林田力
林田 力 『東急不動産だまし売り裁判』著者

林田力の活動報告です。

続警察不祥事

【書名】続警察不祥事/ゾクケイサツフショウジ/The Sequel to Police Scandal
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 
日本の警察不祥事や不適切な取り調べ、特に事実と異なる自白の強要は深刻である。警察官の不祥事が多い。警察不祥事や警察官の犯罪が頻発している。「酒、金、そして異性。警察官が道を踏み外す3大要素とされている」(今井良「1人の女性警官をめぐるトリプル不倫――最新の警察不祥事ランキング1位は「異性関係」」文春オンライン2019年8月9日)。報道されている不祥事は氷山の一角だろう。


警察不祥事は元々多かったが、揉み消し処理能力を上回ったのではないか。警察不祥事は昔からあったものの、隠蔽されており、今は昔よりは情報が出るようになったと考える。それにしても埼玉県警や京都府警で警察官が市民から金をだまし取る事件は悪質さの度合いが異なると感じる。


警察不祥事のレベルアップする背景には、警察による個人情報の取得があると考える。たとえば埼玉県警岩槻署の男性警部補は2010年2月から2014年6月にかけ、「捜査に必要」と偽り、知人女性の個人情報を照会するための書類を携帯電話会社などに提出した。公用端末での不正照会を含め、計10人66件の個人情報を不正取得した。この種の警察不祥事に徹底的な厳罰化しなかったことが警察不祥事のレベルアップになった。


警察官は信用できないと思われる行動が目に付いてきた。権威を笠に着て暴力を振るい、真実を覆い隠そうとする。事件を隠蔽する体質の組織が社会から非難されることは当然である。そこには不快と嫌悪の感情が生じる。人権は文明的で安定した社会を形成し、運営していく上で重要なものである。人権保障を骨抜きにすることは危険極まりない。ところが、日本では憲法を無法の解釈によって運用し、不当な扱いを繰り返している。忠誠心過剰で判断力過少の犬は救い難い。それは奴隷以下の卑しい存在ではないか。人間は考えることを止めたら終わりである。思考の放棄は駄目である。


腐った組織には情報公開が必要である。テレビ局は「日本列島警察不祥事24時」「警察官犯罪24時」を制作し、放送すべきである。高視聴率は間違いない。警察24時で犯罪者に対する厳しい対応が放送されている。警察官が起こした犯罪なら、それ以上に厳しい処罰をとらなければ公正ではない。


ネットニュースのコメント欄には以下のコメントが寄せられた。「先日前橋であったコンビニ強盗のニュースを映像でみましたが、機動隊まで出動して、最後は総出で犯人をボコボコにしてました。あれをみて、身内にもあれ以上のボコボコがあるのか?と思いました」。


警察不祥事は怒りや疑念を呼び覚ます。市民の憤り、恐怖と不安は想像を絶する。警察の対応は不信を育てる肥沃な土壌である。情報公開なしの警察改革はナンセンスの上にナンセンスを積み重ねるものでしかない。

林田力『続警察不祥事』

フランス

フランスを舞台とした作品のレビュー集
【書名】フランス/France
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

オクシタニア
『アヴェロワーニュ妖魅浪漫譚』異界に通じる森
『傭兵ピエール』弱さと熱い感情
『預言者ノストラダムス』歴史上の預言者を描く
黒王妃
かの名はポンパドール
二都物語
『革命のライオン』少しの勇気が革命を起こす
『バスティーユの陥落』口火を切る勇気
『聖者の戦い』怪物タレイラン
議会の迷走
『王の逃亡』人を馬鹿にした嘘への怒り
『フイヤン派の野望』ジャコバン・クラブの分裂
『ジロンド派の興亡』生存権
徳の政治
革命の終焉
バスティーユの陰謀
『マリーアントワネットの遺言』ブラック士業
偉人はそこまで言ってない。歴史的名言の意外なウラ側
ベルサイユのばら
マリー・アントワネットの料理人
第3のギデオン
イノサン Rouge ルージュ
象牙色の賢者
ルイ・ボナパルトのブリュメール18日
技師は数字を愛しすぎた
フランス政府のマドモアゼル廃止を歓迎
Boissonade
フランス集合著作物œuvre collective
9条3項の起源
集合著作物の概念
適用範囲
集合著作物の法的実体
集合著作物の独占権の期間

林田力『フランス』

イタリア史

イタリアを舞台とした作品のレビュー集。南欧を舞台とした作品も含めた。
東急不動産だまし売り裁判原告にとってイタリア語と言えば「Buon appetito!」である。東急リバブルが新築分譲マンションのセールスで消費者に配布したパンフレットや図面集には「Buon Appetito!」と書かれてあった。東急リバブルは消費者に「たっぷり召し上がれ」と言いたいようである。
しかし、セールスポイントが僅かの月日で皆無になってしまうマンションでは召し上がりようがない。「問題物件をたっぷり召し上がれ」と言いたいのか。綺麗な言葉で飾るだけの、実態を何ら伴わないパンフレットには消費者としては腹立たしい限りである。
History of Italy from ancient times into the modern age
【書名】イタリア史/イタリアシ/Italian History
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

ローマ人の物語
ハンニバル戦争
アド・アストラ スキピオとハンニバル
ガリア戦記
アグリッパ AGRIPPA
東急不動産だまし売り裁判とテルマエ・ロマエ
『テルマエ・ロマエ II』
『テルマエ・ロマエ III』
テルマエ・ロマエの長編化に賛否両論
『テルマエ・ロマエ V』
『テルマエ・ロマエ VI』
『ローマ美術研究序説』古代ローマ美術の多様性
『女教皇ヨハンナ』女性を抑圧したキリスト教の家父長的性格
ルネサンスの偉大と退廃
チェーザレ~破壊の創造者~
カンタレラ
ヴェネツィアのパトロネージ
時鐘の翼
オリーブも含めて
ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密
『ヒストリエ』古代ギリシアの風俗
宮廷画家のうるさい余白
アナーキストの銀行家 フェルナンド・ペソア短編集

林田力『イタリア史』

 

イギリス

イギリスを舞台とした作品のレビュー集
【書名】イギリス/Britain
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

アンヌウヴンの貴公子
強き者の島 マビノギオン物語4
そして誰もいなくなった
パディントン発4時50分
鏡は横にひび割れて
アクロイド殺し
詩人と狂人たち
『刑事たちの三日間』貧困都市の闇
エジンバラの古い柩
家政婦は名探偵
『骨董屋探偵の事件簿』オカルト推理小説
月蝕島の魔物
憂国のモリアーティ
『ピーター卿の事件簿』人権侵害的な取調べを戒める
『黒い壁の秘密』芝居かかった山岳ミステリー
『冬のフロスト』警察の腐敗
凍った夏
緋の収穫祭
怪盗紳士モンモランシー
分解するイギリス 民主主義モデルの漂流

林田力『イギリス』

『直江兼続』Amazon Kindle

直江兼続を扱った作品のレビュー。兼続は「愛」の前立てが有名な戦国武将である。兼続を主人公としたNHK大河ドラマ『天地人』は合戦シーンを省くなど低予算の印象がある。しかし、低予算の制作は質の低下を意味しない。
アメリカの投資家・ウォーレン・バフェットは以下のように述べている。「面白いことに、優れた番組というのは、粗末な番組とさほど変わらない予算でできるんですよ」(ジャネット・ロウ著、平野誠一訳『新版バフェットの投資原則』ダイヤモンド社、2008年、65頁)。価格と品質が比例するという発想は愚かな消費者のものである。
【書名】直江兼続/ナオエカネツグ/Naoe Kanetsugu
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

執着心のなさと悔恨『天地人』
『直江兼続』軍記物風歴史小説
義風堂々!!直江兼続 前田慶次酒語り
義風堂々!!直江兼続 前田慶次花語り
大河ドラマ『天地人』義のために悩みながら生きた武将

直江兼続

『ドリンク』Amazon Kindle

 

飲み物についてのエッセイ。

【書名】ドリンク/Drink
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 


お茶の科学
チャイとラッシー
ブルーボトルコーヒーが清澄白河に
秋葉原でリポビタンD無料試飲
ミネラル豆乳ダイエットに挑戦
豆乳に飽きたら大豆飲料
カゴメ野菜生活100 Smoothie
徳川デザインのコカ・コーラ
カロリ。ベジミックス
日比谷オクトーバーフェスト
豊洲オクトーバーフェスト
食彩厨房いちげん武蔵浦和店
人間を磨く感動のワイン会
旨い酒 御馳走読本
異世界居酒屋「のぶ」

中国史

中国を舞台とした歴史作品や現代作品の書評をまとめた。
【書名】中国史/チュウゴクシ/Chinese History
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

太公望
封神演義
キングダム
劉邦
三国志40人の名脇役
SOUL 覇 第2章
異色三国志『龍狼伝』
『龍狼伝 中原繚乱編』傀儡の皇帝も超人バトルに参画
龍狼伝 王覇立国編
蘭陵王
貞観政要
宋名臣言行録
敦煌
蒼き狼
ハーン 草と鉄と羊
シュトヘル
新☆再生縁 明王朝宮廷物語
大東亜の嵐
ジョン・ラーベ
YELLOW
中国は民主主義に向かう
データで読み解く中国の未来
中国のプレゼンス増大と日本
政治の混迷
明朝との類似性
中国封じ込め論と東アジア共同体構想
強いコリアが救世主
アリババ 中国eコマース覇者の世界戦略
アントフィナンシャル 1匹のアリがつくる新金融エコシステム
消費大陸アジア 巨大市場を読みとく
南京大虐殺の生存被害者の勝訴記念集会
東アジア歴史・人権・平和宣言と行動計画
空母いぶき
ダライ・ラマ自伝

月島草市に合わせてSDGs動画上映

月島草市に合わせて「みんなの子育てひろば あすなろの木」で中央区長選挙・中央区議会議員選挙立候補予定者公開討論会の動画などを上映しました。討論会では私が指定発言者として「SDGs 住み続けられるまちづくりを」を話しました。また、私のブログ記事「都市計画決定の処分性」も上映されました。


月島草市は2019年7月6日と7日に東京都中央区の月島で開催されたお祭りです。月島西仲通り商店街(もんじゃストリート)に露店や屋台が立ち並びます。元々は盆を迎えるための市で、苧殻(おがら)や焙烙(ほうろく)、ほおずき等の仏壇に供える飾り物や供え物を販売しました。草市は大勢の人々で賑わいます。7日は「あすなろの木」の窓を開けて放映し、通りすがりの方々は、何をしているか、興味を持ったようでした。

明治大正時代

日本の明治時代と大正時代を描いた作品のレビュー集。
【書名】明治大正時代/メイジタイショウジダイ/Meiji and Taisho Era
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 
https://www.amazon.co.jp/dp/B07V2ZHBWQ/

 

鍋島直正
西郷どん
西郷と大久保と久光
西郷隆盛その生涯
お登勢
ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ
『兵馬の旗~Revolutionary Wars~』現代感あふれる幕末物
『遺恨あり』藤原竜也が演じた被害者遺族の悲しみ
るろうに剣心 明治剣客浪漫譚
恵編
京都編
夏目漱石
火星人類の逆襲
いだてん 東京オリムピック噺(ばなし)
第10回「真夏の夜の夢」
第13回「復活」
黒龍荘の惨劇
『八甲田山死の彷徨』ブラック企業につながる
『坂の上の雲』日露の悲恋で第二部開始
司馬遼太郎の歴史観
「坂の上の雲」と日本近現代史
NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う
非欧米で唯一帝国主義化した日本の失敗
与謝野晶子の反戦思想
トロッコ
暁のARIA
大正電氣バスターズ
紀州藩元藩主家
パレス・メイヂ
大正ロマンチカ
北海道の洋服化への道
くらしと建物ものがたり-旭川動物園の町旭川と北海道編-
ゴールデンカムイ

金融

金融をテーマにした書籍の書評集。
【書名】金融/キンユウ/Finance
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

国家とハイエナ
メガバンク絶滅戦争
リストラ屋
圓さん、天下を回る
紙の月
過払い金を取り戻せ
街金王 池袋アンダーグラウンドの「光」と「闇」
ダブル・フェイス
コーポレートファイナンス 戦略と実践
人工知能が金融を支配する日
21世紀の資本
『資本主義最終章の始まり 大恐慌2009~2010』強欲資本主義の崩壊
日本銀行「失敗の本質」
大逆転! 小説三菱・第一銀行合併事件
大合併 小説第一勧業銀行
勁草の人 戦後日本を築いた財界人
埼玉の銀行
日本大沈没 明るい未来を迎えるための資産防衛術
大不況!!年収120万円時代を生きる
株とチャートでお金持ちになる!
『新版バフェットの投資原則』長期志向で高潔な投資家
『月光!マネー学』消費者のための資産運用
二階堂重人の株式デイトレード指南書
インベスターZ
徹底攻略コンドウ式日商簿記3級
貸借対照表
財務分析の安全性分析
売上高利益率
クラウドファンディング
家計簿




新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP