新自由主義・市場原理主義・強欲資本主義

林田力

新自由主義(ネオリベラリズム)批判は市民運動界隈の定番であるが、そこで批判される新自由主義勢力と新自由主義思想は区別する必要がある。新自由主義勢力は国家権力を都合よく使って金儲けを追求する勢力であり、政府の失敗を避けるために市場を重視する新自由主義思想とは異なる。

たとえば新自由主義国家が「新自由主義理論の公式教義から系統的に逸脱している」との指摘がある(デヴィッド・ハーヴェイ著、渡辺治監訳『新自由主義−その歴史的展開と現在』「第三章 新自由主義国家」)。日本でも郵政民営化が逸脱を象徴する。東急リバブルが旧日本郵政公社から評価額1000円で取得した沖縄東風平レクセンターを4900万円で転売して暴利を得るなどの「かんぽの宿」問題は国家利権の分捕り合戦に過ぎないことを示している。

新自由主義思想と所謂新自由主義勢力を区別しなければ非効率な役所仕事に問題意識を有する市民の支持を得られなくなる。この問題意識から、所謂新自由主義勢力を市場原理主義という言葉で言い換える立場がある。その趣旨は大いに賛同する。

しかし、市場原理主義という言葉は正しい説明にならない。連中は市場原理に忠実ではなく、それが利益になるならば剥き出しの暴力を使ってくる。しかも、市場原理主義を批判的文脈で使うと、市場原理への憎しみが前に出てしまい、新自由主義思想と区別するという趣旨とは裏腹になりがちである。

私はハイエナ資本主義という言葉を使ったことがある(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』「東急グループはハイエナ資本主義の尖兵」)。死肉をあさる浅ましさが彼らの体質を表しているためである。東急不動産消費者契約法違反訴訟の取材でも東急グループをハイエナにたとえて批判した(佐藤裕一「東急不動産で買ってはいけない 被害者が 語る「騙し売り」の手口」MyNewsJapan 2009年9月3日)。『ハイエナ資本主義』(中尾茂夫著)という書籍がある。

但し、ハイエナ資本主義という表現にも形式面と内容面の欠点がある。形式面としては文字にすると長い。内容面としては「死肉をあさる」というイメージがあるからハイエナが負の意味を持つが、それがハイエナの全てのイメージではない。ハイエナから野生動物のたくましさをイメージする人もいるかもしれない。

別の表現として強欲資本主義がある。これも『強欲資本主義 ウォール街の自爆』(神谷秀樹著)などの書籍がある。強欲資本主義も連中の性格を表している。市場原理すら持っていない連中の無原則さを表している。強欲資本主義やハイエナ資本主義の良いところは、批判的文脈で使用することで資本主義批判に通じることである。

言うまでもなく強欲資本主義・ハイエナ資本主義の批判は資本主義の一形態の批判であって、資本主義全体への批判ではない。しかし、強欲資本主義・ハイエナ資本主義は資本主義の害悪を徹底したものであり、全ての資本主義に自戒を求めるものである。資本主義の文字が入っている用語を使うことで、この点が明確になる。

何故、資本主義批判かと言えば「日本は資本主義社会だから」で思考停止している人が多いためである。ブラック企業や貧困ビジネスなどの社会悪に直面しても「資本主義だから」で思考停止し、目をつぶる。それはカジノや脱法ハーブ(危険ドラッグ)の放置にもつながるだろう。冷戦の崩壊は必然であり、左翼教条主義が否定されることはいい。一方で反対側にも時代遅れの冷戦思考を引きずっている人々がいることは滑稽である。




【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』




Yahoo! Japan
林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook