全記事
林田 力 ノンフィクション著者

 林田力(はやしだ・りき)のブログ記事一覧画面です。是非、ご覧になって下さい。

Thank you for birthday messages

Thank you for birthday messages. I have received many lovely messages, images and animations. Millions of Greetings. Thousands of colours. Hundreds of Wishes. My birthday filled love, peace and happiness. As I celebrate my birthday, I have renewed my resolve to keep consumers happy with my books and YouTube channel. We are going to make the world a world free of fraud, racketeering and addictive drugs.
My YouTube channel will continue to grow with my 2020 birthday. Thanks to your help, my video “The Suit TOKYU Land Corporation Fraud: Skit” will soon have 40,000 views. The YouTube video “Boycott FJ Next Gala Grandy Kiba” has 4,444 views. It is a repdigit.
Hope you have a great day. Wishing you a day filled with happiness and a year filled with joy. I hope that you are doing well, and this year will treat you well. I wish you luck and success in all that you do. Have a nice day. Take care.
All the best for you on this difficult time. COVID-19 shall pass. Here is to better times going forward. Stay safe, healthy and well. Pray for all.
Anyway, how is it going? Tell me more about you. What are you up to lately? Would love to hear what your goals are. I hope to learn and become part of your network.

 

Tantanmen; Sichuan Dan Dan noodles

I had Tantanmen at Fufu Ramen Urawa Dojo in Sakura Ward, Saitama City, Saitama Prefecture, Japan. Tantanmen; Sichuan Dan Dan noodles is a Japanese ramen that originated in Sichuan Province, China. The noodles are swimming in a deliciously balanced soup with hot spiciness from chili oil. They combine sweet, salty, nutty and spicy flavours.
We can choose the level of spiciness of the tantanmen at Fufu Ramen. I opted for the least spicy one. I like the mildly seasoned tantanmen for the Japanese. Too spicy soup will break my tummy. It has been suggested that drug addiction destroys your taste buds and makes you prefer intensely spicy foods. When you become addicted to drugs, you can’t even enjoy a healthy diet.

兵庫県警巡査が大麻所持容疑で逮捕

兵庫県警尼崎南署留置管理課の巡査(22)=神戸市中央区元町通6丁目=は2020年5月13日、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月8日午後1時35分頃、自宅マンションの敷地内に若干量の乾燥大麻を保管していたこと。

 

巡査は「大麻を持っていたことに間違いありません」と容疑を認めている。「大麻を使用した」とも供述している(「大麻所持容疑で兵庫県警の巡査を逮捕 自宅マンションの敷地で/兵庫県」サンテレビ2020年5月13日)。巡査は2016年に県警に採用された(「兵庫県警の22歳巡査、大麻所持容疑で逮捕」朝日新聞2020年5月13日)。

 

2020年3月に外部から「巡査が大麻を所持している」という情報が寄せられ捜査を開始。4月8日にマンション敷地内で大麻草を押収した(「「大麻を使用している」と情報提供 自宅敷地内で所持の兵庫県警巡査を逮捕」神戸新聞2020年5月13日)。5月13日朝に自宅を捜索した。自宅からは大麻の葉などを細かく砕く「クラッシャー」とよばれる道具が見つかった(「警察官が『大麻所持』で逮捕…自宅に“大麻用道具”あり容疑認める「吸ったことある」」MBS 2020年5月13日)。

 

「兵庫県警巡査を逮捕、大麻所持疑い」産経新聞2020年5月13日

「22歳警察官を『大麻所持』の疑いで逮捕…「大麻を吸ったことがある」」関西テレビ2020年5月13日

 

埼玉県警で証拠品紛失を隠蔽

埼玉県警は警察署で保管していた死亡小学生の遺品の腕時計を紛失した。腕時計は母親からの十歳の誕生日プレゼントだった。事件当時も身に着けており、母親が事件直後に署に任意提出していた。事件を担当していた男性元警部補(61)=定年退職=が紛失を隠すために目録文書を偽造した容疑がある。

 

警部補は腕時計の記載があった押収品目録交付書を遺族の母親から回収し、破棄した。さらに「腕時計」の記載を削除して改めて渡した(「証拠品紛失を隠ぺい?遺族からリスト回収し破棄か」テレビ朝日2019年2月17日)。元警部補は「腕時計を遺族に返したように装うためだった」と述べた一方で供述が変遷しているという(「元警部補を書類送検 小4ひき逃げ 証拠紛失隠ぺい 埼玉県警」東京新聞2019年9月28日)。

 

埼玉県警は2019年9月27日、虚偽有印公文書作成・同行使と公用文書毀棄容疑で捜査に関わっていた男性元警部補(61)=定年退職=を書類送検した。県警は同日までに、証拠品管理に不手際があったなどとし、熊谷署の元交通課長代理や元警部補の上司ら5人を訓戒や所属長注意とした(「元警部補を書類送検=遺品紛失を隠ぺい疑い-埼玉県警」時事通信2019年9月27日)。

 

母親の代理人弁護士は「腕時計をなくしたことを隠すために文書を回収して破棄し、新たに虚偽の文書を作ったのではないか」と指摘。虚偽公文書作成の疑いがあると主張していた(「紛失遺品記載文書を破棄疑い 埼玉県警、元警官を書類送検へ」東京新聞2019年2月17日)。

 

母親は、「事件の捜査もいい加減だったのではないかと不安になっています。警察には本当のことを話していただいた上で、全力で犯人逮捕に向けて動いてもらいたいです」とコメントしている(「埼玉県警 証拠品の10歳男児“遺品”紛失」日本テレビ2019年2月17日)。

 

紛失を隠蔽した点で悪質である。子どもの大切なものをきちんと管理せずになくし、紛失をなかったことにしようとした。自己の責任逃れしか考えない公務員体質である。腕時計は遺族にとっては形見である。公務員感覚は民間感覚と乖離している。民間企業と異なり、税金が収入源のためにモラルハザードが起きている。

 

税金を使って働いて給料を貰っている自覚も無く再発防止もできず、毎日のように警察不祥事が起きている。不祥事が発覚すると杜撰な管理と隠蔽体質。調査をしても大した成果は出ない。警察不祥事は、もっと大問題にしないといけない。

 

警察組織はグループシンク(集団浅慮Groupthink)が起きやすい。不合理あるいは危険な意思決定が容認されやすい。集団の凝集性が高い場合や外部と隔絶している場合に起きやすい。グループ・シンクを避けるためには、異なった意見を十分に受け入れ、建設的な批判を重視し、選択肢の分析に時間をかけることが必要である。

 

埼玉県警では草加署刑事課巡査が遺族から金を騙し取る事件が起きた。警察の要求には一々合理的な目的を確認する必要がある。被害者や遺族にも警察対応で弁護士が必要になるのではないか。

続警察不祥事

Police Misconduct

I have published Amazon Kindle books of Police Scandal. I wrote Japanese articles about the Carlos Ghosn case criticizing human rights violations by Japanese criminal justice.


I am worried about police scandals, police corruption, police misconduct, police brutality, police violence, especially criminal behavior of Japanese police officers. Their actions include coerced false confession, dishonesty, intimidation, false arrest and false imprisonment. The specific types are physical or verbal harassment and physical or mental injury. Many of them are profit motivated and violence related.

 

Japanese police officers take inappropriate conduct and illegal or unethical actions in connection with their official duties. They exercise undue or excessive force against a civilian. They violate individuals’ constitutional rights. They break their political contract and abuse their power.
#PoliceScandal #PoliceBrutality #PoliceViolence #PoliceCorruption #PoliceMisconduct

続警察不祥事

 

東急不動産だまし売り裁判by総合企画はるさめ屋

Hello. I have a happy news today. The Master of General Planning Harusameya produced a video introducing “The Suit TOKYU Land Corporation Fraud” on April 29, 2020.


はるさめ@紹介動画 総合企画はるさめ屋棟梁 @halusamemaster さんが『東急不動産だまし売り裁判』紹介動画を制作されました。ノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』を紹介します。ありがとうございます。

 

紹介動画はCoolなPV; Promotion Videoに仕上がっています。ゾクソクさせてくれます。『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』のキーワードになる消費者契約法やノンフィクションを押さえています。「リアル不動産契約闘争 闘いの果てにあるものは」という終わり方は興味を惹きます。
動画の中のコピー「STOPだまし売り」はシンプルながら新しさがあります。「STOP詐欺被害」というコピーがあります。被害をなくすことは大切ですが、詐欺そのものをなくすことも重要です。被害に遭う方ばかり注意や努力を求められることは不公正です。


「STOPだまし売り」は「だまし売り」そのもののSTOPを求めています。ストレートで意味のあるメッセージです。依存性薬物問題ではNo DrugやAnti-drugというシンプルなメッセージがあります。だまし売り問題と依存性薬物問題には親和性があります。

紹介動画は黒基調です。これは過去の『東急不動産だまし売り裁判』紹介動画と重なります。書籍の表紙が白基調であることと対照的です。ブラック企業という言葉がありますが、不動産だまし売りにもブラックなイメージがあるのでしょう。

マンションだまし売りは悪徳業者の醜さが現れています。マンションだまし売りは最凶最悪行動です。東急リバブル東急不動産は超絶嫌いになりました。マンションだまし売り業者には先見性がありません。迅速かつ効率的な意思決定ができていません。消費者や住民の反感を分析できないため、計画の精度は向上せず、将来予測も高度化しません。

『東急不動産だまし売り裁判』は消費者の権利を強化し、デジタルトランスフォーメーションの拡大を支援します。消費者問題に取り組む人々のエコシステムを強化し、デジタル時代のライフスタイルを増進させます。価値観や倫理観を昭和の事業者優先から21世紀の消費者本位にアップデートします。『東急不動産だまし売り裁判』は喉が渇ききった人達にとっての水のようなものです。

紹介動画は、はるさめさんのTwitterで2020年4月29日に公開されました。はるさめさんは絶賛大好評の新進気鋭の動画屋です。新型コロナウイルス感染症拡大以前からビジネスチャットツールを利用して動画制作グループを立ち上げました。時代を先取りしています。林田力YouTube channelでも5月2日に公開しました。
https://twitter.com/halusamemaster/status/1255352458286714880


『東急不動産だまし売り裁判』紹介動画公開を記念して東急不動産だまし売り裁判Twitter @hayariki の固定ツイートを動画の引用ツイートに変更しました。合わせて固定ツイートではアカウント凍結時に応援してくれた方々も紹介しています。

不動産投資迷惑電話反対YouTube 3万回超

FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布反対運動の動画が2020年4月29日に視聴回数3万回を突破しました。林田力YouTube Channelで視聴回数3万回突破は4本目です。上位3本は全て東急不動産問題です。東急不動産問題以外で初の視聴回数3万回突破です。上位4本は全てマンション問題になります。


FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)はマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い業者です。点数稼ぎの営業は旧時代の営業です。社会的価値のある営業は問題解決型のカスタマーサクセスです。新型コロナウイルス感染症拡大で大きな転機を迎えている現在において迷惑勧誘電話営業の古さは際立ちます。


FJネクスト反対運動はFJネクストに対し、これまでの生き方、働き方、稼ぎ方、消費者や住民との繋がり方など全てを根本から見直すことを迫ります。FJネクスト反対運動は住環境を守りながら、消費者が迷惑勧誘電話や建設工事に妨げられずに暮らせる社会を目指し、自ら行動していきます。


My YouTube channel username is TOKYUFUBAI. This means “Boycott TOKYU”. As the username indicates, my channel has a lot of videos related to The Suit TOKYU Land Corporation Fraud. The videos of the top number of views is also a lot related to The Suit TOKYU Land Corporation Fraud. The username forms part of the URL.


I want to keep our entire community up to date on my channel. There are videos you do not want to miss. If you have not already done so, please watch videos of my YouTube channel. You can watch my YouTube channel with your friends online and chat as if you were together. If you are not the right person within your organisation to receive this information, I encourage you to forward this to the relevant person. Be cheerful, inspired, blessed, and safe!

FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布反対運動

 

 

My YouTube Channel surpassed 300 subscribers

My YouTube Channel surpassed 300 subscribers on April 27, 2020. Videos that have been viewed more than 10,000 times are listed below in order of the number of views.
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud: How to Win.
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud: Skit
Tokyu Land Corporation Brands City Kugahara Problem
Opposition Movement against FJ Next Gala Precious Higashi Azabu
Police Scandal
SDGS: Creating Towns where People Can Continue to Live
Opposition Movement against Futakotamagawa Rise
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud: Purchase Stage
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud: HDR


The Suit TOKYU Land Corporation Fraud can also be described as the Tokyu Land Corporation Deceitful Sale Trial. TOKYU Land Corporation deceptively sold the condominiums in Toyo, Koto-ku, Tokyo. I will use ICT; Information and Communication Technology to proactively disseminate information on consumer and real estate issues.

警察不祥事担当の警視庁巡査部長が府中市でひったくり

警視庁人事1課監察係の巡査部長(29、府中市白糸台)が東京都府中市の路上で女性からバッグをひったくったとして窃盗容疑で逮捕された。巡査部長は容疑を認めているという。ひったくりは強盗にならないのか。警察官が容疑者だと甘くなりがちではないか。


逮捕容疑は2020年2月4日午後10時50分頃、自宅近くの路上で、歩いていた70代の自営業の女性を自転車で追い抜きざま、女性が左手に持っていた現金4万円などが入ったバッグをひったくったとしている(「警視庁巡査部長を逮捕 自転車で女性のバッグひったくった疑い」毎日新聞2020年3月19日)。勤務を終えていったん帰宅した後だったという。

 

巡査部長は2017年4月に人事1課監察係に配属され、職員の不祥事に関する手続きなどを担当していた(「警察官を逮捕、70代女性からひったくり容疑 警視庁」朝日新聞2020年3月19日)。警察不祥事を担当する警察官が警察不祥事を起こした。警察組織の自浄能力のなさを指名している。情報公開と外部監察が必要である。

 

近時の警察不祥事では警察官が職務を騙って犯罪を行う警察犯罪が目に付く。埼玉県警草加署巡査(22)は死体検案名目で遺族から現金82万円をだまし取った。埼玉県警川越署巡査(25)は遺族に遺体の防腐処置費用として現金50万円をだまし取ろうとした。ひったくりは、より粗暴な警察不祥事のパターンである。

 

警察不祥事は人間のすることではない。警察不祥事は無神経の極みである。依願退職で人生リセットは許されない。花見自粛要請の中でも、外出自粛中でも警察不祥事は追及する価値がある。

続警察不祥事

YouTube視聴回数3万回超3本

林田力はYouTubeを運用しています。林田力YouTubeチャネルはマンション問題やグルメ、日本の観光スポットなどの動画が中心です。チャンネル登録や高評価(いいね)、コメントお願いします。林田力は皆様の動画を視聴することも楽しみです。

I am looking at your videos and learning so much from your channel. Very interesting! Nice video. Love this. It is wonderful and pleasing, properly prepared. Keep up the great work and the amazing content.

 

林田力YouTubeチャネルでは視聴回数3万回超の動画が2020年4月5日に3本になりました。視聴回数1万回超の動画は9本になりました。

  • 視聴回数4万回超

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』

  • 視聴回数3万回超

『東急不動産だまし売り裁判』寸劇

東急不動産ブランズシティ久が原問題

  • 視聴回数2万回超

FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布反対運動

警察不祥事

SDGs 住み続けられるまちづくりを

  • 視聴回数1万回超

二子玉川ライズ反対運動

東急不動産だまし売り裁判購入編

東急不動産だまし売り裁判HDR

 

林田力YouTubeチャネル動画の上位2本は東急不動産だまし売り裁判関係です。上位3本は全て東急不動産問題です。上位4本は全てマンション問題です。続いてSDGsと警察不祥事の動画が来ます。視聴回数1万回超の9本中6本が東急不動産問題です。9本中4本が東急不動産だまし売り裁判関係です。

 

新型コロナウイルス(COVID-19; coronavirus disease 2019)感染拡大による不動産不況が確実視されており、東急不動産だまし売り裁判が改めて注目されています。新型コロナウイルス対策は消費者の行動を変容させます。YouTube視聴時間が伸びています。




新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP