フロンティアFJネクスト迷惑電話

フロンティアやFJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト. FJ Next Co., Ltd. 8935)はマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い。投資用マンションを買ってはいけない。

築浅中古物件の価格下落などを研究すべきである。マンション投資は投資したコストに対するリターンが明確に予測できない。ワンルームマンション投資は希望的観測で物事を進めて失敗する典型例である。マンション投資は見せかけの損益であり、転げ落ち始めたら止まらなくなるだろう。マンション投資家は悲しみという名の立て続けに訪れてくる客人達から逃れる術はなかった。何も見えず何も聞こえぬ闇へ永遠に閉じ込められる。

ワンルームマンション投資は腐りかけの食べ物を毎日食べさせられるようなものである。迷惑電話営業は自分達の希望を作文しているだけである。迷惑電話営業は論理性が欠如したことを言っている自覚も無い。

悪徳不動産業者は間違った方法を廃棄できない。悪徳不動産営業は要領が良いことと狡猾であることの境目を理解していない。今の経営陣が引退するまで繋がれば良いという感じである。五輪まで持つか。国際問題になる前に厳しく取り締まらないと日本は立場を失うだろう。日本の行政は、性善説を前提にして経営者任せにしすぎている。抜き打ちで取り締まらないから全然犯罪が減らない。

投資用ワンルームマンションは立派どころか、なるほどと思わせるレベルにも達していない。投資用ワンルームマンションは、どのような人間が住むか分からない。投資用ワンルームマンションは騒音など夜の環境が気になる。投資用ワンルームマンションはオーナーが居住していないため、理事会への出席率も低く、マンションの管理状態が悪化する。分譲早々理事会が崩壊するだろう。 管理組合のやる気がないと管理会社がマンション維持に手を抜き、結局資産性が下がる。

ファッション雑誌でチェックすべきかっこいいアイテムとして商品が載る記事がある。そのような世界のセンスがワンルームマンションはゼロである。ワンルームマンションをホスト不在型の違法民泊にすることは観光から利益を得てない人からしたら迷惑でしかない。


林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』PV
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』Facebook
林田力Twitter




Yahoo!検索
林田力『東急不動産だまし売り裁判』
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook