ステーキのくいしんぼ過労自殺訴訟

林田力

「ステーキのくいしんぼ」渋谷センター街店の店長だった男性(24歳)の自殺は、長時間労働と上司のパワーハラスメントが原因として、埼玉県に住む両親が経営会社のサン・チャレンジと社長、元上司に計約7300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が2014年11月4日、東京地裁であった。山田明裁判長は自殺とパワハラなどとの因果関係を認め、同社側に計約5800万円の支払いを命じた。

自殺の2年前から上司から男性には、しゃもじで殴られるなどの暴行や嫌がらせが続いていた。「ばかだな」「使えねえ」などの暴言も繰り返されていた。また、自殺直近の半年間での休日はわずか2日だけ。勤務時間はほぼ毎月360時間を超えていた。裁判所は、度を越した労働環境が、男性を追い込んだと認定した(「ステーキ店長過労自殺 パワハラ、半年で休日2日だけ」産経新聞2014年11月5日)。

判決は両親の主張をほぼ認めた内容である。男性の両親は判決後に記者会見し「息子の名誉回復になった」と高く評価した(「<パワハラ自殺>元店長側訴え認定 両親「息子の名誉回復」」毎日新聞2014年11月4日)。過労自殺裁判では立正佼成会付属佼成病院事件がある。また、高額の損害賠償が認められた過労死訴訟に東急ハンズ心斎橋店事件がある(林田力『東急ハンズ過労死』Amazon Kindle)。

過労死の事実はブラック企業に自社の愚かさを突き付け続ける。寿命以外で人間が死ぬことは、正しいあり方ではない。過労死者の怨嗟の声は止まるところを知らない。背筋を氷塊が滑り降りるような感じになる。それは空調の所為でも、体調や飲み過ぎた酒によるものでもない。

「店長自殺、パワハラ原因=ステーキ店側に賠償命令―東京地裁」時事通信2014年11月4日
「「くいしんぼ」パワハラ訴訟 遺族が勝訴」NNN 2014年11月4日
「<パワハラ自殺>元ステーキ店長側訴え認め会社側に賠償命令」毎日新聞2014年11月4日
「ステーキ店長過労自殺 過失減額認めず勤務先に5700万円賠償命令 東京地裁」産経新聞2014年11月5日

佼成病院過労自殺裁判

立正佼成会付属佼成病院(東京都中野区)の小児科医だった中原利郎さん(当時44)は過労によるうつ病で自殺した。中原さんは1987年から同病院に勤務。99年3月から6月頃に精神的に不安定となり、うつ病を発症し、同年8月に同病院の屋上から飛び降り自殺した。1996年4月に小児科の当直勤務が始まると、昼夜分かたぬ過酷な勤務に追い詰められていった。

1999年初めに小児科部長が定年退職し、99年2月に小児科部長代行に就任後、2人が退職し、小児科の常勤医は3人に減った。過重な労働に拍車が掛かり、出勤が月29日に達することもあった。1カ月の休みはわずか2日だった。当直回数も激増し、3月の当直勤務は8回であった。連続32時間の勤務もあった。

「このままでは病院に殺される」と家族に訴えたこともある。少子化が進む中、部長代行として小児科の採算性に気をもみ、部下の分まで当直を引き受けていた。自殺当時、病院の机には「少子化と経営効率のはざまで」と題し、小児科医不足の現状や過重労働について書いた遺書のような文書が残されていた。

佼成病院過労自殺訴訟は労災認定と損害賠償の二つがある。労災認定裁判は妻のり子さんが労災と認めなかった新宿労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟である。のり子さんは2001年9月、労災保険法に基づく遺族補償支給を請求したが、新宿労基署は03年3月「うつ病と業務に因果関係はない。性格や生活習慣病などが原因で発病した」として労災と認めず不支給とした。東京地裁(佐村浩之裁判長)は2007年3月14日、自殺を労災と認め処分を取り消した。

判決は「宿直が多く睡眠不足だった上、全国的に小児科医が不足している状況下で医師2人が退職を表明。医師補充がうまくいかず、人間関係も悪化した。管理職として心理的負荷がかかり、遅くとも自殺の約2カ月前にはうつ病になっていた。自殺と業務には因果関係がある」と判断した。当直では疲労を回復できず、ストレスの要因になっていたとした。

判決後、のり子さんは「誇りをもって仕事に取り組んでいた夫が心身のバランスを失う一部始終を見ていた。労災認定は当然で、この結果が医療の環境改善の第一歩になってほしい」と述べた(「「過労や医師不足でうつ」 東京地裁、処分取り消す」共同通信2007年3月14日)。記者会見では「司法の良心に出会うことができた。国は医師を使い捨てにするような労働環境を改善してほしい」と涙ながらに訴えた(「「司法の良心に出会えた」 勝訴の妻、涙で改善訴え」共同通信2014年3月14日)。「判決は、医療現場の勤務体系見直しを迫る内容といえる」と評されている(「過酷な勤務 司法が警鐘」朝日新聞2014年3月15日)。

損害賠償請求訴訟は遺族が病院側に損害賠償を求めた訴訟である。一、二審とも賠償請求が退けられ、遺族は最高裁に上告し、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)で2010年7月8日に和解が成立した。病院側が遺族に700万円の和解金を支払う。最高裁は和解条項の冒頭で「裁判所は、より良い医療を実現する観点から和解を勧告した」と説明。医師不足を生じさせないことが国民の健康を守るために不可欠であることを、遺族側と病院側双方が確認することなどが盛り込まれた。

妻ののり子さんは「より良い医療の実現のための和解が、医療崩壊の阻止につながると信じる」と和解に応じた理由を話した。自身も小児科医の長女、千葉智子さんは「医師が現実に絶望して医療界を退くような社会は変わってほしい」と訴えた(「小児科医の過労自殺、最高裁で和解が成立」日本経済新聞2010年7月8日)。




林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』はFacebookページを運用しています。「いいね!」をよろしくお願いします。Facebookページに「いいね!」していただけますとご案内も届きやすいかと思います。情報をリアルタイムに入手できる手段として、まだ未登録の方には是非「いいね!」をお願いします。ページ上部にある「いいね!」のボタンをクリックして下さい。
シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです。Facebookでの記事に対するご意見、ご感想をお待ち申し上げます。一緒にFacebookを楽しみましょう。

【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』

フロンティアFJネクスト迷惑電話
市民団体の意思と多様性
ヘイトスピーチ問題
高齢者医療治療拒否・中止裁判
小選挙区論
TPP、国家戦略特区
懇ろセクハラ野次は九州と言い訳
新自由主義勢力と新自由主義思想
ノーベル物理学賞受賞の中村修二氏に複雑な声
ネオナチ・ツーショット写真の問題
ブラック企業は豊かな表現
変貌する自衛隊
『世界が食べられなくなる日』
マンション敷地二重使用と東急コミュニティー解約記
福島原発事故自殺訴訟
『標的の村』
放射脳カルトの加害性
ブラック企業は人種差別に非ず
日本海賊TV国連の自由権勧告
ブラック企業と左翼教条主義
日本海賊TV緑茶会の地方選応援
市町村消滅論と放射脳カルト
福島県産米の輸出再開
北九州市長選挙と放射脳カルト
世田谷区の空き家活用
放射脳カルトはヘイトスピーチ
都民参加への模索連絡会夏季討論合宿
細川護煕氏は福島県知事選挙で放射脳カルトと決別を
憲法と東アジア情勢
地方政治か国政か
新自由主義・市場原理主義・強欲資本主義
資本のアーバナイゼーション
秘密保護法とツワネ原則
FJネクストは障害
新運転・事故防ピンハネ返せ訴訟決起集会
放射脳カルト批判
「都政監視委員会」緊急発足会議
韓国社会運動の「いま」を知ろう
変えるな9条!葛飾憲法集会・集団的自衛権学習会
東急不動産だまし売り裁判と共謀罪
細川護煕勝手連総括と1.13東京連絡会
左翼的脱原発と放射脳カルト
統一候補擁立の前提



Yahoo! Japan
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook