全記事
林田 力 『東急不動産だまし売り裁判』著者

 林田力(はやしだ・りき)のブログ記事一覧画面です。是非、ご覧になって下さい。

練りゴマ担々麺を食べました

江戸川区船堀の東京健康ランドまねきの湯で練りゴマ担々麺を食べました。坦々麺は中国四川省発祥の辛い中華麺です。発音が重なるところがありますが、湯麺(タンメン)とは別物です。熱くなる辛さです。油断しているとむせてしまいますが、辛過ぎません。


練りゴマはゴマを細かく擂り潰すことで、ゴマの油分が滲みだし、それが細かく砕けたゴマと混ざり合ってペースト状になります。本物の練りゴマは100%ゴマであり、油脂や添加物を加えません。


ゴマの滋味が豊かで、辛さだけでなく、味で勝負しています。私は辛いだけの料理は好みません。味が分からないほど辛くすることは愚かです。辛いだけの料理は辛いというよりも痛いです。激辛で刺激が強い食品を食べ続けると、食道や胃腸を悪くします。漫画やアニメには辛い物を食べて唇が腫れ上がるという描写があります。それは誇張ではありません。口周りと舌がヒリヒリします。食べ過ぎると、お腹がユルユルになります。


問題は辛さに中毒性があることです。辛い食べ物による舌の痛みを和らげるために脳内麻薬とも呼ばれる「エンドルフィン」が分泌されます。脳内麻薬の中毒になると辛い料理が病み付きになります。体はダメージを受けています。体を壊してまで食べてしまうことは滑稽です。


まねきの湯の食事処では麺類が充実しています。夏季メニューには冷やし豚しゃぶ稲庭うどんがあります。稲庭うどんは秋田県の郷土料理。香川県の讃岐うどんと双璧と評価されます。群馬県の水沢うどん、または、長崎県の五島うどんと合わせて日本三大うどんと呼ばれます。独特の手延べ製法で作られた干しうどん。つるんとした喉越し。冷やし豚しゃぶ稲庭うどんを食べると体が急速に冷え、再度お風呂に入りました。


冬季メニューには牡蠣蕎麦ゆず風味があります。ふゆよかな牡蠣が複数入っています。温まります。ゆずが上品な香で、つゆを飲み干しても腹八分目の感覚があります。胃もたれしません。

林田医療裁判訴訟団が東京消防庁の蘇生中止方針に要請

林田医療裁判訴訟団は、東京消防庁「第33期東京消防庁救急業務懇話会答申」の蘇生中止方針に対して、消防記念日の平成31年3月7日付で林田医療裁判の経験に基づく要請文を提出しました。


東京消防庁の懇話会は、2019年2月12日に救急隊の蘇生中止の手続きを定める答申を出しました。そこでは心肺停止の患者本人が事前に書面に残していたり家族と話したりして心肺蘇生を望んでいないことが分かった場合は、患者のかかりつけの医師に連絡し、かかりつけ医師が了承し家族が同意書に署名すれば蘇生や病院への搬送を中止できるようにする制度を提言しています。


この答申の重要なポイントは、「本人の希望、かかりつけ医師の了承、家族の同意書」の三つの要件を課し、それを満たした場合のみ心肺蘇生の中止を認める、としているところにあります。本人の希望とは別に、かかりつけ医師の了承としたことは、単に本人の希望に応えるのではなく、医師の倫理(ヒポクラテスの誓い「自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない」、ジュネーブ宣言「人命を最大限に尊重し続ける」)から判断することが求められているからだと思われます。救急救命という緊急時でも、このような要件を課さなければ中止は認められない、としています。


その上で林田医療裁判の経験からの懸念があります。林田医療裁判では、患者の長男が母親の治療を独断で拒否した上、数々の治療拒否を他の家族達には説明していませんでした。医師も長男の意向に応じました。特定の家族の意見や医師の理念だけで蘇生が中止されてしまう危険があることを強く懸念します。


この要請文に対し、東京消防庁より、平成31年3月12日に以下のお返事が届きました。「貴重なご意見ありがとうございます。第33期東京消防庁救急業務懇話会の答申を踏まえ、心肺蘇生を望まない傷病者に対する救急隊員の対応について、今後具体的に進めてまいりますが、その際の参考とさせていただきます。」

要請書は、林田医療裁判Webサイトに掲載しています。
https://hayariki.wixsite.com/hayashida/request

沖縄県警が無効な令状で逮捕と差し押さえ

沖縄県警は裁判官の押印がない無効な逮捕令状や差し押さえ令状で市民を逮捕し、差し押さえを行った。沖縄県警豊見城署は2018年11月13日、窃盗事件の逮捕状を那覇簡易裁判所に請求した。また、那覇署は傷害事件で差し押さえ令状を請求した。これらは裁判所職員が草稿を起案し、裁判官による捜査資料の審査が行われないまま発付された。

 

県警は押印がないことに気が付かず、無効な逮捕状のまま15日に逮捕した(「裁判官の押印がない…無効な逮捕状発付 那覇簡裁ミスで容疑者一時釈放」沖縄タイムス2018年12月1日)。発付時と執行前、送検時に確認する機会があったが、全て見落とした(「押印なく差し押さえ令状発付 那覇簡裁 県警は無効気付かず拘束」琉球新報2018年12月1日)。那覇署は16日に無効な差し押さえ令状に基づいて押収を行った。

 

これは押印を忘れたという問題ではない。日本国憲法第33条は逮捕の制約を定めている。「何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない」。裁判官のチェックが形がい化していることを示すものである。

 

「無効な令状が発付されれば、司法への不信は広がるばかりだ。不当に逮捕されたり、住居に侵入されたりする恐れもあれば、冤罪を生み出すことにもなりかねない」(「「裁判所の存在意義を揺るがす」 那覇簡裁「無効令状」問題、最高裁の対応は?」弁護士ドットコム2019年4月13日)

 

コインハイブ事件では警察の恫喝的な取り調べが問題視された。「裁判所が(捜索)令状を出しているんだから違法に決まっている」との暴言がなされた(「「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手」ねとらぼ2019年2月16日)。しかし、警察が無効な令状で逮捕している杜撰な実態が明らかになった。

 

沖縄県警では捜査第2課が多良間村幹部と地元業者らに絡む贈収賄疑惑で捜索の令状(捜索差し押さえ許可状)がないまま、事実上の強制的な家宅捜索を行っていた。捜査員は警察手帳を提示しただけで、事務所内を確認させるよう要求。事務所内の机や棚を開けて資料を探し、契約書や領収証、通帳などの資料やパソコンなどの備品を調べた。捜索が終わる際には妻に任意提出書に署名させ、工事に関する資料やノートパソコンなど75点を押収した(「業者にも令状なし捜索 多良間贈収賄疑惑 沖縄県警、強制捜査を否定 業者「勝手に棚あさった」」琉球新報2018年11月3日)。

埼玉県警巡査が遺族から金をだまし取る

埼玉県警の警察官が警察官の職務を悪用して遺族から金をだまし取ろうとする事件が相次いで起きている。川越署刑事課の巡査(25)(川越市中台元町)は女性から現金をだまし取ろうとしたとして、2019年4月4日に詐欺未遂容疑で逮捕された。巡査は費用がかかるとの電話をしたことは認める一方、だまし取ろうとしたことは一部否認するなど、曖昧な供述をしている。


逮捕容疑は、病死した男性の姉の女性(69)に2019年3月27日から31日に電話して、以下のような嘘を言って現金を騙し取ろうとした。
「(遺体の搬出で)レッカー車が来たので四十万~五十万円かかる。お金は私が預かってもいい」(「川越署員、詐欺未遂容疑 「遺体搬出に費用」遺族にうそ」東京新聞2019年4月5日)
「部屋の清掃などにかかる費用として、40万~50万円を民間会社に支払う必要があり、自分が預かる」(「詐欺未遂容疑で巡査を逮捕=職務利用し「現金預かる」-埼玉県警」時事通信2019年4月4日)


巡査は2016年9月に県警察学校を卒業して川越署に配属され、2018年9月から刑事課強行犯係。2019年2月下旬に自宅で亡くなっているのが見つかった男性の死因調査に携わっていた。女性は2月下旬に川越市に住む弟が死亡したと連絡を受け、3月26日に遺体の引き渡しを受けた。この際の担当者が巡査で、同月27日から31日までに複数回電話があり、現金を預かると話したという。


埼玉県警では死体検案名目で遺族から金をだまし取る事件も起きた。草加署刑事課巡査(22)(埼玉県越谷市袋山)は、急死した男性の遺族から約82万円をだまし取るなどしたとして、2018年10月19日に詐欺と詐欺未遂の疑いで逮捕された。


巡査は9月26日、通報で駆け付けた男性宅で、長女との会話の中から病死した男性に多額の預金があることを知った。これが犯罪の出発点になっており、警察官に個人情報を教えることは危険である。翌27日に草加署内から電話で「82万円かかります」と嘘をついて、長女に現金を要求し、同日午後に同署1階ロビーで、封筒に入った現金を受け取った。警察署内で詐欺が行われたことになる。


さらに10月18日、長女宅に電話し「200万円足りません」などと伝え、現金をだまし取ろうとした疑い(「急死遺族から警官82万詐取「ゲームに使った」」読売新聞2018年10月19日)。これまでも何度も繰り返している犯罪ではないか。それで大胆になって常識外の高額を請求するようになったのではないか。


死体検案書は医師から交付を受ける。警察が死因の確認などのために遺族らに任意で提出を求めることはあるが、費用がかかることはない(「「死体検案書提出に現金必要」とうそ、埼玉県警巡査を詐欺容疑で逮捕」TBS 2018年10月19日)。


さいたま地検は、草加警察署の22歳の巡査を詐欺と詐欺未遂の罪で起訴した(「詐欺罪で草加署巡査を起訴」テレビ埼玉2018年11月9日)。警察不祥事では理由を開示しない不起訴という身内に甘い処分がなされる傾向がある。たとえば佐賀地検は2018年11月2日、女子中学生の体を触ったとされる佐賀県警鹿島署の男性巡査(依願退職)を不起訴処分とした。これに対して、この事件は起訴しない訳にはいかなかったか。


2019年2月に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。警察官の犯罪は一般人より明らかに悪質である。警察を称して相手を油断させられる。捜査の仕方を分かっているために証拠隠滅もしやすい。通常より厳罰にすることが公正である。


川越署の事件も草加署の事件も埼玉県警の警察官による特殊詐欺である。埼玉県警の刑事自ら率先して特殊詐欺で捕まるとは優秀と評すべきか。埼玉県警に振り込め詐欺を注意喚起する資格はない。埼玉は古くは「さきたま」と称した。埼玉県警察よりも、詐欺玉県警察が似合っている。警察は一般的なオレオレ詐欺への注意を呼びかけるよりも、警察官による不当な金銭請求への注意を呼びかけるべきだろう。現実に金融機関や電気・ガスの民間企業は、その種の注意喚起をしている。中々捕まらない特殊詐欺の黒幕と警察は癒着しているとの主張に説得力を与える。桶川ストーカー殺人事件に続く埼玉県警の警察不祥事である。


警察官の立場を悪用した遺族への詐欺は多くの人の美的センスから鑑みると醜悪であり、吐き気すら覚える。家族の急死で悲嘆や憔悴している遺族につけこむ悪質な犯罪である。親しい人が亡くなって焦燥する遺族を警察官が食い物にした。極めて悪質であり、人間として失格である。警察官の地位を利用した詐欺であり、職権濫用でもある。警察官が市民を下に見ているから、このような事件が起きる。巡査の心理状態はオレオレ詐欺の犯罪者と同じだろう。


警察は絶対と考えている高齢者はだまされやすい危険がある。川越署の詐欺事件は女性が葬儀会社に支払い済みであり、不審に思って葬儀会社に問い合わせ、葬儀会社が川越署に問い合わせて発覚した。草加署の詐欺事件は長女の親族が話を聞いて不審に思ったことから発覚した(「遺族から82万円詐取か、警官逮捕 スマホゲームで借金」朝日新聞2018年10月19日)。警察とのやり取りは多くの人と共有し、可能ならば衆人環視の中で進めることが好ましい。


これらの事件だけかという問題がある。これまでも警察官の立場を利用して金を詐取するビジネスをしていたのではないか。そこは厳しく追及する必要がある。深刻な問題は、個人の独走を許してしまう警察の組織的な欠陥である。民間の上場企業のように市場に報告する必要がないためか、実施者と承認者の分離など内部統制の観点で遅れている。権限の分離(Separation of privilege)ができていない。

東急電鉄・東急バスの一時金請求裁判

東急電鉄と東急バスでは労働者が一時金の支払いと不払いによる慰謝料を請求した裁判が起きた。東急電鉄・東急バスは長年に渡り支給されてきた一時金の労使慣行を無視し、一時金を特定労働組合員に支給しなかった。全関東単一労働組合東急分会は「東急電鉄・東急バスの差別的労務管理、労働者使い捨てを許すことはできない」と主張する。


東急一時金請求裁判の背景には東急電鉄の不明瞭な給与体系がある。給与の内訳に移行調整給という不明瞭なものがある。これが給与の3分の1程度を占める労働者もいる。この移行調整給分を削減しようとしたが、労働者の生活に大きな影響を与えるために組合として拒否した。


次に東急は一時金の算定額から移行調整給分を削減しようとし、それに同意しない東急分会の組合員への給与を支払わない。交渉時に東急は暫定支払いの意向を示していたが、提訴後は一切払わないと不誠実にも前言を翻した。東急側は「賞与は就業規則に定められていないから、法的に支払う義務はない」と主張する。


東京地裁判決(2013年1月22日)は、就業規則に一時金支給の規定がないことを理由に、労働協約の締結がなければ支給しなくてもよいとする会社主張を全面的に取り入れたものであった。原告の一人は「一審判決はメチャクチャな判決であった」と述べる。


労働者側は東京高等裁判所(一時金等請求控訴事件、平成25年(ネ)1061号)に控訴した。控訴審は第19民事部に係属した。控訴審では東急の不誠実な交渉態度に対する慰謝料請求を追加した。第1回口頭弁論は5月9日に行われたが、裁判官は一切の事実調べをせずに結審という乱暴な訴訟指揮を行った。控訴人側は高裁の態度に怒り、裁判官忌避を申し立てたが、棄却された。


第2回口頭弁論が2013年7月11日14時から東京高裁809号法廷で開催された。第2回口頭弁論は「裁判所の構成が変更された」で始まった。控訴人代理人・萩尾健太弁護士は「どなたが変わったのですか」と質問した。控訴人側は準備書面と陳述書を提出し、萩尾弁護士が準備書面の趣旨を口頭で陳述し、東急の中立義務違反などを批判した。


準備書面は東急の主張への反論である。東急は控訴人側の控訴審での追加主張を時機に遅れた攻撃防御方法と主張した。控訴理由書での主張を時機に遅れた攻撃防御方法として否定できるならば、一審の主張立証の繰り返しになってしまい、控訴審の意味がなくなる。陳述書で歴史的な経緯が書かれている。


控訴人側は労働者の人事考課の内容を明らかにするために文書提出命令を申し立てていたが、裁判所は申し立てを却下した。弁論を終結して、判決言い渡しを9月12日とした。一方で「何年も労働協約が締結されないままで一時金支給されないことは異常」との述べ、和解勧告するとした。


口頭弁論終結後に16階で和解協議がなされた。書記官室前の廊下に控訴人や支援者が集まり、東急の問題点を話していた。そこに東急の代理人が通りかかり、「和解を潰してやる」と捨て台詞をはいてきた。支援者らは「常識がない」と憤っていた。東急代理人は内心のイライラが見えるほど、大企業に相応の余裕や貫禄といったものは、どんどん感じられなくなる。


東急代理人の嫌らしさは東急不動産だまし売り裁判と同じである。東急不動産だまし売り裁判でも、東急不動産代理人が話しかけてきた(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス)。相手方当事者に気安く話しかけること自体が信じがたい。


和解協議終了後の会合では「東急への闘いは続く」「運動をしていかないと世の中の流れは変わっていかない」との声が寄せられた。林田力は東急不動産だまし売り裁判や二子玉川ライズ行政訴訟を紹介した。二子玉川ライズ住民訴訟については知っている方がいた。


東急バスの労働者はビラまきが損害賠償の対象になると会社から脅された事例を紹介した。橫浜北労働基準監督署は2012年10月25日付でバス乗務中の休憩時間などに労働基準法違反があったとして東急バスに是正勧告した。ビラには「是正勧告が出ているにも関わらず、何ら改善されていない」と書いたが、東急バス側は「少しは改善しているから、『何ら改善していない』は事実に反する」と屁理屈をつけてきた。東急はなんと見下げた企業であろうか。ほんの目先の話しか見えていない。

全関東単一労働組合・東急分会
https://labours.wixsite.com/tanitsu/tokyu

The Suit TOKYU Land Corporation’s Fraud

Hayashida Riki is the plaintiff who fought against TOKYU Land Corporation and the author of “The Suit TOKYU Land Corporation’s Fraud: How to Win.” I will promote a growing awareness of the Consumer Contract Act, sustainable consumption and SDGs.


I am is happy to announce the release of my book “The Suit TOKYU Land Corporation’s Fraud: How to Win.” I would like to inform you that “The Suit TOKYU Land Corporation’s Fraud” has published.
This book is designed to help you to protect your assets from fraud. You can master the key security practices that are required to combat fraud efficiently. I hope my book helps to keep you up to date about the topics and services that are important to your business. I am very pleased by the positive response it has received. Make sure you don’t miss out!


TOKYU Land Corporation and TOKYU Livable Inc. practice deception on me by hiding the truth. If everything could be painted white, then I would not buy real estate from Them. Boycott TOKYU looks at new and evolving consumer movement and how it is changing the way we live and do business.
Here’s a story about the incredible true nature of the horrible TOKYU Land Corp. and TOKYU Livable Inc. who could almost be called “social menace”. Don’t you think TOKYU Land Corp. and TOKYU Livable Inc. are almost public nuisances, do you? We hate TOKYU Land Corporation and TOKYU Livable Inc. more than you’ll ever know. We cannot forgive TOKYU Land Corporation and TOKYU Livable Inc. We think we shouldn’t admit TOKYU Land Corporation and TOKYU Livable Inc. into Business to Consumer (B2C).


I am always open to comments and feedback on my books “The Suit TOKYU Land Corporation’s Fraud: How to Win.” If you have questions or concerns, please let me know, I am happy to address. Any help will be greatly appreciated. Glad to read your messages. I would greatly appreciate it if you kindly give us some feedback. We need to learn many things with you. Don’t hesitate to contact me.
Please understand that I process inquiries in the order we receive. Therefore, we may require more time to reply.

Amazon Web Services

AWS stands for Amazon Web Services. It is an on-demand and secure cloud services to individuals, companies and governments. It provides a mix of IaaS, PaaS and SaaS. IaaS stands for infrastructure as a service. PaaS stands for platform as a service. SaaS stands for software as a service. AWS is the leader in the cloud wars. Everybody knows that AWS is one of the most prominent cloud service providers.
AWS is more economical than traditional data centers for applications with varying compute workloads, because it can be launched on-demand when needed. AWS is simple and reliable to use. AWS has many data storage options.
Maintaining physical hardware is AWS’s responsibility under the AWS shared responsibility model.
Customers can find information about prohibited actions on AWS infrastructure in AWS Acceptable Use Policy. Unauthorized port scans by Amazon EC2 customers are a violation of the Policy.

AWS Management Console is a browser-based GUI for Amazon Web Services. AWS Management console is considered as the web application that simply refers and compromises of a wide range of services to manage Amazon Web Services in a reliable manner. Customers can empower their organization with interactive dashboards. It also provides all information related to our account like billing.

Amazon EC2 stands for Amazon Elastic Compute Cloud. EC2 allows a developer to spin up virtual machines (VM), which provide compute capacity for IT projects and cloud workloads that run with global AWS data centers. EC2 instance storage is ephemeral and should never be used for data requiring durability.

AWS DMS stands for AWS Database Migration Service. It is a tool that helps you to migrate your data to the cloud and which also enables ongoing replication. It would simplify migration of a database to AWS. It can migrate your data to and from most widely used commercial and open-source databases.

Amazon VPC stands for Amazon Virtual Private Cloud. It enables you to create a virtual network that is a logically isolated section of the AWS Cloud. You can launch AWS resources in a virtual network that you define.

Amazon SNS stands for Amazon Simple Notification Service. It is a web service that makes it easy to set up, operate, and send notifications from the cloud. It sends alerts based on Amazon CloudWatch alarms. It follows the publish-subscribe messaging paradigm, with notifications being delivered to clients using a push mechanism rather than to periodically check or poll for new information and updates.

AWS CloudTrail allows AWS customers to record API calls, sending log files to Amazon S3 buckets for storage. It can identify the user that made the API call when an Amazon EC2 instance is terminated.
Enabling it in your AWS account is one of the easiest and most important steps to securing your environment. You can search, analyze, and alert on AWS CloudTrail log data. You can log, continuously monitor who is doing what, when, and where, and retain account activity related to actions across your AWS infrastructure.

MFA stands for Multi-Factor Authentication. MFA is a simple best practice that adds an extra layer of protection on top of your user name and password. It is the practice or requiring two or more forms of authentication to protect AWS resources. A system administrator can add an additional layer of login security to a user’s AWS Management Console by enabling Multi-Factor Authentication.

AWS Marketplace is an online store. Customers can find, discover, purchase, migrate and immediately start using the software and services they need to build products and run their businesses in their AWS environment from AWS Marketplace.

左翼スタンドへのホームラン

東急不動産だまし売り裁判は、野球で言えば左翼スタンドへのホームランです。真っ直ぐのボールを跳ね返し、弾丸ライナーが左翼スタンド上段に突き刺さります。左翼はバッターから見て左方向の外野です。その後ろに位置するスタンドが左翼スタンドです。東急不動産だまし売り裁判は令和に伝える価値のある平成の消費者問題に立候補します。令和にも東急不動産だまし売り裁判の意義を伝えます。


東急不動産だまし売り裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)は、東急不動産(販売代理:東急リバブル)が隣地建て替えによる日照・眺望・通風阻害という不利益事実を説明せずに新築分譲マンションをだまし売りした事件です。


東急不動産は2003年に東京都江東区の新築分譲マンション「アルス」販売時に「眺望・採光が良好」など環境面の良さをアピールポイントとしました。パンフレットやチラシで「豊富な緑に心やすらぐ「洲崎川緑道公園」」「緑道に隣接するため、眺望・採光が良好!」と謳っていました。しかし、隣地が作業所に建て替えるという不利益事実を説明しませんでした。マンション竣工後に隣接地で建て替え工事が行われ、洲崎川緑道公園への眺望はなくなりました。


引き渡し後に真相を知った購入者は消費者契約法第4条第2項(不利益事実の不告知)に基づいて売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻しました。消費者契約法第4条第2項は事業者が利益となる事実を告げながら、不利益となる事実を告げなかった場合に契約の取り消しを認めています。東急不動産だまし売り裁判は、不利益事実の不告知を不動産売買契約に適用したリーディングケースです(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。


事業者が不利益事実を説明することは消費者の正しい選択に不可欠です。「正しい判断は正しい理解から、そして正しい理解には正しい情報が必要不可欠だ。どれだけ真剣に考えた所で理解と情報に誤りがあれが全てが無意味と化すのだ」(鉄鋼怪人『帝国貴族はイージーな転生先と思ったか?』「第百二十話 野生の双璧が現れた!」)。

見づらい標識に基づく兵庫県警の交通違反摘発を取り消し

兵庫県警の交通違反摘発が見づらい標識に基づくものであったとして、神戸地裁は2019年3月27日の判決で交通違反を取り消した。大型バイクに乗っていた50代男性は2016年11月に県道を走っていたところ、通行禁止違反で摘発された。判決はカーブを抜けてすぐに設置されていた標識が僅か1、2秒弱で見えなくなると指摘した。


「ネットの反応の中には、見えづらい標識がそのままされていた背景に、警察に課せられた検挙ノルマがあるのでは、という見解もありました」(「「標識見づらかった」で交通違反取り消しに 安全は「摘発」だけでは守れない」弁護士ドットコム2019年4月18日)。


運転手の損害は反則金だけでない。点数減点で仕事が出来なくなったり、任意保険の金額が上がったり、受けられるべき割引が受けられなかった損害がある。


警察の交通違反取り締まりは卑怯と批判される。車所有者の半数以上が「警察の交通違反取り締まりは卑怯」と感じているとの調査結果がある(「【衝撃】車所有者の半数以上が「警察の取り締まりは卑怯」と感じている」しらべぇ2016年7月5日)。「あえて隠れてやるのは点数と税金稼ぎだと思う」などの意見がある。


埼玉県さいたま市桜区道場の割烹居酒屋いなかや付近でも2018年4月1日などに埼玉県警によるネズミ捕りが行われた。捕まえやすいところでやりたいように違反取締りをしている。警察の職務怠慢の何物でもない。安全管理を行った上での違反者摘発でなければ意味がない。隠れて摘発のタイミングを待つことは卑怯である。警察官が自ら立って、往来する車に呼び掛け、広報活動をする方が効果的であり、効率的である。


「交通取り締まりの方法や、ノルマ達成が目的になりがちな構造自体を根本的に見直さない限り、取り締まられた側の順法意識は高まらず、かえって警察への不満が高まるだけではないだろうか」(千葉雄樹/A4studio「ネズミ捕りに“必死の”警察の謎 やっぱりノルマが!素直な主婦や若者を狙い撃ち?」Business Journal 2015年7月1日)


以下は交通評論家の鶴田光秋氏の指摘である。「警察は、広くてスピードの出しやすい直線道路で、標識を故意に見えづらいまま放置して、検挙しやすくしていた可能性があります。これは不当な取り締まりですよ。こんな場所で『ネズミ捕り』をして反則金を稼ぐのは、交通安全目的ではなく、卑怯そのものです」(「「ワナ」を仕掛けて交通違反の反則金を稼ぐ警察~そのセコすぎる手口」現代ビジネス2018年2月9日)


あまりにも理不尽で屈辱的な言いがかりをつけられたと感じるドライバーは多い。「裏でどんな取締りをしても、どんな高圧的な態度で暴言を吐いても、常にテレビでヒーロー扱いされてしまうことが、一部の白バイ隊員の暴走を助長していることに気付いてほしいものだ。白バイ隊に関しては、多くのドライバーが「反則金徴収部隊」だと思っている現実にもっと迫ってほしい」(近藤駿介「白バイ隊はヒーローなのか、それとも「反則金徴収マシン」なのか?」BLOGOS 2018年9月7日)


「ドライバーの対応策として、まずは必ずしも「交通安全」を目的とした正しい交通取り締まりが行われているとは限らないという現状を十分把握し、納得いかない取り締まりには断固抗議をするなど、自己防衛の意識を高めることが重要。誰のためにもならない泣き寝入りは禁物です」(「やっぱりあった! 交通違反検挙ノルマ!【交通取締情報】」モーターファン2017年7月18日)


交通違反は警察官の視認だけが証拠となるケースが多い。たとえば一時停止の違反取り締まりで、警察官の視認だけで違反と認定されることはおかしい。ビデオ撮影を取り入れる必要がある。


スピード違反取り締まりでは、オービスの誤作動による被害が増えている。最近では、一般道においても、新Hシステムや移動オービス(車載式赤外線カメラによるスピード取り締まり装置)が多くなり、それに伴い誤作動による被害が増加している。

 

中央区長選の立候補者がタワマン抑制を展開

統一地方選挙の後半戦が2019年4月14日に始まりました。東京都の中央区長選挙では熊倉哲也(くまくらてつや)さんが立候補しました。熊倉さんは「急激に増加したタワーマンションの建設ラッシュを抑える」ことを掲げます。4月14日の勝どき駅前、清澄通り沿いの街頭演説でも「タワーマンションがニョキニョキと立っております。30年経って、この豊かな暮らしが維持できるのか。どうでしょう」と問いかけました。


私は中央区長選挙・中央区議会議員選挙立候補予定者公開討論会で指定発言者として「SDGs 住み続けられるまちづくりを」について話しました。熊倉さんは公開討論会には不参加でしたが、人口減少時代における持続可能な街づくりという問題意識は共有できていると思います。


熊倉さんは地域課題を解決する会代表としてSDGsに取り組んでいます。地域課題を解決する会はSDGsサミット2018を2018年12月23日に東京都北区の北とぴあで開催しました。ここで私は「自殺ゼロ、いじめゼロ×SDGs」を話しました。


SDGsは持続可能な開発目標Sustainable Development Goalsです。熊倉さんの証紙ビラにはSDGsのカラーホイールや目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」のアイコンが使われています。中央区長選挙では西田ちから候補が持続可能な発展型先進都市を掲げています。持続可能対決が一つの視点になるかもしれません。


4月14日の勝どき駅前の演説は前田利行・中央区議会議員候補、渡辺喜美・参議院議員と一緒でした。渡辺議員は官僚任せの政治からの脱却を訴えました。役人だけがいい思いをし、日本は三流国家になると警鐘を鳴らしました。


熊倉さんはビジネス感覚が必要と訴えました。これは4月5日の記者会見でも主張しました。「新しい区長は生活者の目線で区民の声を吸い上げられる人物、ビジネス感覚を有し利害調整ができる人物が必要」(「中央区長選 元総合宝飾会社員・熊倉さん出馬表明」東京新聞2019年4月6日)。




新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP