希望のまち東京in東部TV再生リスト

希望のまち東京in東部第76回市民カフェ「空き家で起業」

希望のまち東京in東部は2016年1月21日(木)、希望のまち東京in東部第76回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は起業の場としての空き家活用が話された。

座間宮ガレイ「激おこ!選挙勉強会 全国ツアー第2弾in東京」が2016年1月10日に東京都文京区の文京シビックセンターで開催された。ゲスト講師に古賀茂明さんが登場した。そこで集まった東部の人達で1月21日に希望のまち東京in東部事務所で話し合った。人間は酷い。金のためならば何でもやる。日本は象牙の輸入が多い。感覚が麻痺するとアウシュビッツの虐殺も仕事でやってしまう。

江戸川区で2月7日にシール投票を開催する。西葛西駅近くにアーケードのある商店街がある。雨天でも活動できる。商店街の入口でシール投票を行う。質問は「各国の投票率について知っていますか」である。日本の投票率は低い。「投票に行きましょう」だけではない。先進国と比べればいい。地方選の投票率も見せたい。地方選の投票率は酷い。投票率が五割以上にならなければ再選挙すべきという考えもある。コンビニ投票も含めて投票の仕方を考える。

政府は公職選挙法を改正し、有権者が多く集まる駅やショッピングセンターなどにも投票所を設置し、居住する自治体内のどの投票所でも投票できるようにする。参院選での導入を目指す。24時間のコンビニ投票が一番いい。現在言われている不正選挙は紙の投票用紙だから起きることである。電子投票の方が安全にできる。既得権益があって改善されていない。

墨田区や江戸川区の人とも連携する。少しでも広げていく。希望のまち東京in東部事務所ができてから色々な人が来てくれた。「民主主義は壊したくない」「戦争に行きたくない」で集まれる。人間として当たり前なことである。緊急事態条項についても聞きたい。単純に「知っていますか」ではない。内閣が国会抜きで立法機能を行使できるようになってしまう。

先の参議院議員選挙で山本太郎候補の第一声は渋谷であった。盛り上がった。労働組合の旗を持っている人はいなかった。これまでの活動は堅く考えていた。文化的なところで自由が失われることに危機感を覚える。中学3年生に自衛隊の学校のダイレクトメールが送られてくる。安倍首相の答弁は普通の感覚ではできない。質問に答えない。関係ないことを話す。市民グループは多いが、メンバーは重なっている。広がっていない。民主党が政権をとった時には市民運動がなかった。「自民党が嫌だ」という声があった。

若い方をどれだけ惹きつけられるか。希望のまち東京in東部は空き家活用を進めている。中国人ら外国人の脱法ハウスの問題がある。どのように住んでいるかは分からないが、五月蝿いために近隣住民は分かる。だからと言って「中国人韓国人お断り」としてはならない。色々な国の人と一緒になって住むことが良い。

起業の場にする。商店街で活動する。住むだけでなく、仕事の場にする。誰も排除しない。皆でシェアする。住まいや仕事、それが政治である。住まいと仕事は若者にとって切実な問題である。そこができなくて「投票に行ってくれ」と言っても伝わらない。商店街は鉄道駅沿いに作られるものが多かったが、モーターリゼーションの中で衰退した。これからはダブルインカム、トリプルインカムが多彩になる。人と情報が重要になる。







#希望のまち東京in東部 #台東区 #足立区 #荒川区 #江戸川区 #葛飾区 #江東区 #墨田区 #市民 #政治 #seiji #イベント
Powered by 林田力
希望のまち東京in東部
希望のまち東京in東部