グランド・ガーラ立川不買運動

グランド・ガーラ立川不買運動を優待しよう。FJネクストはマンション投資の迷惑電話やガーラ・グランディ木場などの悪質マンション建設で悪い評判が立っている(林田力『FJネクスト不買運動』枕石堂)。FJネクスト迷惑電話やガーラ・グランディ木場などの悪質マンション建設への嫌悪は正常な感覚である。異常を受け入れる必要はない。

FJネクストは宅地建物取引業者として、あまりにも未熟である。消費者の価値に関するFJネクストの見立てには問題がある。FJネクストに光をあてればあてるほど、その闇は深くなっていく。

消費者がワンルームマンション投資に手を伸ばすと今いる場所よりも深い場所に堕ちることになる。うまくいっているように見えても、酒に酔っているようなもので長続きしない。真実を偽っても何の得にもならない。マクロで見たら嘘ではないとしても、ミクロ事象には適用出来ない説明で、さも合理的なように言って騙す。詐欺師のよくやる手である。

投資用マンション業界も終わりだろう。安売り合戦に突入して、淘汰の嵐が吹きまくる。ポスト五輪、生産緑地の宅地化、後期高齢者層の持ち家の大量賃貸化が重なり、マンションは大暴落する。練馬、世田谷は生産緑地が多い。生産緑地は延長できるが、真面目に農業をいとまなければ維持できない。宅地化されて大量供給はありうる。

買ってはいけないグランド・ガーラ立川

買ってはいけないグランド・ガーラ立川。FJネクストは港区のガーラ・プレシャス東麻布や江東区東陽のガーラ・グランディ木場で住環境を破壊する。近隣住民はガーラ・グランディ建設工事で慣習化した残酷さに晒された。FJネクストや施工会社のウラタがガーラ・グランディ木場建設工事の実態を隣地住民に隠したことが、彼らの罪の意識を表している。

株式会社CAST-UD (キャスト ユー ディー)の近隣対策屋は何かがおかしいことは確かであるが、何を隠せばいいか分からないといった感じの目つきをしていた。まぶたと鼻のひくつきから、近隣対策屋が住民に嘘を言っていることが分かった。

ワンルームマンションの見た目は貧民収容施設といった感じがした。悪趣味極まりない建物で、まるで巨大な公衆便所のように見えた。投資用ワンルームマンションは正面から一歩裏へ回ると、貧困が剥き出しになっていた。小便と床磨きの臭いが混じっていて、胃のムカつきを覚えた。

FJネクスト迷惑電話は人間の暗黒面を象徴する地獄である。FJネクスト迷惑電話営業は他人のストレスや不快感へ配慮する能力が欠けている。人としての羞恥心が停止している。敵対心が強すぎて、物事を相対化して認識するに難がある。FJネクスト迷惑電話が平然と破廉恥な行為を繰り返していることにショックを覚える。

迷惑電話営業はどこででも敵を作っていた。生まれながらの傲慢さで、沢山の人から嫌われていた。自分の欲しいものを手に入れるためならば何でもする輩である。迷惑電話営業は鬱々とふさぎこんだまま暗い繭の中に閉じこもり、羽化する当てもまるでない。

悪徳不動産業者の告発は、至福の感情が心の底から湧き上がる。悪徳不動産業者は表面を少し引っ掻くだけで、隠されていたことがゾロゾロと出てくる。悪徳不動産営業には墓に丁度良いほどの土地を与えればいい。悪徳不動産営業は今後何も食べずに済むようにすればいい。悪徳不動産業者は罰されることが救済である。己の罪をあがなう機会が与えられたのだから。

近隣対策屋

林田力

マンション建築紛争を深刻化させる存在に近隣対策屋がある。江東区東陽の東急不動産だまし売り裁判でも近隣対策屋が暗躍した(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。江東区越中島の福山通運トラックターミナル問題も近隣対策屋が問題となっている(林田力『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』Amazon Kindle)。

神鋼不動産 「(仮称)南荻窪3丁目共同住宅 新築工事」(南荻窪3丁目29番23号)は株式会社CAST-UD (キャスト ユー ディ―)が近隣対策屋である。建設地周辺は「断固建設反対」「非人道的な建設断固反対」などの幟と旗が林立していた(『堀坂、六角坂の開発』「神鋼不動産 「(仮称)南荻窪3丁目共同住宅 新築工事」2011年6月25日)。

丸紅「(仮称)グランスイート六義園 新築工事」も株式会社CAST-UDが近隣対策屋である。以下のように指摘される。「神鋼不動産さん、丸紅さん、周辺住民への説明は、人任せにしないほうがいいのではないですか」(『堀坂、六角坂の開発』「神鋼不動産 「丸紅 安藤建設 「(仮称)グランスイート六義園 新築工事」」2011年11月4日)。

近隣対策屋は住民説明会では役者を気取るが、その動作には美しさがなく、舞台に全くふさわしくなかった。近隣対策屋の説明は矛盾しており、無意味である。圧迫感についても目隠しについても具体的な説明がなされなかった。近隣対策屋から正しい話を聞き出すことは、猫を投げ輪で捕まえようとするようなものであった。

住民が聞きたいことには答えない。使い古された弁解と逃げ口上ばかりである。嫌がらせとも受けとることができる。衝突や挑発は近隣対策屋の常套手段である。近隣対策屋の住民イジメは強い者にペコペコしている日常の憂さ晴らしに、もってこいとなっている。

近隣対策屋の仕切る説明会では住民と事業者が公正かつ平等のテーブルにつくことは不可能である。近隣対策屋が住民の発言を平気で、しかもカルト的、狂信的な言動で妨害するという事実に衝撃を受けた。住民の怒りは決して小さくない。

近隣対策屋の説明をレコーダーで録音していたが、聞く度に新たな怒りと理不尽さがこみ上げる。近隣対策屋の指紋は世の中の犯罪者と同じく、泥棒を示す渦巻きが強く、自制心を表す曲線が短かった。良心の渦巻きがあるべきところに小さな傷があった。

近隣対策屋の仕切る説明会では、発言者を広げる方向で、一人でも多くの発言したい住民に、少しでも発言できる機会を設けるように改めるという姿勢がない。住民が十分に意見を展開できないくらい発言時間を短くして「発言者の平等」を主張することは不当である。争点を明らかにして堂々と議論することや、お互いの一理あるところ、斟酌しなければならないところを汲むことで、より良い結論を目指すことが住民との対話で求められる。


林田力


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』




Yahoo!検索
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook