希望のまち東京in東部第46回市民カフェ「統一地方選挙」

林田力

希望のまち東京in東部は2015年4月30日、希望のまち東京in東部第46回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は「足立区政を語る集い」で使用する「いま若者は?(足立のアレフ、格差、貧困、こころ)」資料のレビューである。江東区長・江東区議会議員選挙など統一地方選挙も話題になった。

ニートや引きこもりの相談所「セーフティネットあだち」が足立区竹の塚にある。弁護士の貧困は深刻である。食い詰めた弁護士がブラック企業の先棒を担ぐブラック士業が社会問題になっている(今野晴貴『ブラック企業ビジネス』)。弁護士が増えていると言われるが、市民にとっては多い方が歓迎である。ブラック士業のような弁護士が懲戒されないことが問題である。事前規制から事後規制にシフトすべきである。

「足立区政を語る集い」のスタッフは8時50分集合とする。「足立区政を語る集い」のチラシをポスティングした。マンションばかりでは面白くないため、戸建てもポスティングした。色々な家があって面白い。

足立区議会議員選挙・足立区長選挙は2015年5月10日告示、17日投票である。自分のところの選挙が終わった人々も足立区に結集するといい。足立区民でなくても応援に駆けつけて欲しい。足立区議会に要望がある。委員会審議をインターネット放送して欲しい。葛飾区議会のように請願者に委員会で話させて欲しい。

足立区長選挙への出馬を表明している、斉藤まりこ氏が4月27日に足立区梅島で事務所開きを行った。事務所はバーのような造りである。母親が立ち上がったということをアピールするといいのではないか。自分達の身近な問題を訴えればいい。着るものも揃いのジャンバーでなくていい。面白く選挙をやりたい。

江東区議会議員選挙が4月26日に行われた。特定候補者が新聞報道で取り上げられた点はフェアと言えるか疑問がある。新聞社としては「落選する候補」と判断してのことだろうが、その票が他の市民派候補に入れば当選できたのではないか。その意味では新聞報道が選挙結果に悪影響を及ぼした。

江東区議会本会議で空き家問題を取り上げた議員が落選したことは残念である。江東区は公明党現職が落選した数少ない選挙区である。しかし、空き家問題では返信をもらっており、落選は残念である。

江東区は自民党現職も落選した。「熱血番長」をセールスポイントとしたが、ヤンキーは時代遅れの恥ずかしい風俗になっている。ヤンキーが流行った世代はあるが、他の世代は反感を抱くのではないか。

江東区長選挙は現職区長の批判票が5万に迫ったことは注目するが、批判票が割れた。現職が嫌でも革新的な政策を支持することにはならないのではないか。

渋谷区長選挙は無所属で新人の長谷部健氏が当選した。演説よりも対話を重視した。ネットを活用した。スタッフはLINEで情報を共有した。上意下達の政党とは対照的な選挙戦を展開した。

八王子市議会議員選挙で佐藤あずさ氏が当選した。佐藤氏の成人式シール投票のやり方は面白かった。分析も素晴らしかった。大田区議会議員選挙では野呂恵子氏(緑の党)が当選した。「足立区政を語る集い」に参加する、やこう恵美氏と同じ政党である。足立区議会議員選挙の応援演説で見られるかもしれない。

希望のまち東京in東部





#希望のまち東京in東部 #台東区 #足立区 #荒川区 #江戸川区 #葛飾区 #江東区 #墨田区 #市民 #政治 #seiji #イベント
Powered by 林田力
希望のまち東京in東部
希望のまち東京in東部