希望のまち東京in東部TV再生リスト

戦争と女性−描かれる/描いた 女性たち

長谷部俊昭

アベ政治に代わる政治の模索−行動しつつ考える市民の連続講座の2回目となる取り組みが、表題のテーマで18日に板橋で開催されました。学習会の前に、最寄の東武大山駅前で街頭宣伝が行われた。どの程度の影響があったは分かりませんが、何人かがビラをその場で読んでいる姿もあり、勇気づけられました。

話題提供は板橋在住で美術史研究者の吉良智子さんです。戦時期の美術史、特に女性画家たちの美術という今まで光があたっていなかた分野の研究に取り組んでいる方です。内容は戦時体制の私たちが持っているステレオタイプ的な認識を覆し、戦前の世論状況が現在と通じるものがあることを強烈に印象づけるものでした。

個人的な感想になりますが、現代の私たちにとっても考えるべきポイントは以下にまとめることができると思います。

1. 少なくない女性画家たちが、戦争美術に協力した
女性=反戦(あるいは戦争を忌避)というステレオタイプと違い、家父長社会の中で虐げられていた女性であるからこそ、戦争に協力したという歴史が突きつけれました。そこには、戦争という異常事態の中で、女性が役割を発揮することで「国民」として認められるという期待があった。女性画家たちだけではなく、戦後の女性運動を担った方々が戦中に多かれ少なかれ戦争協力したことや唯一女性の社会活動として許された国防婦人会などの戦争協力組織に女性たちが参加していった歴史も踏まえると、一部の女性画家だけなく当時の日本社会に共通してった傾向だったといえます。
現代にひきつけてみると、格差に苦しむ層が排外主義的な言動や弱者や正 社員や公務員バッシングに共感する傾向と重ならないだろうか。ママデモに参加する女性がいる一方で、「愛国女子」といわれる層がいることに通じるメカニズムがあるのではないか。
虐げられているが故に強権政治を支える側になるという逆説が戦中にも現代の日本にあり、4割前後の安倍政権支持率がそれを象徴しいるように思います。
どうすれば、それを変えられるかの答えはありませんが、これを変えることなしにアベ政治を変えることはできないように感じました。

2. 戦争推進のための「母性礼賛」
戦時体制を支える人的資源確保のため、戦争推進と「母性礼賛」の親和性の指摘は、ある種の衝撃でした。母の日や母子手帳(当時は妊産婦手帳)が戦前の戦争体制の文脈で作られた歴史と、戦時下の女性画家の重要なモチーフのひとつに母子像がある例は、否定しがたい事実として説得力があった。特に戦中の女性画家たちが描いた母子像と、安倍首相が集団的自衛権の説明に使った母子の絵が入ったフリップの類似性は象徴的だった。安倍政権が戦前の女性画家たちの作品や当時の文化政策を意識しているかは定かではないが、このモチーフ選んだのは偶然ではなく、今の政権が戦争を志向しているを露呈させたものではないかと感じた。
この事実からか考えるべきは、アベ 政治に反対する運動の言葉が、権力の側に利用されかねない危うさです。特に感情に訴える言葉は、訴求力がある反面、その傾向が強いではないか。
安倍首相は「日本の平和と安全を守るための集団的自衛権」という言説を繰り返しましたが、戦争推進も「平和」という看板で準備されます。これを「子どもたちの未来のため」、「子どもたちが安全に生きるため」などの「母性」に訴える言葉に変えてくることも想定されるではないでしょうか。
誇張されているとはいえ、中国や北朝鮮の脅威論は一定の事実に基いて流布されています。強大な軍事力を持つアメリカの要求に逆らって日本の安全が保たれるのかという漠然として不安感も一定存在しています。こうした状況の中で「母性」が権力に利用される 危険性は杞憂とはいえないと思いました。
運動としては感情に訴えつつ、理論的政策的な訴えも握って離さない姿勢が重要ではないでしょうか。それがアベ政治を支える層を変えていく力になるように思います。

以上は、個人的な感じたことです。内容をすべて網羅したわけではないので、興味のあるかたは吉良智子さんの「女性画家たちの戦争」をご参照ください。

この取り組みは、くらにデモクラシーを@板橋ネットワークと希望のまち東京in東部のコラボ企画です。次回は1月17日(日)午後6時30分から「安保法制廃棄後の安全保障」というテーマで、豊島区民センターで開催します。としま9条の会の協力も得て、戦争法を廃止したあとの安全保障を考えていきたと思います。1月3日には池袋駅前での街宣とスタンディング、当日の開催前に街宣も行います。後日、詳細な告知をいたします。






#希望のまち東京in東部 #台東区 #足立区 #荒川区 #江戸川区 #葛飾区 #江東区 #墨田区 #市民 #政治 #seiji #イベント
Powered by 林田力
希望のまち東京in東部
希望のまち東京in東部