林田力レビュー

書評や漫画レビューです。

【電子書籍】 裏事件レポート  |  『大河ドラマ天地人レビュー』  |  「江 姫たちの戦国」レビュー

【外部サイト】 書評  |  漫画

【レビュー】 エンタメ  |  書評レビュー  |  マンガ  |  『ONE PIECE』(ワンピース)  |  『NARUTO -ナルト-』  |  BLEACH―ブリーチ―  |  銀魂  |  ドラマ  |  モーニング娘。ハロプロ  |  AKB48

『龍馬を守った新撰組 禁断の幕末維新史』

加治将一『龍馬を守った新撰組 禁断の幕末維新史』(水王舎、2017年)は坂本龍馬と新撰組を中心に幕末の歴史を考察した書籍である。本書は長州藩をフグ帝国、薩摩藩をイモ帝国と書くような軽いノリで書かれている。真面目な歴史書を期待する向きは拒否感を持つかもしれないが、一会桑など歴史学の動向を押さえている。

幕末と言えば、日本が列強の植民地にされる危機的状況の中で多くの若者が国を守るために考えて行動した時代と肯定的に評価される傾向がある。政党名に「維新」が用いられるほど明治維新は人気がある。ところが、本書は、それ自体が列強の台本通りの出来事であったという。

薩摩や長州が善で幕府が悪という勝者の歴史観は見直しが進められている。NHK大河ドラマで会津藩を舞台にした『八重の桜』が放送される時代になった。大政奉還を進める龍馬と武力倒幕にこだわる薩長にズレがあったことも今では有名な話になっている。本書はさらに列強という要素を追加している。

本書は日本史上最大のヒーローと扱われがちな坂本龍馬も過大評価しない。バックの列強の看板があっての存在に過ぎないとする。しかも、商道徳の仁義を無視したために切り捨てられた。本書は龍馬の異端児ぶりを巧みに表現する。「オーケストラの奏者が、突如出現した態度のデカいラップスターをウザく思う気持ち」「お龍などというヤンキーみたいな、わきまえない女をどこでも連れ歩くのも鼻につく」(298頁)。言い得て妙である。

現実に龍馬のような存在がいたら、好きになるか嫌いになるかは立場や状況によって変わり得るだろう。異端児と言えば異端児であるが、ラップスターもヤンキーにしてもステレオタイプなカウンターカルチャーであり、本当の意味での革新ではない。想定内の異端児である。

もともと龍馬は司馬遼太郎など高度経済成長時代のスターであった。その後のポストモダンは絶対的権威を相対化させたが、カウンターカルチャーも相対化させた。カウンターカルチャーの中の欺瞞やダブルスタンダードを突く。白人至上主義を批判する黒人至上主義のダブルスタンダードを突くように。ポストモダンが当たり前となった現代に龍馬の過大評価への疑問が登場することは自然である。

最後に明治維新が薩長に都合よく進んだ要素として徳川家茂と孝明天皇の相次ぐ急死がある。幕府にとってあまりにタイミングの悪い急死である。暗殺説は色々なところに出回っている。本書は医師に一服盛られた可能性に言及する(257頁)。考えてみると医者は恐ろしいことができる立場にある。インフォームドコンセントやインフォームドチョイスの重要性を再認識した。

『強き者の島 マビノギオン物語4』

エヴァンジェリン・ウォルトン著、田村美佐子訳『強き者の島 マビノギオン物語4』(創元推理文庫、2017年)はウェールズ神話に基づくファンタジーである。ウェールズの神話物語集『マビノギオン』を米国の作家が再構築した。全4部作の最終巻である。

本書の主人公はウェールズの王国グウィネズの後継ぎグウィデオンである。「ウェールズ神話最大の英雄で神」と紹介される。確かにグウィデオンは魔法を駆使し、超人的である。それを英雄や神と称するならば、その通りである。しかし、その心根は俗物臭い。策を弄して他人を利用する点は卑怯である。それによって報いを受けている。その意味で本書は完全無欠名ヒーローの物語というよりも、教訓的な物語である。

実際、本書では相手が望まないことをさせようと策略を練ることは、力づくで奪うこととなんら変わらないと諭されている(350頁)。詐欺は強盗に等しい。悪徳商法が横行している現代日本にも有益な教訓である。

