希望のまち東京in東部

希望のまち東京in東部第60回市民カフェ「戦争いやだ!市民青空フォーラム準備」

希望のまち東京in東部は2015年8月27日(木)、希望のまち東京in東部第60回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回のテーマは以下である。

〇「戦争いやだ!足立憲法学習会」イベントスケジュールと対応

〇戦争法案ぶっ潰せ江東行動パレード第二弾の対応

〇安倍政権打倒のための各地の討論会、パレード

○FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題の幟旗・横断幕

足立区では2015年9月13日(日)午前11時から午後1時まで「戦争いやだ!市民青空フォーラム」を北千住駅西口ペデストリアンデッキで開催する。グループでも個人でも誰でも参加できる。FacebookやTwitterで告知する。飛び入り参加も歓迎する。12時半から1時はリレートークを行う。話しているだけでは人は立ち止まらない。歌ったり、踊ったりすると立ち止まる。

希望のまち東京in東部が出展する。教科書問題を取り上げる。シール投票では辺野古基地建設への賛否、「日米地位協定を知っていますか」を問う。辺野古基地は安保法制の実行部隊である。神奈川県相模原市のアメリカ軍補給基地(米陸軍相模総合補給廠)で倉庫が爆発して全焼した。この事故でも日本は入れない。

墨田区で8月23日にパレードが開催された。子どもを抱えながらパレードに参加した。地に足ついた運動である。動員されての参加ではない。9月2日は台東区でパレードがある。横のつながりができていけば、地に足ついた市民運動になる。それができれば政治家も国民を舐めた政策を実行できなくなる。

戦争法案は滅茶苦茶である。答えられなくなり、言葉につまり、前と異なることを言う。自民党は選挙で負けている。不戦敗もある。公明党・創価学会票も離反しているのではないか。創価学会の会員も「話が違う」という人々が出ているのではないか。相当組織を引き締めているのではないか。

今の戦争法案反対の動きは60年代安保でもなかった。やり方がいい。封鎖するようなことはしない。母親が子どもを連れて参加する。運動の持続性がある。自分の場所で声をあげる。日常的になれば大きく変わる。昔のデモとは異なる。戦争は命の問題である。子どもの六人に一人が貧困家庭である。それを何とかすることが政治の役割である。東芝の粉飾決算の背景には原発がある。米国の原発メーカーを高く購入した。

安倍首相の談話と天皇の「深い反省」は、かけ離れている。安倍首相の談話には主語がない。上から目線である。不名誉な談話である。驚いたことに評価している人々が多い。支持率が上がった。前評判が悪過ぎたために、それほどでもなかったと評価する人が多いのではないか。官僚は汚い。

これは悪徳不動産業者と同じである。環境破壊のマンション建設計画について、最初は非常識な計画を出して、住民の批判後に少し譲歩する。それで住民に配慮したように見せかけるが、最初から織り込み済みである。FJネクストのガーラ・グランディ木場(江東区東陽)でも最初は隣地境界線から僅か51センチメートルのところに高層マンションを建設する非常識な計画を出したが、住民の批判に対して姑息にも境界線から61センチメートルにした。

市場経済が素晴らしいという人は、町の様子や商店街の様子を見るべきである。派遣労働者がどのような状況に置かれているか。物は一杯ある。物を買わなくなることは必然である。買わせるために安くしている。消費性向を貧困にする。環境を破壊する。物を大切にしない。どんどん捨てる。傘は消耗品になった。安いが、風に簡単に骨が折れる。

経済を考えることが重要である。幸か不幸か戦争法案に目が向いている。アベノミクスが駄目であることが明らかになっている。国の借金は甚大である。ヘッジファンドを儲けさせているだけである。バーチャル経済は実体がない。必ずどこかれ破裂する。もうアベノミクスを言わなくなった。日本の経済は中小零細企業が支えている。

民主党は「コンクリートから人へ」など良いことを言った。国民の辛抱も足りなかった。本当の民主主義は簡単に決定できない。日本の経済は福祉社会しかない。資本主義には欠点がある。「このような社会だ」を打ち出して欲しい。官僚をコントロールできなかった。情報を国民にも知らせて欲しい。

アベノミクスで経済は悪化している。非正規労働者は増えている。株価が上がっただけである。国民の資金を株式に投入した結果である。死ぬまでフリーターである。給料は上がらない。そのような人々が増えている。

労働者使い捨ての企業は、その場その場で利益を上げても長期的には成長しない。ワタミは経営が悪化している。国内既存店売上高は3年間マイナスになっている。居酒屋事業において店舗の撤退が続き、介護事業の状況も悪化している。ユニクロも中国では糾弾されている。

ホリエモンの発言が酷い。もっとまともな人と思っていた。刑務所で勉強していない。武藤議員なども同類と思うが、成功した人は人の痛みがわからない。自分の成功体験から自己責任論の信奉者になり、頑張ってどうにかならない人々の側に立って考えることができないのではないか。ホリエモンはナベツネと敵対した時は既得権益と闘う人というイメージで描かれたが、昔から本質は変わっていないのではないか。

FJネクスト・ガーラ・グランディ木場問題では幟旗・横断幕のデザインを提示した。横断幕の材質はトロマットである。ハトメが付いている。



希望のまち東京in東部





#希望のまち東京in東部 #台東区 #足立区 #荒川区 #江戸川区 #葛飾区 #江東区 #墨田区 #市民 #政治 #seiji #イベント
Powered by 林田力
希望のまち東京in東部
希望のまち東京in東部