新自由主義勢力と新自由主義思想

林田力

私は所謂新自由主義(ネオリベラリズム)勢力と新自由主義思想は別物と主張してきた。前者はハイエナ資本主義や強欲資本主義と呼ぶべきもので、都合のよいところで新自由主義を利用するだけである。その一例が東急リバブルかんぽの宿問題である(林田力『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』「新自由主義・市場原理主義・強欲資本主義」)。

一方で新自由主義思想は土建国家や官僚主導という旧態依然の日本政治で進歩的意味を持つ。但し、現実の新自由主義とされる政治勢力が揃いも揃ってハイエナ資本主義的であるという事実はある。ここからすると、新自由主義思想を純粋に貫くことは不可能ではないか、新自由主義思想に欠陥があるのではないかとの考えも出てくる。これに対しては以下の反論ができる。

第一に未だ現実に存在しないということは思想を追求する意義を否定することにはならない。既存の社会主義体制が全て全体主義に陥っていたとしても、それを理由に社会主義者が社会主義の理想を追求することを頭ごなしに否定できないことと同じである。

第二に新自由主義思想の現実的影響は一見正反対に見える北欧型福祉国家に見出だすことができる。これは御都合主義にならない新自由主義という面がある。福祉国家では企業は日本よりも容易に解雇できる。政府も仕事がなくなればポストを廃止する。この点では非常に新自由主義である。その代わり、失業した日から生活保護や雇用保険を受給できるなどセーフティネットが充実している。

本気で福祉国家を目指す場合、特定層の既得権化した福祉制度を壊す新自由主義的な改革も必要になる。現実に欧州で政権を獲得し、または獲得できそうな社会民主主義政党は、そのような主張で勢力を伸ばしている。新自由主義には進歩的側面があり、そこは積極的に推進したい。

勿論、これに対して、社会民主主義は新自由主義の補完勢力に成り下がった、左翼を再構築しなければならないという考えも一つの考えとして成り立つ。もし、それを望むならば、わざわざ新しい政治勢力に期待しなくても、既存の左派政党を盛り上げることで対応可能である。既存の政治勢力に相手にされない左翼活動家の吹きだまりになってしまうことは詰まらないことと考える。




【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』
『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』
『裏事件レポート』『ブラック企業・ブラック士業』『絶望者の王国』『歌手』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』




Yahoo!検索

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 東急リバブル広告 東急ストアTwitter炎上 東急ホテルズ食材偽装 東急ハンズ過労死 ブラック企業・ブラック士業 脱法ハーブにNO 東京都のゼロゼロ物件 住まいの貧困 東急不買運動 東急リバブル東急不動産不買運動 アマゾン ブログ ツカサネット新聞 リアルライブ 本が好き v林田力 家計簿 ワンピース 韓国 江東区 東陽町 世田谷区 写真 スレイマン 1ch 2ch 3ch Hayashida Riki hayariki tokyufubai amazon wiki wikipedia facebook