もう一つ有益な教訓がある。本書には悪事を続けて破滅したキャラクターが登場する。彼女は彼女の使用人や配下の魔法使いらも巻き添えにして滅びた。本書は使用人らも同情しない。彼らは館を出ることができたが、彼女の手足となるために館に残った。彼らも傲慢な彼女の魔法に酔いしれていたとする(513頁)。これも自分は末端であると思考停止して責任を感じない悪徳商法関係者に聞かせたい教訓である。

本書は結婚という習俗が異民族から伝わり始めた社会を舞台とする。それまで子どもは父親と母親から生まれるという認識もなかった。分かっていることは、子どもが母親から生まれることだけである。それ故に王族の女性が産んだ子どもが継承者になった。原始社会が女系社会であることが納得できる。

このような社会では恋愛しかない。女性は自分が好きになった人と付き合うが、熱が冷めれば離れる。これに対して結婚という制度が入ってくると女性は男性の縛られることになる。好きな人と一緒になるために夫を殺害する女性も現れる。女性の社会的地位低下が結婚で生まれたという帰結は考えさせられる。

『空母いぶき 7』

かわぐちかいじ著、惠谷治監修『空母いぶき 7』(ビッグコミックス、2017年)は軍事漫画である。この作品世界では自衛隊が空母を持っている。そして中華人民共和国が尖閣諸島や与那国島を占領し、自衛隊は奪還のために戦闘行為に入る。『沈黙の艦隊』で安全保障政策に一石を投じた著者らしい作品である。

本書では自衛隊員が中国兵を殺すことを躊躇う描写が繰り返し描かれる。これは現実的か。相手も武器を持っている状況で葛藤するだろうか。それほど余裕を持てるだろうか。ヒゲの隊長こと佐藤正久議員はイラクPKOで「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」状況にするつもりであったと述べている。これを踏まえると簡単に好戦的な方向に沸騰しそうな感じがする。

一方で本書に描かれた自衛官が自衛隊のリアルならば、普通の軍隊とは異質な、日本国憲法下の組織らしい組織と言える。自衛隊は人殺しの訓練をしているというような発言に対して激しい反発が起きるが、本書のような自衛隊イメージからは、それも自然な話になる。

政府も慎重である。攻撃予告は現実的か。現場が受け入れるか。但し、本書には中国との全面戦争は避けたいとの理由が解説されており、そこは納得できる。

『女信長』

『女信長』は織田信長が女性だったという大胆な仮説に基づいたテレビドラマの時代劇である。空想的な設定であるが、信長が鉄砲を好むなど歴史的事実に納得できる理由付けがなされている。原作は佐藤賢一の同名小説である。佐藤賢一はフランス歴史小説をメインとする作家であるが、幕末の庄内藩と庄内藩御預かりの新徴組を描いた『新徴組』など作品の幅を広げている(林田力「佐藤賢一と藤本ひとみ 〜フランス歴史小説から幕末物へ」日刊サイゾー2011年10月17日)。

脇役が明智光秀(内野聖陽)、羽柴秀吉(伊勢谷友介)、浅井長政(玉山鉄二)、徳川家康(藤木直人)とイケメン揃いである。このために『美男ですね』や『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス』のように男装のヒロインがイケメンの中で過ごすドタバタ劇を連想するが、重厚な時代劇である。

羽柴秀吉がスマート過ぎて、一般的な秀吉像とはギャップがある。もっと秀吉は下品なイメージがある。しかし、秀吉の違和感は終盤の野心をあらわにするシーンで帳消しにされた。ここでは秀吉の下種さが見事に出ている。このシーンで伊勢谷友介のキャスティングがはまった。

ドラマは原作に忠実に展開するが、最後はドラマ的な希望を持たせた形で終わらせている。この爽やかさは原作とは対照的である。共に小説らしさとドラマらしさが示されている結末である。

『ドンケツ 22巻』

たーし『ドンケツ 22巻』(ヤングキングコミックス、2017年)は月輪会の内紛の続きである。朔組の若林が描かれる。若林は表紙にもなっている。

若林は前巻で薬物に依存し、破滅が仄めかされていた。そのために薬物依存者の惨めな最後が予想された。しかし、この巻では無念ではあるものの、極道としては立派な散り方であった。薬物はキッパリと止めている。主人公サイドの人間らしく描かれた。

ヤクザは反社会的勢力であるが、半グレ・ヤンキーとの闘いではヤクザを応援したくなる。「暴走族や愚連隊のような社会に迷惑をかける集団をヤクザが叩きのめすことは勧善ではないとしても、懲悪のカタルシスがある」(林田力「『白竜LEGEND』第19巻、愚連隊は敵役としても力不足」リアルライブ2011年10月27日)。

半グレ・ヤンキーは薬物を蔓延させる社会悪である。この巻では半グレ勢力が九州を海外からの薬物輸入の窓口にしようとしているのではないかと語られる。この点でもヤクザが半グレを叩き潰す展開を期待する。

但し、この物語の奥深いところは、敵を半グレ・ヤンキーで終わらせず、その後ろに骨のあるヤクザを置いていることである。半グレ・ヤンキーは叩きのめされるだろうが、敵のヤクザは意地を見せるだろう。それが展開を予想しにくくしている。

『市民社会論 理論と実証の最前線』

坂本治也編『市民社会論 理論と実証の最前線』(法律文化社、2017年)は市民社会を論じた書籍である。政府でも企業でもない第三の組織として市民社会を論じる。

本書のスタンスは伝統的な市民イメージとはギャップがある。何しろ本書は「はじめに」で市民とは「反権力志向の面倒くさい人たち」のことではないと述べている。また、本書は運動から距離を置くとも述べている。これは昭和的な市民運動家にとって衝撃だろう。

本書は大学のテキストとして利用されている。つまり、大学で市民運動を学んだ学生は本書のようなスタンスに触れているということである。仮に昭和的な市民運動の一部に継承する価値があるとしても、ここを理解して相手に響く主張をしなければならない。さもなければオールド同窓会にしか映らなくなる。

昭和的な市民運動とのギャップには、新自由主義がある。本書は新自由主義に批判的な論者も含めて、新自由主義の隆盛を直視している。後房雄氏のように新自由主義を積極的に評価する論者もいる。「新自由主義は単なる保守派のイデオロギーや政策としてでなく、左右共通に取り組むべき時代の課題」(264-265頁)。

編者の坂本治也氏も以下のように指摘する。「政府はモラルハザードや失敗した際の有権者からの避難回避という理由から、前例踏襲主義に陥りがちとなり、先駆的な新規サービスの提供に乗り出しにくい。それに対し、市民社会が提供する公共サービスは、個別のニーズに応じて、より多様かつ柔軟に行われる」(13頁)。

この論理は官僚制の非効率を説く新自由主義と親和性のあるものである。市民社会を重視する立場が新自由主義の素養を持つことは当然となる。但し、第10章では市民社会から政治性が後退することを危惧している。「新自由主義のなかではさまざまなかたちでラディカルな政治性は除去され、「協働」的なものへと切り詰められていく」(175頁)。

昭和の市民運動の政治性が冷戦と連動した社会主義イデオロギーの濃厚なものであったことは反省されるべきであろう。その意味の政治性が後退することは自然である。しかし、市民の問題意識には社会構造そのものへの不満もある。たとえば就職氷河期のロスジェネ世代には世代間不公平への問題意識がある。決して「協働」的なものだけが建設的ではない。ラディカルな政治性を否定しない。

最後に学問的には表面的と感じられた点は排外主義の扱いである。最終章で排外主義を特集するが、ステレオタイプな否定的評価で終わっている。逆にカウンターを評価する。第2章でも脱原発運動と並ぶ社会運動と言及するが、評価は最終章と同じである。

私は排外主義を肯定するつもりはないが、昭和の市民運動の継承ではなく、新たに起きた運動として学問的に分析する価値があると考える。戦後民主主義に対するカウンターカルチャーの面がある。また、カウンター運動も貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者が行っているものもあり、十把一絡げに評価できるものでもない。独善性やダブルスタンダードを批判することができる。

以上より、本書の排外主義の扱いには不満がある。多様性を唱えるならば、戦後民主主義を疑問視する思想も尊重するものであって、戦後民主主義を守るために多様性を唱えることは矛盾する。但し、本書が大学生向けの教科書として書かれたことを踏まえると、排外主義に流れないための教育的内容になっていると言える。

『凍った夏』

ジム・ケリー著、玉木亨訳『凍った夏』(創元推理文庫、2017年)は現代英国を舞台とした推理小説である。タイトルの『凍った夏』は不思議な表現である。物語の季節は真冬である。凍死者が出る。寒さの厳しさの描写が生々しい。『凍った冬』がしっくりくるほどである。

