされるだけである。投資物件の管理委託は泥棒に家の鍵を渡して留守を頼むようなものである。

FJネクスト迷惑勧誘電話は不動産広告の手段として最悪の部類に属する。不動産広告は、新聞広告や折り込みチラシなどが一般的である。最近では都心の大型物件のテレビコマーシャルもよく見かける。テレビCMなどの高額な広告費は販売価格に大きく加算される。某経済新聞の一面広告前面に掲載した場合は約3000万円と言われる。某自動車会社の年間テレビ広告宣伝費用は約800億円とも言われる。モデルルームに行くともらえるパンフレットは、物件専用の紙袋付き豪華な物になると、驚くことに数万円することもある。

マンション購入に興味を持ち、積極的に情報を集めるとなると、インターネットや情報誌が活躍する。現代の顧客は、販売側との接触を比較的避けることが多いため、匿名性、無人でのやりとりという点でインターネットは大いに威力を発揮する。更に多くの消費者に認知されるためには自社サイトだけでなく不動産関係のポータルサイトにも掲載するとよい。顧客からの問合せも、インターネットからのものが多くなっている。

ガーラ・グランディ品川不買運動

ガーラ・グランディ品川を買ってはいけない。ガーラ・グランディ品川不買運動を進めよう。FJネクストには悪評判の口コミがある。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。勧誘電話で販売される投資物件は物件を査定するまで騙されたことに気付きにくい。10年、20年後に気付いても泣き寝入りするしかない。早めの物件の査定と契約書の確認を推奨する。マンション投資をするならば溺死するしかない。

FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設に恐怖を覚える。一日に電話は二度まで、二日連続までというような良識から逸脱している。FJネクスト迷惑勧誘電話は威圧的で理不尽である。何もかもが欲望を正当化するための嘘である。無駄無駄無駄どころか、害悪害悪害悪である。FJネクストは節操がない。FJネクストへの嫌悪感は強い。FJネクストには軽蔑しか覚えなかった。

マンション投資と日蓮宗系の新興宗教団体の勧誘は悪質である。どちらも社会問題になっている。マンション投資業者はハイエナである。朝一番の電話攻撃は迷惑である。評判の悪い業者は株価が命綱だから、株価対策に必死である。FJネクストに電話番号を削除させなければならない。「御社のビジネスから考え、電話番号をお伝えすることは私の不利益になる」との対応は正しい。消費者や住民は、FJネクストに、ほんの少しの借りもない。迷惑勧誘電話営業の人生は空っぽである。

ガーラ・グランディ木場プライバシー侵害

FJネクストの投資用マンション「ガーラ・グランディ木場」(江東区東陽)で近隣住民のプライバシー侵害がなされる危険がある。ガーラ・グランディ木場を賃貸契約したと主張する者が周辺住民の家を覗くと述べている。

もともとガーラ・グランディ木場は既存の住居の窓と同じ場所に窓を設置する住民無視の悪質マンションである。マッチポンプの嫌がらせは悪徳不動産業者の十八番である。ガーラ・グランディ木場に住むことは気高いことでも衛生的なことでもない。

FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。迷惑勧誘電話は自社の珍説に固執し、間違っていると指摘されても屁理屈で押し通そうとする。悪徳不動産業者は反省し、遠慮し、大人しくするということができない。勧誘電話営業のキャリアは派遣やフリーターがいつまでもそれから抜け出せないことに似ている。

何度も着信履歴があるが、留守電を残さない。これは悪質勧誘業者と報告されている。迷惑勧誘電話は留守録を残さない。迷惑勧誘電話は留守電には何もいれない。記録されないためである。知らない着信履歴にかけ直してはならない。それが悪徳不動産業者の手口である。そのような電話番号は着信拒否にすべきだろう。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は羞恥の精神構造が欠如している。FJネクスト物件の価格を調べたら全然安くないことが分かる。洗練されてもいない。景気循環上また日本は景気後退期に入る。そうなれば、また地価も株価も下がる。少しの下落で底を打ったと考えることは甘い。FJネクストを解約しよう。ガーラ・グランディ木場を解約しよう。FJネクスト解約運動を進めよう。ガーラ・グランディ木場解約運動を進めよう。

FJネクストが隣家に知らせず薬散布

FJネクストは江東区東陽のガーラ・グランディ木場建設に際し、隣家に知らせずに薬を散布した。FJネクストは悪質である。迷惑極まりない話である。嫌悪を覚える。佐賀県佐賀市では隣家に知らせず薬を散布した住宅リフォーム会社マベックに損害賠償が命じられた。

マベックが2011年11月28日と29日に外壁塗装工事を実施した。男性は塗料に含まれる化学物質の影響で体調不良が生じたため、化学物質を利用する工事を今後行う場合は事前に連絡するよう担当者に求めた。ところが、担当者は12月3日、男性に連絡せずX邸の床下にシロアリ防除剤を散布した。自宅に居た男性は体調が悪化し、8日間入院した。

男性は14年11月、自宅が薬剤で汚染されて住めなくなったことの損害と治療費、慰謝料など約3100万円の賠償を求めて提訴した。佐賀地方裁判所は2016年10月18日マベックに30万1585円の支払いを命じた(荒川尚美「隣家に知らせず薬散布で賠償命令」日経ホームビルダー 2016年12月号)。

FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。FJネクスト迷惑電話がかかってくると強盗に襲われた被害者のような心情になる。FJネクストのビジネスモデルは消費者や住民の血で舗装するだけのローラーに過ぎない。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で見合うものがないのに周囲が犠牲になるべきという論法は合理性がない。

マンション投資は脆弱である。投資用マンション住戸を山のように持っていても、現金がない。借金をしないと現金を調達できない。クリスマスを狙ったアコギなマスコミ露出はするくせに都合の悪いことはダンマリである。一時のテンションに身を任せてガーラ・グランディ木場を買ってはいけない。

FJネクスト不買運動へ注目度は、めざましいものがある。FJネクスト不買運動は自らにしかできないことから逃げる存在ではない。FJネクスト不買運動の笑顔はとても暖かい。まるで春の日差しのようである。

『ガーラ・グランディ木場反対』

林田力『ガーラ・グランディ木場反対』(枕石堂)はFJネクストの投資用マンション「ガーラ・グランディ木場」の問題などを取り上げる。ガーラ・グランディ木場は紛争の火種を撒き散らす。ガーラ・グランディ木場は日照を奪い、風害を引き起こし、景観を破壊し、熱汚染問題を深刻化させ、コミュニティーを分断する。

近隣住民は想像を絶する程の工事騒音に平穏な日常生活が阻害されている。ガーラ・グランディ木場の工事騒音は会話をすることもできず、耳や頭ばかりか、骨までバラバラにしてしまいそうであった。

苦情を出しても一向に解決されず、近隣住民との紛争を解決できない。FJネクストは消費者や住民の声を真摯に謙虚に受け止めることができない。事業者や一部関係者の「安全に努めています」「事故は絶対に起こりません」との言葉を信じてはいけない(樫田秀樹『“悪夢の超特急”リニア中央新幹線』旬報社、2014年、13頁)。

FJネクスト勧誘電話やセミナーに消費者の知りたい情報はなかった。FJネクスト住民説明会に住民の知りたい情報はなかった。FJネクスト住民説明会では住民の質問には答えず、時間が来たら打ち切った。実際、FJネクストが江東区に提出した報告書には何も書かれていない。

FJネクストは総合的に問題である。FJネクストは典型的な古いタイプの悪徳不動産業者である。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は稚拙な愚考である。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は万力のように消費者や住民の心を締め上げる。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設自体がハラスメントになるが、能天気な悪徳不動産業者は、露ほどにも気に止めない。その場の空気を想像するだけで寒気が走る。

投資用マンションは設計者のレベルが低い。政治的な外部発注又は設計料を値切り過ぎたか。思慮浅い感じが安っぽい。悪徳業者の説明する利回りは固定資産税、修繕積立費、管理費が含まれてない。返済金を割るような家賃設定になると、借入金を返済できなくなり、銀行からアウトと宣告されて、任意売却コースになる。

ワンルームマンション投資の過熱は過去のバブル崩壊以上の打撃をもたらすだろう。「いまや人口減・高齢化社会に入っている。労働力人口は減り、経済成長が落ち込んでいくことは目にみえている。オフィス、住宅需要は確実に減少する」(岩見良太郎『再開発は誰のためか 住民不在の都市再生』日本経済評論社、2016年、8頁)

FJネクストは総合的に問題

FJネクストは総合的に問題である。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は消費者や住民の生活を叩き潰す。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設の被害は見過ごせない。FJネクスト迷惑勧誘電話は人の心を暗くして沈み込ませる。FJネクスト迷惑電話は冷たい。FJネクスト迷惑電話がかかっていくると10度も気温が下がったように感じる。

FJネクスト迷惑電話は礼儀知らずである。親の顔が見てみたいものである。FJネクストは消費者や住民を見くびっている。ベロンベロンに舐め切っている。本質は非人間的で正義の欠片もないモンスターである。FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。茶番の宣伝に騙されてはならない。

FJネクスト勧誘電話に対しては用心に用心を重ねても悪いことはない。悪徳不動産業者には約束を平気で破る嘘つき文化がある。トーマス・エジソンは「売れないものは発明したくない」と言った。しかし、迷惑勧誘電話で販売することは「売れる」の中に入らないだろう。

投資用マンション購入は余りにも愚かな選択である。マンション投資のシミュレーションは、何を根拠にしているのかすら見えない、実体のない妄想でないか注意する。マンション投資は年金にならない。マンション投資は致命的な事態を招くことが多い。マンション投資を続ければ続けるほど悪化の一途を辿ることになりかねない。マンション投資は八方塞がりになる。マンション投資を始めるとリゾートに行く余裕がなくなる。

ガーラ・グランディ木場は圧迫感がある。ガーラ・グランディ木場は住民の視認を妨害し、認識を阻害する。投資用ワンルームマンションは、とんでもなく騒がしい。ヤンキー的な住民がわめき散らしながら暴れ狂う例がある。近隣住民は拷問にも等しい不眠状態に悩まされる。

君の名はFJネクスト不買同盟。君の名はFJネクスト反対同盟。君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。君の名はガーラ・グランディ木場不買同盟。君の名はガーラ・グランディ木場反対同盟。

FJネクスト不買運動と政治

林田力

林田力『FJネクスト不場運動と政治』(枕石堂、2016年7月16日)はFJネクスト問題と政治についての論稿を収録する。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)はマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は寒い。日に日に寒さが増している。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設が有害な影響を与えていることは疑いない。FJネクスト迷惑勧誘電話や悪質マンション建設からはドブの臭いが臭ってきそうである。

迷惑勧誘電話には新種や亜種の攻撃パターンが出ている。これからの企業システムで重要になるものは、顧客とのつながりを担うシステムSystems of Engagementと言われる。FJネクスト迷惑電話は顧客とのつながりを破壊する。迷惑勧誘電話を繰り返したところで、アッポーペンにもペンパイナッポーにもなりやしない。FJネクストの悪事を世間は許さない。消費者や住民に嫌われて衰退している不動産業者が多いのに何故学べないのか。

