希望のまち東京in東部TV再生リスト

希望のまち東京in東部第77回市民カフェ「西葛西シール投票」

希望のまち東京in東部は2016年1月28日(木)、希望のまち東京in東部第77回市民カフェを東京都江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。今回は西葛西シール投票を検討した。

「わたかつ」(私たちの街頭活動チーム)が2016年1月24日に「超☆太郎対話」を開催した。山本太郎参議院議員を招いた、市民対話型のトークイベントである。山本議員は、安保法反対は昨年夏と比べて、今は熱気が萎んでおり、それだけでは厳しいと述べた。生活の問題を取り上げるべきとの話であった。朝堂院大覚氏や立花孝志・NHKから国民を守る党代表も参加していた。林田力は立花孝志氏と日本海賊TVの番組に一緒に出演した。

希望のまち東京in東部第23回シール投票を2016年2月7日(日)午後1時から3時まで江戸川区の西葛西で開催する。SMAPの問題を取り上げたらどうか。労働問題、ブラック企業問題に絡めて取り組んだらどうか。可能ならば奨学金の問題も取り上げたい。奨学金と自衛隊を絡ませる。投票率や奨学金について世界各国の比較を表にして提示する。

シール投票はSMAP問題、奨学金、緊急事態条項の3点とする。自由回答として安倍首相に一言。実のところ、SMAPは円満独立の予定であったが、木村拓哉が裏切って御破算になったという指摘がある。これが労働問題であり、若者の問題に通ずる。「SMAP解散騒動、キムタクは裏切り者か」。回答は「思う」「思わない」。中居正広と木村拓哉のどちらを支持するか。芸能事務所の実態を議論する。SMAPを切り口にして日本の社会の問題を語る。

緊急事態条項に対しては、憲法で参議院の緊急集会が規定されている。緊急事態条項は不要である。議会が存在しない事態を避けるために参議院は半数改選とした。安倍首相は外遊などを理由に臨時国会を召集しなかった。国会を無視している。海渡雄一弁護士が「自民党改憲案緊急事態条項はナチスの1933授権法と1938国家総動員法の再来だ!緊急事態条項は、国会の自殺につながりかねない」を出している。安倍首相は自分の都合のいいことばかりを言っている。

大企業は脱法的な納税回避をしている。ソフトバンクは純利益が788億円もありながら、法人税納税額は僅か500万円である。タックスヘイブンは問題である。タックスヘイブンを全世界的に阻止しようという動きがある。日本の大企業の租税回避はタックスヘイブンよりも控除の問題である。それならば解決策は石原慎太郎流の外形標準課税になるのではないか。

どうしてソ連邦は一国社会主義を選択したのか。あの時代状況で一国社会主義を採らなければ世界から袋叩きになったのではないか。『風の谷のナウシカ』は映画と原作は異なる。単純な自然保護ではない。日本の歴史は中国史と密接である。帝国になるとナショナリズムは弱まる。清朝においては国民であることよりも、モンゴル人はモンゴル人、チベット人はチベット人という意識が強かった。

ファシズムを考えなければならない。共産主義とファシズムには表面的に似ている点があることに注意しなければならない。「能力に応じて働く」という思想はブラック企業と外形的に似ている。金融資本主義が問題である。








#希望のまち東京in東部 #台東区 #足立区 #荒川区 #江戸川区 #葛飾区 #江東区 #墨田区 #市民 #政治 #seiji #イベント
Powered by 林田力
希望のまち東京in東部
希望のまち東京in東部