勿論、『凍った夏』のタイトルは誤植ではなく、意味がある。人生を狂わされた人にとって、まさに凍った夏であった。狂わせた側の身勝手さに怒りを覚える。主犯だけが因果応報の結末に対して、他にも悪人はいると不満があるものの、その思いを抑え込むほどの異常性が主犯にはある。

本書は推理小説である。帯には「純度100%の謎解き」とあるが、オーソドックスな推理小説とは趣が異なる。探偵役は当事者であった。探偵役の推理はポンコツである。真相は別人から語られる。しかし、そこに至るまでには探偵役の丹念な調査があった。この点で真相への到達は探偵役の成果である。

また、本書には一つの事件だけでなく、様々な事件が出てくる。それらには本筋と関係するものもあるし、関係しないものもある。目の前の事件の解決に専念できる一般と探偵は逆に恵まれていると感じた。

本書は冬の自然の厳しさだけでなく、社会問題の描写も生々しい。薬物問題などを描いている。配管工を装い訪問販売する詐欺業者は日本の悪質リフォーム業者と重なる。人手不足を口実に警官が事件を真面目に捜査しない点も日本と重なる。刑事にも因果応報の明暗があるところは考え込まれている。

主人公は新聞記者であるが、本書はマスメディア関係者を嫌う側の論理も描いている。プライバシーを詮索する取材に対して、ある登場人物は「そういうあんたの人生については、なにを聞かせてもらえるのかな、ドライデンさん?奥さんは?彼女のことを愛している?子供は?」と返す(334頁)。マスメディア関係者から詮索を受けた際に使ってみたい返しである。

『君の名は。 Another Side:Earthbound』

加納新太『君の名は。 Another Side:Earthbound』(角川スニーカー文庫、2016年)は映画『君の名は。』のサイドストーリー集である。映画では分からなかった箇所の説明になっている。三葉と入れ替わった瀧、テッシー、四葉、父の四人が視点人物になる。

テッシーが三葉(瀧が入れ替わっている)に異様に協力的であったが、破壊願望を持っていたことが分かる。彼も村社会に縛られ、抑圧されていた。父親の町長選挙を支える土建屋の息子を親友と設定する必然性に疑問があった。閉鎖的な村社会を嫌い、自由な都会に憧れる三葉の思いがぼやけるためである。しかし、テッシーの葛藤が分かると御曹司の設定も意味を持つ。

最終章の父親の話は、避難訓練の謎を明らかにする。建設業者と癒着した政治家という古い村社会の象徴的存在の父親も実は古い糸守町を脱却しようとしていた。それでいながら、ここ一番の時に糸守町の運命に従って行動する。父親は三葉が対峙する存在でも三葉が乗り越える存在でもなく、三葉と全く同じ存在であった。近代文学とは構図が異なる物語である。

『小説 君の名は。』

新海誠『小説 君の名は。』(角川文庫、2016年)は、大ヒット映画『君の名は。』の小説版である。映像美が注目された作品のため、小説はどうかと思われたが、映画の世界に忠実である。読みながら音楽が聞こえてきそうであった。

あれだけの大ヒット作である。称賛の声は巷に溢れている。私が新たに何か付け加えるならば、どうしても不満な点になる。辛口になっているが、ご容赦いただきたい。

映画でよく分からないとの意見が出た糸守町の避難訓練であるが、小説でも説明されていない。どうやって宮水三葉が父親を説得したか見せ場になりそうなところである。三葉は元々、閉鎖的な糸守町が嫌で東京に出ていくことを望んでいた。父親は建設会社と癒着して町長に当選した古い村社会の象徴である。その葛藤もある筈である。二人の物語がメインだからと言ってカットして良いか(これは『君の名は。 Another Side:Earthbound』で描かれる)。

次に指摘したい点として、糸守町の自然と東京の高層ビル群を共に素晴らしい風景と描くのはどうだろうか。飛弾の自然に異論はない。しかし、高層ビルは住環境や景観を破壊し、街のあり方として高層化が見直されつつあり、手放しで称賛できない。立花瀧が就職活動で建設業界を志望している点も合わせると建設業界に甘いのではないか。

これは著者のリップサービスがあるのではないか。著者は大成建設のコマーシャルを制作している。むしろ、建設会社のコマーシャルを制作するような立場の人でも建設業界と政治の癒着を自然に表現してしまうほど土建国家の問題は根深いと考えるべきか(林田力『外環道リスク』「談合」)。

最後に主人公らは簡単に記憶をなくしている。自我を最大の関心事とする近代文学的な視点からはどうなのかと感じてしまう。人は運命の与えた役割を果たすだけの存在なのか。好きな人が運命で決められてしまうことに恐ろしさを感じないだろうか。運命など関係なく、やりたいことをやるのが近代人ではないか。

毎日が発見と驚き『よつばと!第8巻』

本書(あずま きよひこ著、電撃コミックス、2008年8月27日発売)は「月刊コミック電撃大王」に連載中のコメディ・マンガの単行本である。主人公の5歳の少女「小岩井よつば」の新鮮な日々を綴った作品である。

タイトルの「よつばと」は主人公の名前「よつば」に英語のandに相当する並立助詞「と」を付したものである。これは『よつばと!』を構成する各話のタイトルと関係する。本作品では各話のタイトルは「よつばとたいふう」「よつばとおまつり」のように「よつばと○○」となっている。○○には、その話の主題となる「よつば」が体験したものが入る。『よつばと』は「よつば」と「よつば」が経験した物事の総称を象徴する。

本作品は一話完結のオムニバス形式である。しかし、各話は別個独立しているのではなく、連続している。表紙の「よつば」が法被を着ていることが示すとおり、この巻では「よつば」が祭りに参加する話がある。

それより前の話で法被の購入について登場人物が話し合っていた。「よつばとおまつり」を読むことで、お祭りのために法被を買おうとしていたことが認識できる。このような仕掛けによって「よつば」達が連続した日々を送っていることが実感できる。これは本作品をリアリティのある構成にしている。

『よつばと!』のキャッチコピーは「いつでも今日が、いちばん楽しい日。」である。それは決して過去をリセットして今を楽しむ刹那的な発想ではない。過去の積み重ねが現在を構成する。そして過去の蓄積を踏まえた上で、現在において新たな発見をすることで、今日を一番楽しい日とする。

本作品は自由奔放な子どもの言動が周囲の大人を振り回し、それが笑いを誘う。この点で臼井儀人の『クレヨンしんちゃん』と比較したくなるが、両者はコンセプトが異なる。「野原しんのすけ」は現代社会にどっぷりつかったマセた子どもである。これに対し、遠くの島で育った「よつば」は日本の都市生活そのものが初めての経験である。「しんのすけ」は子どもらしくない言動で周囲を振り回す。一方、「よつば」は初めての経験からの純粋な驚きがベースとなっている。

そして「憎まれっ子世にはばかる」的な「しんのすけ」に対し、「よつば」が自由奔放に行動できる背景には周囲の人々の暖かさがある。「とーちゃん」や、その友人のジャンボ、隣家の綾瀬家の母親のように「よつば」と正面から向き合う度量をもった大人は現実には中々存在しない。これは会社人間では無理である。実際、「とーちゃん」の仕事が翻訳家で、家にいることが多い点が本作品の基本的な設定になっている。

社蓄とまで言われる会社人間的生き方は、既に多くの人々にとって魅力的なものではなくなっている。しかし正社員にならない非正規雇用にはワーキングプアという現実がある。会社人間を否定したとしても豊かな生活には直結しない。

現実の日本社会には「よつば」を受け入れるだけの余裕はなさそうである。本作品が愛しく感じられるのも、毎日が新鮮だった子ども時代を回顧させるだけではない。格差が拡大し、社会から余裕が失われた現代日本において、望み得ない日々が描かれるためと考える。

『よつばと!』第11巻、脇役が主人公を翻弄する逆パターンも

あずま きよひこがは『月刊コミック電撃大王』に連載中の漫画『よつばと!』第11巻が、11月26日に発売された。『よつばと!』は5歳の少女「小岩井よつば」の新鮮な日々を綴ったコメディである。

遠い海の向こうの島から引っ越してきた「よつば」にとって日本の都市生活は初めての経験で、驚きの連続であった。この巻でも、「よつば」は、うどん屋のうどん製作や宅配ピザ、栗拾い、写真撮影などを体験する。

都市生活に慣れている読者にとっては当たり前のことにも「よつば」は驚く。何事も当然のように感じてしまい、発見も驚きもない日常を繰り返しがちな読者にとって、「よつば」の反応は思いもよらないものである。それが笑いを誘う。

好奇心いっぱいの「よつば」からは、ヨースタイン・ゴルデルのベストセラー作品『ソフィーの世界』を想起する。『ソフィーの世界』で哲学者アルベルト・クノックスはソフィーに、赤ん坊は偉大な哲学者であると繰り返し主張した。赤ん坊にとっては世界の全てが新しく珍しいため、当たり前と決め付けることはない。この世界に来たばかりの存在である赤ん坊は、習慣の奴隷になっていないためである。これは「よつば」にも当てはまる。

一方で連載の長期化によって「よつば」も都市生活に馴染んできた。当初は「よつば」の人間関係は小岩井家と隣の綾瀬家をチャネルとしていたが、うどん屋のように独自の人間関係も築き始めた。初対面の大人とも仲良くなれる「よつば」の才能である。

都市生活に馴染んだために「よつば」が極端な言動で周囲の大人を振り回す要素は弱まった。代わりに脇役の言動が笑いを補い、「よつば」を振り回すほどであった。安田はシャボン玉作りで「よつば」と張り合う。複数の道具を用意し、それを小出しにして「よつば」を翻弄した。

また、「よつば」にとっては家族同然のぬいぐるみ「ジェラルミン」が事故に遭う。普段は自由奔放で明るい「よつば」の落ち込む姿が描かれる。「よつば」を慰めようと綾瀬風香は「ジェラルミン」の目線で語りかけるが、逆に「よつば」からドン引きされてしまう。綾瀬あさぎが「ジェラルミン」を修繕するが、動物を治療するように扱い、「ジェラルミン」を生き物のように思っている「よつば」に合わせている。

『よつばと!』の魅力が日本人離れした純真な主人公「よつば」のキャラクターに多くを負っていることは事実である。しかし、「よつば」を見守る脇役達も余裕を亡くした現代日本社会では珍しい子ども心を持ったキャラクターである。これが作品世界を重厚なものにしている。(林田力)


林田力Twitter
http://twitter.com/hayariki
東急不動産だまし売り裁判【Books】-林田力|経済・ビジネス
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3640068
林田力 - 東急不動産だまし売り裁判 - こうして勝った : 本
http://favotter.net/user/hayachikara
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った - 林田力/著
http://makura.chakin.com/
林田力:東急不動産係長が顧客に脅迫電話で逮捕、犯罪者に
http://hayariki.sa-kon.net/
林田力:ブランズ文京小石川Park Frontで近隣住民が工事被害
http://hayariki.x10.mx/
林田力『こうして勝った』
http://hayariki.blog.so-net.ne.jp/
林田力こうして勝った
https://sites.google.com/site/hayariki9/
林田力 北国wikiブログ
http://hayariki.sapolog.com/
林田力に関するジオログ
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc2
林田力『こうして勝った』さんのタウンノート
http://www.townnote.jp/note/hayariki
前敦&林田力&沖楽wikiブログ
http://hayariki.cocolog-nifty.com/blog/
林田力botブログ
http://hayachikara.blogspot.com/
林田力 福笑いネット
http://hayariki.fukuwarai.net/
林田力ブログwiki
http://d.hatena.ne.jp/hayariki2//
Paper.li - Publisher profile for 林田力wiki
http://paper.li/~/publisher/582618
コトノハ - 林田力さんのコトリスト
http://kotonoha.cc/user/hayariki
林田力ドラマ
http://hayariki.side-story.net/
『こうして勝った』林田力の書評
http://book.mamagoto.com/
林田力グルメ
http://hayarikigu.ko-me.com/
絶望者の王国 - 林田力
http://p.booklog.jp/book/8936

林田力『東急不動産だまし売り裁判』

Twitterで日々の出来事をつぶやき中。SNSをご利用であれば、林田力と交流しませんか。林田力のtwitterへのフォローやFacebookへの「いいね」は大歓迎です。
I invite you to follow me on Twitter @hayachikara and join the conversation. Have you checked out my account? Thanks for following me. I will follow you right back. I hope you will enjoy my tweets. Enjoy the rest of your day.
林田力『東急不動産だまし売り裁判』をメール、ブログ、twitter、facebook、mixiなどで広めて下さい。拡散よろしくお願いします。シェアして拡散していただけるともっと嬉しいです!Facebookタイムラインのトピックスにも「いいね!」「シェア」をよろしくお願いします。皆様の御理解と御協力をお願いいたします。Please visit and like my Facebook. Thank you!
最後までお読みいただきありがとうございます。


林田力