技術や独自に築き上げた製品がないと、信用を落とした時にどうなるか。虚業の会社は、コネみたいな実体のない上っ面だけのものに頼っているため、いざという時に何も頼れるものがなくなる。新築ワンルームマンション投資で儲けているという書き込みはサクラか工作員と見て間違いない。FJネクスト不買運動は情報の民主化を推進する。

ガーラ・グランディ木場もガーラ大島新築工事も低層住宅の並ぶ場所に高層マンションを建設する住環境破壊物件である。魚のガーラは美味であるが、ガーラマンションは美味しくない。住環境破壊のワンルームマンションを建設するFJネクストは、個別の地域情報にもとづき、狙うべき地域と狙うべき市場を明確化し、的確な商品戦略を立てるエリアマーケティングができていない。

FJネクスト不買運動と市民運動

林田力

林田力『FJネクスト不買運動と市民運動』(枕石堂)は市民運動の記録を収録する。FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)はマンション投資の迷惑電話や悪質マンション建設で評判が悪い。

迷惑勧誘電話の規制は強化されているが一向に改善されない。消費者、不動産業界、国交省、株式市場を愚弄している。悪徳不動産業者は白々しい言い訳を続け、世間から悪い印象を持たれる。

『FJネクスト不買運動と市民運動』はFJネクスト不買運動と市民運動の活動をまとめた書籍である。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話や悪質マンション建設で評判が悪い。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は大変不愉快である。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、腐った食べ物を無理矢理口に放り込まれたような吐き気を催させる。

FJネクスト迷惑電話営業は、空気を読めなさすぎて周りを常に不愉快にさせる。社会経験が無さすぎて、空気を読むことが出来ない。消費者や住民に怒りの感情が湧いてきたことは事実である。消費者や住民には矜持がある。FJネクスト迷惑電話を受け続け、その靴底を舐め続けろと言うのであれば、それ相応の対価を支払ってもらうことになる。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設に批判の声が出ていることは重要である。「お客様からのクレームもそうですが、1人が不満を言うなら、実は100人はそう思っているんです」(石川 康晴「僕が1年間で最もへこむ日 第5回:社員3000人への大アンケート」日経ビジネスオンライン2016年11月1日)

FJネクストは自社を客観視できていない。「私たちは、相手がなぜ自分に反対したり嫌ったりするのか、わからない場合が多くあります。対応できないと、相手が敵意をさらに募らせることにもつながります。理由を考えることで、自分を客観的に見て問題解決につなげることが可能になるので、理由を追究することは重要なのです」(黒川二郎「西の魔女の妨害にドロシーが負けなかったワケ」日経ビジネスオンライン2016年11月5日)

ワンルームマンション建設は経営戦略とは分断されたまま、非科学的に進められていることが多い。マンション投資は需要変動リスクや災害リスク、老朽化リスクに見舞われる。ワンルームマンションの装飾の安っぽさの悪評はよく知られているとおりである。

東急不動産の中野サンプラザ再開発でビル風悪化か

東急不動産が中野区の区役所・サンプラザ地区再整備の事業協力者に入ったことで中野のビル風が悪化する懸念がある。東急不動産は二子玉川ライズ(二子玉川東地区市街地再開発)でビル風被害をもたらした。

中野は現在でも「中野四季の都市(まち)」のビル風が酷い。2012年6月の台風で中野セントラルパークの複数の大木が倒れてしまった。2014年3月16日には中野セントラルパークサウス周辺で風速12.1mを記録した。中野サンプラザ再開発によりビル風の一層の悪化が懸念される。

事業協力者は野村不動産、清水建設、住友商事、東急不動産、ヒューリック。野村不動産が代表。中野区と事業協力者は2016年10月18日に事業協力協定書を締結した。再開発ビルは2025年度の完成を目指す(「【開発】中野区役所・サンプラザ再開発で区と協定、野村不など5社」日経不動産マーケット情報2016年10月27日)。

この問題は2016年11月2日に希望のまち東京in東部事務所で収録したインターネット動画放送局・日本海賊TV「金八アゴラ」でも取り上げた。コメンテーターは田淵隆明氏、石川公彌子氏、林田力。司会は山内和彦元川崎市議。希望のまち東京in東部事務所での収録は4回目で、今回が最後である。

番組では不動産取引の問題も取り上げた。石川氏は工場跡地の宅地開発が増加しており、土地取引の登記の義務化と取引履歴をデータベース化して一般公開することを提唱した。これは地上げ屋を通した土地取得なども見える化できるというメリットがある。

また、土壌汚染対策として、取引の際の売主の調査義務や工場の操業中段階から調査義務の導入を提言した。土壌汚染対策基本法の目的規定には生活環境保護や生態系保全を含め、土地の利用用途に応じた汚染除去を行う考え方の採用を主張した。

FJネクスト反対運動の幟旗破壊

林田力

FJネクスト反対運動の幟旗が悪徳不動産業者の工作員に破壊されたと話題になっている。ガーラ・プレシャス東麻布に反対する「東麻布を守る会」のホームページに破壊された写真が掲載されている。東麻布を守る会は「悪質にもほどがある」と述べている。東急不動産のマンション建設反対運動でも幟旗が破壊された。

FJネクスト迷惑電話の人を小馬鹿にしたような態度を嫌う。FJネクスト迷惑電話の洞察力は自分の鼻より遠くには届かない。愚かで無知で卑しい大衆とは迷惑勧誘電話営業以外の何者でもない。電話営業は騙して搾取、嬉々としてその尖兵になっている。悪徳不動産業者の悪質な対応は住民の胸を締め付け、息を詰まらせる。それが事態を硬直化させることは火を見るよりも明らかである。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は倫理的に大きな責任を負わなければならない問題である。規範意識の無さは、秩序の破壊そのものだから、FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、それだけで迷惑をかけている。FJネクスト迷惑電話の偏見とFJネクスト不買運動の判断を対置すると面白い。

FJネクスト迷惑電話やマンション建設の悪質さは圧倒的である。FJネクストのガーラマンションは場違いである。マンション投資は割高自殺ツアーを組むようなものである。マンション投資は人をダメにし、家をダメにする。投資用マンションは借りてもいけない。オーナーが自殺した物件も住人にとっては事故物件であるが、告知されない。

FJネクストはパリスのリンゴである。パリスのリンゴはトロイア戦争の遠因となった不和と争いの象徴である。FJネクスト迷惑電話と悪質マンション建設は日本、日本人に恨みがあるとしか思えない愚策である。既得権を守って、金を集めることしかしないため、いつも最後は黒船にやられる。

悪徳不動産営業は、とかく悪いことに染まりやすい。外の天気は晴れていても悪徳不動産業者ではパワハラ豪雨、陰湿梅雨のせいで病んだ人間が続出する。外の天候を気にする暇があったら社内にたちこめる暗い霧の心配をしたらどうか。悪徳不動産業者の存在自体が悪の発信源になっている。

ガーラ・グランディ木場迷惑

ガーラ・グランディ木場は迷惑である。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。ガーラ・グランディ木場やガーラ・プレシャス東麻布などのFJネクスト物件は住環境破壊で住民の迷惑になっている。

投資用マンションの勧誘電話は消費者の迷惑である。ハロウィンにもマンション投資の迷惑勧誘電話はいただけない。トリックオアトリートならば可愛いが、「迷惑電話の話を聞かなければ、迷惑電話を繰り返す」は反社会的である。

FJネクスト迷惑電話を繰り返していると、人間そのものが荒くなる。ガサガサしてくる。FJネクスト迷惑勧誘電話は気分や感情がめまぐるしく変わり、周囲の人々がついてこられない。感情のブレーキが効かず、ちょっとしたことで癇癪を起こし、激しく怒る。FJネクスト迷惑勧誘電話は自社の都合しか考えない。自社に都合のよいように相手の話を解釈する。都合の悪いことに思わず喰ってかかる。関係のない話には関心がまるでない。FJネクストの自己勝手なワガママに社会がつきあう義理はない。

安岡正篤の言葉に以下がある。「どんな忙人にでも、寸陰というものはある。ちょっとした時間というものは必ずある。そのちょっとした時間をつかむのです。これに熟練をすれば、案外時間というものはあるものです。寸陰を惜しんでやっていると、その寸陰が、長い時間と同じ、あるいはそれ以上の値打を生じてくる」。その寸陰を妨げるFJネクスト迷惑電話は罪深い。

悪質マンション建設は住民の迷惑である。悪質マンションを建設するFJネクストは立地を選ぶ能力がない。悪質マンションは施工業者も悪質である。特に足場屋は悪質である。誰も見てなければ隣の家の屋根に乗って作業し、それで何か壊しても下から見えなければ黙って行く。

ガーラ・グランディ木場不買同盟を進めよう。ガーラ・グランディ木場反対同盟を進めよう。君の名はFJネクスト不買同盟。君の名はFJネクスト反対同盟。君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。君の名はガーラ・グランディ木場不買同盟。君の名はガーラ・グランディ木場反対同盟。

FJネクスト被害

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設の被害は甚大である。ガーラ・グランディ木場による住民被害は甚大である。FJネクストは年金にならない。ガーラ・グランディ木場を購入する消費者は赤ん坊が毒蛇を恐れないようなものである。それは決して勇気ではない。

迷惑勧誘電話営業が平気で嘘をつくようになることは科学的にも論証できる。英科学誌『Nature Neuroscience』に掲載された論文では、嘘を重ねるとともに、脳に表れる感情的な反応が徐々に弱くなるとしている(「「うそをつくほど平気に」、不正直に脳が適応 研究」AFP 2016年10月25日)。悪徳不動産営業は逃げ続けている。

マンション投資は衰退する。チャイナ・マネーは期待できない。鳴り物入りで開業した大型免税店も閑散としている。詐欺師は次から次へ詐欺の手口を考える。マンション投資に手を出した人の家にはウォーターサーバが置いてあり、騙されている感が強い。投資詐欺被害者は闇金に引っかかり、最後に個人間融資を頼る。

マンション投資依存症もギャンブル依存と同じく治療が必要な病気である。止めたいのに止められない。逃避の一つの行動形態になる。人間関係が目茶苦茶になる。離婚原因になる。カウンセリングが必要である。予防教育が大切である。

マンションは高層階を避けることが鉄則である。マンション高層階からの転落事故に相次いでいる。高層階は軽くしなければならないため、高層階に行けば行くほど材質は安いものになる。どれほど立地のよいマンションでもエレベーター待ちなどで敷地から自分の住戸まで10分以上かかるならば不便である。

FJネクストの社会的損失

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設の社会的損失は深刻である。社会的コストが甚大である。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は見苦しい。FJネクストは消費者や住民を軽んじている。消費者や住民は気の毒である。日本社会はFJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設への対策が不十分である。日本社会は消費者や住民を守らなければならない。

FJネクスト迷惑電話は図太いのではなくて単に馬鹿である。馬鹿の一つ覚え的に同じ言葉を得意げに繰り返す愚行がFJネクスト迷惑電話の特徴である。普通の思考回路を持っていれば、前後の文脈から理解できるものである。それが理解できないものがFJネクスト迷惑電話である。

迷惑勧誘電話を繰り返していると精神的には敬虔を失い、破廉恥になる。卑怯者幹部の口車を信じる迷惑勧誘電話営業は愚かである。自分らが信じた幹部が大嘘つきと今さら認めたくないのだろう。結果の間違いを認めない迷惑勧誘電話営業は愚かである。FJネクストへの就職を止めよう。

FJネクストの残虐性や残酷さは何に由来するのか。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、考え方も人間性も全く理解できない。迷惑電話営業は興奮状態にあって、薬物の使用、あるいは内服した状態、しかも極度の運動不足に見える。企業工作員が変質的に告発者を個人攻撃している。書き込みの狂気が溢れて気味が悪い。

悪徳不動産営業は、ウソで塗り固め、シャーシャーとしゃべり捲くる。悪徳不動産業者は、糾弾されればあら不思議。ホワイト企業さながらの綺麗事ばかり。印象操作して被害者を悪く言っても無駄である。やればやるほどFJネクストのイメージが悪くなる。FJネクスト不買運動は悪徳不動産営業が自分のしてきた悪事を語れる環境をつくる。

FJネクストは年金にならない

FJネクストは年金にならない。マンション投資で年金対策は幻想である。マンション経営は危機的な状況にある。悪夢が迫り、魔女が悲鳴をあげる晩餐会である。FJネクストは無責任体質である。都合の良いように情報操作する。

新築ワンルームマンションを販売価格で買ってはいけない。新築ワンルームマンション販売では半値八掛けという言葉がある。見積り提示価格が販売価格の5割であり、販売価格は、見積りで提示した価格の更に8割(80%)。つまり5割の20%引きが実取引価格になる。「投資用マンションはお金がかかる割に役に立たない」といった意見を耳にすることが少なくない。マンション投資には大きな不安がつきまとう。

消費者や住民はFJネクストのとんでもない手口に対して、大いに迷惑している。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、その無能さと恥ずべき倫理観を自ら露呈させた。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、FJネクストのイメージと実態にとてつもなくネガティブな影響を与えている。

悪徳商法の根絶は訪問販売やダイレクトメール、電話勧誘を禁止することである。日本の個人情報保護は欧州から遅れている。マンション投資のセミナー商法も増えており、一定の場所に集めての勧誘販売も禁止することが良い。

さらに問題のある会社名は即刻公開して注意喚起することが有効である。悪徳不動産業者の会社名・社長・幹部の顔すら晒さない。悪徳不動産業者の会社名を公表すれば消費者は注意して契約する。被害金額は国が立て替えて会社とその幹部から強制徴収することが良い。

ガーラ・グランディ木場に文蔵なし

FJネクストの投資用新築マンション「ガーラ・グランディ木場」(江東区東陽)に文蔵はない。ワンルームマンションは風俗を乱す。FJネクスト物件は小学校の近くには相応しくない。FJネクストの体質が問題をこじれさせる。

否定できないことは「みんながやっている」と一般化するか、怒りの反論で話をそらすことがFJネクストの常套手段である。井上雄彦の漫画『SLAM DUNK』の安西先生ならばFJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設に「まるで成長していない」と言うだろう。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は腐った組織では通っても、世間では通らない。FJネクスト勧誘電話営業は今一度考えてもらいたい。何のために迷惑電話や悪質マンション建設を繰り返すのか。与えられた命令は正当なものか。正義に反していないか。詐欺とペテンに全てを賭けた一生で良いのか。ここまで良心の呵責が無いFJネクスト迷惑電話は悪い意味で一種の才能である。

マンション投資はBAD ENDになりがちである。マンション投資をすると、どーんと重苦しい不安から離れられなくなる。サブリースでは転貸トラブルが起きている。「また貸し相手というのが、最近、都心部に増えているマッサージ店でした。勝手に3つのシャワー設備を工事したことに抗議したが、聞き入れてもらえない」(「貸した部屋がマッサージ店に サブリース不動産の落とし穴」日刊ゲンダイDIGITAL 2016年10月14日)

刑事訴訟法第239条第2項は「官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない」と定めている。公務員はきちんと仕事をしなければならない。

FJネクスト不買運動は素朴な叫びである。FJネクスト不買運動は植物の呼吸を知り、植物の怒りを知り、植物と一緒に喜ぶ。君の名はFJネクスト不買運動。君の名はFJネクスト反対運動。君の名はFJネクスト不買同盟。君の名はFJネクスト反対同盟。君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。君の名はガーラ・グランディ木場不買同盟。君の名はガーラ・グランディ木場反対同盟。君の名はガーラ・レジデンス綱島アヴェニュー不買運動。

ガーラ・グランディ木場は土合いが悪い

FJネクストの投資用新築マンション「ガーラ・グランディ木場」(江東区東陽)は土合い(土との相性)が悪い。ガーラ・グランディ木場は自然を破壊して建設した。ワンルームマンションは風俗を乱す。FJネクスト物件は中学校の近くには相応しくない。

ガーラ・グランディ木場は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションである(林田力『ガーラ・グランディ木場不買運動』枕石堂)。ガーラ・グランディ木場は各素材の持ち味を何一つ生かせない構成であり、萎える。ガーラ・グランディ木場には心に響くメッセージがない。

ガーラ・グランディ木場工事の施工はウラタ、解体業者は石巻アスベスト飛散事故の環匠である。「あまりに広範囲にばら撒かれたアスベストによる死亡者の数は、実際には掴みきれていない」(亀石征一郎『白神の老殺し屋 マタギVSエイリアン』(明窓出版、2016年、231頁)。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は意地汚い。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は、無様で惨めで、そしてどうしようもなく哀れである。FJネクストと慶応義塾大学広告研究会と危険ドラッグ犯罪者の区別が付かない。人に対する接し方が、どこも同じに見える。

ワンルームマンションを保有するということは、ババ(ジョーカー)を保有するに等しい。維持管理コストが上がり、マンション投資に失敗する例は少なくない。大規模修繕工事時に資金が足りなくなり、一時金が徴収される。君の名はFJネクスト不買同盟。君の名はFJネクスト反対同盟。君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。

ガーラ・グランディ木場は突貫工事

FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935、東京都新宿区、肥田幸春代表取締役社長)の投資用マンション「ガーラ・グランディ木場」(江東区東陽)は休日祝日無視で作業する突貫工事である。突貫工事は建物の品質もいい加減になりがちである。工事車両が強引に前に割り込むことや急な車線変更によって追突事故を誘発することも多い。

ガーラ・グランディ木場は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションである。一戸建てと同じ感覚で高層マンションを建てることは許されない。常識から見れば、最早犯罪である。

ガーラ・グランディ木場には水害リスク、津波リスクがある。過去に遊郭があった場所である。関東大震災や東日本大震災では大勢の死者を出した。安易に不動産投資の対象になる場所ではない。人口減少社会はマンション需要も減少させる。

FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は深刻な問題を計り知れないほど抱えている。FJネクストはワーストな不動産業者である。素直に謝罪もできないFJネクスト迷惑電話営業は不動産営業の適正がゼロである。FJネクスト迷惑電話の論理は危機的におかしい。変なキノコでも食べてしまったようである。

FJネクスト迷惑電話は真面目さ、真摯さ、深刻さを欠いており、論理的に破綻しているばかりか、倫理的にも破綻している。FJネクスト迷惑電話営業は狂人のフリをしないとダメなのか。FJネクスト迷惑電話営業は消費者や住民に権利があることをしらないらしい。明治時代あたりからタイムマシーンでやってきたのか。FJネクスト迷惑電話営業はブラックセールス業界でしか生きる手段がないのか。

FJネクストには最初から関わらない事が一番の防御策である。FJネクストを信用しない。FJネクストと関わらない。FJネクスト迷惑電話を相手にしない。FJネクスト迷惑電話に出ない。一人では、決めない。会わない。見積もりさせない。悪徳不動産営業は一度見積もり取らせたら、ダニのように吸い付いて離れない。地獄の底の底までも追い込んでくる。間違って投資用ワンルームマンションを購入したら痛い目に遭う。

FJネクスト不買運動には、しがらみがない。君の名はFJネクスト不買同盟。君の名はFJネクスト反対同盟。ガーラ・グランディ木場不買同盟を進めよう。ガーラ・グランディ木場反対同盟を進めよう。

FJネクスト福利厚生情報不買

FJネクスト福利厚生情報に釣られるな。FJネクスト迷惑電話は地獄の亡者のようである。FJネクスト迷惑電話はどこまで行っても救いようがない。FJネクストに関わると心に澱みがヘドロのように蓄積する。FJネクスト勧誘電話営業は人間性が低い。社会に出て貢献できる筈がない。

マンション投資は中国人の爆買いに支えられていたが、それも終了する。「昨年まで見られた中国人による「炊飯器やオムツの爆買い」は、ほとんど姿を消したようだ。実は「不動産の爆買い」も、急減している。首都圏に店舗網を持つ大手不動産販売の管理職は、「以前に比べて中国のお客様からの問い合わせは半減しました」と語る」(「日本の不動産「爆買い」から撤退する中国人」JBpress 2016年9月20日)

FJネクスト不買運動は呼吸し、鼓動を打つ。FJネクスト不買運動に接すると清々しさが体全体を覆う。FJネクスト不買運動には不思議な美学が漂っている。FJネクスト不買運動は、大河が幾多の支流を合わせつつ海に流れていくように、どこからでも入ることができる。

ガーラ・グランディ木場反対運動

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションである。FJネクストはガーラ・グランディ木場建設で都市部に残る貴重な樹木を伐採した。「愚者は木を伐る、賢者は木を残す」との言葉がある。FJネクストは愚者である。

「一本の木を切るのは、人の腕一本を斬るに等しい」(亀石征一郎『白神の老殺し屋 マタギVSエイリアン』(明窓出版、2016年、364頁)。

ガーラ・グランディ木場不買運動を優待しよう。ガーラ・グランディ木場反対運動を優待しよう。買ってはいけないガーラ・グランディ木場。買ってはいけないガーラ・プレシャス神宮外苑。買ってはいけないグランド・ガーラ川崎西口。買ってはいけないガーラ・レジデンス綱島アヴェニュー。

君の名はFJネクスト不買運動。君の名はFJネクスト反対運動。君の名はFJネクスト不買同盟。君の名はFJネクスト反対同盟。君の名はガーラ・グランディ木場不買運動。君の名はガーラ・グランディ木場反対運動。君の名はガーラ・グランディ木場不買同盟。君の名はガーラ・グランディ木場反対同盟。君の名はガーラ・レジデンス綱島アヴェニュー不買運動。

『ガーラ・グランディ木場不買運動』

林田力『ガーラ・グランディ木場不買運動』(枕石堂)は住環境破壊、騒音、振動の投資用ワンルームマンション「ガーラ・グランディ木場」を取り上げる。事業主のFJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話でも評判が悪い。

江東区東陽のガーラ・グランディ木場や赤羽橋のガーラ・プレシャス東麻布は隣接地境界スレスレの約50cmに建設する悪質な投資用ワンルームマンションである。境界スレスレのマンションでグランディとは名前負けもいいところである。ガーラ・グランディ木場やガーラ・プレシャス東麻布はファミリーマンション事業ではない。

ガーラ・グランディ木場工事の解体業者は石巻アスベスト飛散事故の環匠である。ガーラ・グランディ木場は自然を破壊し、地球に傷跡を残す。ガーラ・グランディ木場には墓石の前にポツンと立ったような寂しさがある。ワンルームマンションから漂う雰囲気は墓場そのものである。

ガーラ・グランディ木場は住民との合意形成は不十分なまま、強引に建設した問題物件である。負担を押し付けられる住民はたまったものではない。FJネクストや施工のウラタ、近隣対策屋CAST-UDによるガーラ・グランディ木場の説明は何度聞いても住民の目線から大きくかけ離れている。

FJネクストのガーラ・グランディ木場を買ってはいけない。借りてもいけない。住んでもいけない。FJネクストは都民の日・眼鏡の日の2016年10月1日土曜日も住環境破壊、騒音、振動のガーラ・グランディ木場建設工事を続けた。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設の警戒レベルは上がっている。

マンション投資の迷惑勧誘電話はデマゴーグと変わらない。FJネクスト迷惑電話の煽るような伝え方は不快である。FJネクスト迷惑電話は品性を堕落させる。FJネクストは質が低すぎないか。ワンルームマンションは質が顕著に落ちる。悪徳不動産営業は、すぐ顔に卑しさが出る。悪徳不動産業者は情報を可能な限り隠そうとする。隠しきれなくなると、だまして逃げようとする。逃げ切れないと嘘をつく。

佐藤かおりを囲む会in江東

林田力

市民の力・東京は2016年6月14日、「佐藤かおりを囲む会in江東」を江東区大島の江東区総合区民センターで開催した。「痛みを力に 当事者の声を国政に」を掲げる無所属市民派の佐藤かおり・参議院議員選挙東京選挙区予定候補が話した。

佐藤氏は派遣社員として勤務した大手通信会社でセクハラ被害に遭い、退職を余儀なくされた。労災認定を求めて労災訴訟を起こし、勝訴して労災認定を得た。セクハラ被害による労災認定は初である。佐藤氏は前例がないため、弁護士を探すことが大変だったという。

この話には共感した。私は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から新築マンションをだまし売りされ、消費者契約法違反(不利益事実不告知)で売買契約を取り消した。この東急不動産だまし売り裁判も不動産トラブルを宅建業法ではなく、消費者契約法で争った先例であり、色々と苦労した。だから当事者の苦労が分かる人が議員を目指すことを歓迎する。

労災訴訟は国を被告とした裁判であるが、企業の責任を追究するものもあると佐藤氏は指摘する。労災認定されれば、その企業でセクハラがあったという事実が確認されたことになる。加えて労災認定されれば、労災事故の起きた企業であるとして、企業の支払う労災保険料が高くなる。だから良い意味での抑止力になったと述べた。

この説明も共感できる。日本の市民運動には直接の加害者の責任追及よりも、国の責任を追及する方が高尚なことであるかのような傾向がある。大きな問題として考えることにも意味はあるが、問題が抽象化してしまい、当事者の生の苦しみから乖離する可能性がある。佐藤氏は当事者感覚を持っている方として応援したい。

「良い意味での抑止力」との表現も支持できる。ブラック企業などが横行する要因は、抑止力がなく、モラルハザードが起きるためである。「佐藤かおりの政策」チラシでは「ブラックバイト企業の徹底追及」を掲げている。大いに期待したい。

私は政策チラシで言及されていない内容として開発問題に対する考えを質問した。佐藤氏は東日本大震災被災地を訪れた感想として、道路が沢山建設されていると指摘した。果たして被災地住民のためになっているのか、被災地住民のための公共事業が道路建設なのかと述べた。この見解も同意する。ゼネコンが儲けるための道路建設、さらに重機を現場に運ぶなどゼネコンが仕事しやすくするための道路建設と思える。

江東区東陽で「選挙フェス!」上映会

林田力

「選挙フェス!」江東上映実行委員会は2016年6月10日(金)、江東区東陽の江東区文化センターで映画「選挙フェス!」を上映した。「選挙フェス!」は2013年7月の参議院議員選挙に立候補したミュージシャン・三宅洋平氏の選挙戦17日間に密着したドキュメント映画である。音楽と演説を融合させたライブ演説が話題になり、落選したものの落選候補中最多の17万6970票を集めた。

映画は三宅氏の選挙活動と、それが終わった後の人前に現れていない時の姿を交互に映す。後者では落ち込んでいる時もあった。三宅氏には選挙をお祭りとして盛り上げるイメージが強かった。それは三宅氏が支持された要因であるが、逆に、それに違和感を覚えたり反発したりする向きもある。映画で落ち込んでいる姿を見て、むしろ親近感が湧いた。

三宅氏の話で最も心を動かされたものはスーツを着ないことへの批判である。スーツ姿が真面目という固定観念への批判である。三宅氏の支持者にも固定観念に囚われた人が存在することへの憤りを吐露していた。脱原発や平和というような大きな話よりも、このような身近なライフスタイルの転換のような話が緑の思想を浸透させることができるのではないか。

三宅氏は、選挙は戦いではないと主張する。怒りをぶつけるだけではダメで、自民党とも安倍首相とも話し合いたいという。それは一つの見識である。立派な見識と言っても良いが、映画でも議論が取り上げられたように、踏みにじられ、痛めつけられた人に対して、痛めつけた相手を認めろと主張することが正しいか。

三宅氏のスーツ強要への怒りも、スーツが必要という相手の主張に十分配慮したものではなく、意地悪に見れば因習の押し付けに怒りをぶつけているだけにも映る。しかし、だからこそ共感できる。スーツ着用を古い固定観念として否定し、怒りを出しているから共感を持てる。

しかも映画では「戦いではない」の具体的な姿勢として、ブラック企業として悪名高いワタミの渡邉美樹候補者とのエール交換を描いている。安倍首相らともエール交換した中のone of themとして渡邉氏ともエール交換するならば問題は少ない。しかし、映画では渡邉氏を取り上げた。よりによってブラック企業のワタミかという思いがある。

自民党とも原発推進派とも話をするという姿勢は一つの見識である。しかし、映画の三宅氏の言動では渡邉氏が自民党の中では比較的話せる人物ということになりかねない。映画は中立的であり、三宅氏の渡邉美樹持ち上げに怒る聴衆も映している。しかし、三宅氏の論理は対立者とも話し合う姿勢を持つという一般論の次元である。一般の自民党候補以上に渡邉美樹だけは当選させてはならないというような市民の思いには応えられない。

渡邉氏を自民党の中では比較的話せる人物と位置づけるように受け止められてしまうことは政治的センスとしては致命的である。何しろ同じ参議院選挙では出馬宣言当初は当選を度外視され、野党共倒れを起こすと批判されていた新人候補者がブラック企業批判の波に乗り、ワタミキラーと呼ばれて見事当選した例がある。自民党と話し合う姿勢は見識であるが、ブラック企業のような社会悪への怒りに共感することも大事ではないか。

杉岡太樹監督・佐藤かおり対談

映画「選挙フェス!」上映会では上映後に杉岡太樹監督と佐藤かおり・女性と人権ネットワーク共同代表が対談した。佐藤氏は参議院議員選挙東京選挙区予定候補である。

「選挙フェス!」は杉岡監督にとって二作目の長編映画である。一作目は脱原発デモを取り上げた「沈黙しない春」。もともとは三宅さんから選挙映像広報スタッフとして参加を打診されたが、表現の自由を貫くために断った。その代わり、映画監督として密着した。

佐藤「皆で作った選挙と感じた。戦いではなく、対話と言っていた」

杉岡「インターネット上では彼はよく喧嘩している」

佐藤「政治から見放されたという感覚を持つ若者と接してきた。声を出していいと思っていない。自分を責めてしまう。三宅洋平さんによって声に出していいと思った人が出たのではないか」

杉岡「多くの人は政治が分からないから、自分には投票する資格がないと思っている。大人がゴチャゴチャ言うことがよくない。期日前投票という言葉がよくない。投票期間にすればよい」

杉岡「一度決まった上映会に対して行政が施設を貸せないと中止を求めてきたことがある。行政がサボっている。作品を見ないで上映中止を求めてきた。きちんと検証していない」

佐藤「想定外を受け入れない発想があるのではないか。社会規範から漏れたものを受け入れない発想があるのではないか」

佐藤「三宅洋平さんは嘘がない。真っ直ぐである。一途である」

監督「国立大学で上映したが、学生の反応はシビアであった。ヒゲがダメという。国立大学の学生は真面目なのか。三宅洋平は早稲田大学出身である。賛成派も反対派も他者の意見を認めない点は同じではないか。それを感じると関わりたくなくなる。国会では野次がある。選挙に行こうと呼び掛ける前に選挙に行きたくなるような国会にすることが先ではないか。公職選挙法は面倒くさい。萎縮させるようにしている。選挙から人を遠ざける要因になっている。選挙のタスキはダサい」

印象的な話は佐藤氏の「社会規範から漏れたものを受け入れない発想があるのではないか」である。行政の人間への批判の文脈で発せられたものであるが、私達の中にもあるだろう。映画でも三宅氏がスーツ着用を当然視する風潮が支持者にもあることを批判していた。

日本の市民運動や労働運動には多くの人々が同種の被害を受ける集団性の強い問題は熱心に取り上げるが、個別性の強い問題を軽視する傾向がある。それが多様化した社会で個別性の強い問題を抱える現役世代や若年層にとって市民運動や労働運動が自分達とは無縁な既得権を守りたい人々の運動に映る原因になった。だから佐藤さんのような感覚を持った方が国政を目指すことは素晴らしいと考える。

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

Twitterで日々の出来事をつぶやき中。SNSをご利用であれば、林田力と交流しませんか。林田力のtwitterへのフォローやFacebookへの「いいね」は大歓迎です。I invite you to follow me on Twitter @hayachikara and join the conversation. Thanks for following me. I hope you will enjoy my tweets.
林田力『東急不動産だまし売り裁判』をメール、ブログ、twitter、facebook、mixiなどで広めて下さい。拡散よろしくお願いします。シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです!皆様の御理解と御協力をお願いいたします。Please visit and like my Facebook. Thank you!
最後までお読みいただきありがとうございます。







HOME





林田力『東急不動産だまし売り裁判』






HOME





お気軽にメールください。貴重なご意見まで聴かせてくださった方々に、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。Any help will be greatly appreciated. I would greatly appreciate it if you kindly give us some feedback on "The Suit TOKYU Land Corporation Fraud".



Search in 林田力


東京都東部地区(足立区、荒川区、江戸川区、葛飾区、江東区、墨田区、台東区)で希望の持てるまちづくりを目指す市民の集まりです。様々な活動をしています。
まえがき
東急不動産を提訴
東急不動産の弁論欠席
弁論準備手続開始
東急不動産の証拠改竄を指摘
東急不動産の図面集捏造に反論
倉庫との虚偽説明を糾弾
アルス東陽町での進行協議
証人尋問
地上げ屋の証言
原告への陰湿な攻撃
東急不動産従業員の証言
偽りの和解協議
東急不動産の卑劣な提案
予定調和の協議決裂
東急不動産に勝訴
東急不動産の遅過ぎたお詫び
耐震強度偽装事件と欠陥施工
勝訴の影響
社会正義の実現のために
林田力、ロゴス社、2009年7月1日発行、ISBN978-4-904350-13-3 C0032 46判 110頁 定価1100円+税
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 放射脳カルト 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 区長選挙 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook
林田力はリンクフリーです。相互リンクも募集しております。

林田力