月別アーカイブ:2019年07月
林田 力 『東急不動産だまし売り裁判』著者

警察官をスカート内盗撮で逮捕

警察官が女性のスカートの中を盗撮する事件が各地で起きている。北海道警察本部自動車警ら隊の巡査長(28)は札幌市内の商業施設で女性のスカートの中にカメラを向けたとして逮捕された。2019年7月16日午後7時頃、10代の女性客のスカートの中にカメラを向けた道迷惑行為防止条例違反の疑いが持たれている。


大阪府警交野署地域課の巡査(26)=大阪市東成区=も、女性のスカート内を盗撮しようとしたとして府迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕された。逮捕容疑は2018年11月24日午後10時半頃、大阪市天王寺区の大阪メトロ長堀鶴見緑地線玉造駅の上りエスカレーターで、20代女性のスカート内に後方からスマートフォン(スマホ)を差し向け、盗撮しようとしたというもの。下着を盗撮する目的とする(「盗撮目的でスカート内にスマホ 容疑で大阪府警の巡査を逮捕」産経新聞2018年11月25日)。


女性が違和感で振り向くと、スマホを手にした巡査が「すいません」と言ってエスカレーターを逆走。別の階段から改札に上がったところを女性らに確保された(「スマホで盗撮 大阪府警巡査を迷防違反容疑で逮捕」毎日新聞2018年11月25日)。


大阪府警は巡査の逮捕を25日に発表した。「スリルと盗撮する達成感を味わいたかった」と供述しているという(「「スリルと達成感味わいたく…」盗撮容疑で府警巡査逮捕」2018年11月25日)。スリル達成感を味わいたいというところに異常性が表れている。違法捜査や冤罪作りもスリルや達成感を味わいたいというメンタリティからなのだろうか。


この事件と似た事件に和歌山県警巡査の盗撮事件がある。和歌山県警巡査は2018年9月9日、大阪メトロ日本橋駅の階段で女性のスカートを盗撮し、盗撮を注意した人に怪我を負わせて傷害容疑で逮捕された。盗撮の仕方や発覚後の逃走が共通する。


プールの盗撮でも埼玉県警蕨警察署の巡査部長(43)が東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕されたり、埼玉県警公安2課課長補佐の男性警部(57)が書類送検されたりしている。性犯罪の手口が組織内で共有されているのではないか。


警察不祥事の中で性犯罪は多いジャンルである。2019年上半期に懲戒処分を受けた警察官と警察職員は全国で113人。処分理由は「異性関係」が最多の35人で、内訳は強制わいせつ8人、盗撮7人、セクハラ6人。窃盗・詐欺・横領など27人(八木拓郎「警察の懲戒処分113人、最多は異性関係 今年上半期」朝日新聞2019年7月18日)。変態警察官が多過ぎる。

滋賀県警巡査部長が同僚女性の尻を複数回触り懲戒

滋賀県警の30代男性巡査部長が同僚女性の尻を複数回触るなどわいせつ行為をした。巡査部長は2019年6月8日午前2時頃、草津市の路上やコンビニで後輩の女性職員の尻などを触った。2人は職場の懇親会などで4時間ほど飲酒しており、他の同僚3人とともに帰宅途中だった。巡査部長は1度尻を触った後、女性職員に「やめて」などと咎められたが、再び触った。午前2時まで懇親会が続く警察組織の体質も問題視されるべきである。

 

巡査部長は2019年6月27日付で減給100分の10(6カ月)の懲戒処分を受けた。巡査部長は同日、依願退職した(「巡査部長が同僚女性の尻を複数回触り懲戒 飲酒し「出来心で…」」京都新聞2019年7月20日)。

 

富山県警では男性巡査部長が女性職員にセクハラ行為を繰り返した。男性巡査部長は2017年に女性職員の体を触ったとされる。女性職員が先輩に相談し、セクハラ被害が発覚しました。巡査部長は2018年4月26日付で減給10分の1の6か月間の懲戒処分を受けた(「女性職員にセクハラ行為 県警 巡査部長に懲戒処分/富山」チューリップテレビ2018年5月16日)。

 

高知県警では20代の男性巡査が女性警察官の脇腹を触るなどのセクハラ行為を繰り返したとして、2018年5月10日付で減給10%(3カ月)の懲戒処分を受けた。男性巡査は2016年夏ごろから今年3月にかけて、県内の同じ警察署に勤める女性警察官に対し、勤務時間中に署内で複数回、脇腹を触ったり、「ハグさせて」と言ったりした。女性警察官は何度も注意していたが、2018年年3月に開かれた署の送別会でも脇腹を触られたため、上司に相談して被害が発覚した(「同僚女性警官にセクハラ繰り返す 高知県警、巡査を処分」朝日新聞2018年5月29日)。

 

報道では依願退職したとも書かれていない。このような人物が警察官を続けているとは恐ろしい。警察官の不祥事が多い。警察官は信用できないと思われる行動が目に付いてきた。変態警察官が多過ぎる。テレビ局は「日本列島警察不祥事24時」を放送すべきである。高視聴率は間違いない。腐った組織にはみせしめが必要である。

レオパレス21広報部長にパワハラ告発

株式会社レオパレス21(東京都中野区本町)の広報部長が暴行、暴言、パワハラ、セクハラ、アルハラで告発されていた(「レオパレス広報部長が暴行、セクハラで告発されていた」文春オンライン2019年7月17日)。記事は告発された人物をT広報部長とするが、「高野氏」と記載している箇所がある。

 

このT氏は賞罰委員会で処分されたが、処分の翌年に社長室長と広報部長に抜擢された。ここからは岡山県警の警察不祥事対応を連想した。岡山県警の警察学校では教官が生徒の胸をサバイバルナイフで複数回突き、入院させる不祥事が起きた。ところが、ナイフで刺された生徒が退職し、刺した教官の警部補が警察に在職し続けている。

 

レオパレス21は消費者無視の施工不良アパートが問題になった。消費者の犠牲で利益を追求する悪徳不動産業者と経済観念に欠ける公務員は対極のイメージがある。しかし、目先の点数稼ぎに走る点は共通する。どちらも消費者に価値を提供しない。これはマンションだまし売りの東急リバブル東急不動産とも重なる。

岡山の警察学校教官がナイフで生徒を刺す

岡山の警察学校教官がナイフで生徒を刺す

岡山県警察学校(岡山市北区玉柏)で2018年12月、教官の男性警部補が初任科生(巡査)の男性の胸を本物のサバイバルナイフで刺して負傷させた。2018年12月10日に凶器を持った犯人を1対1で取り押さえる訓練を実施した際、警部補が模造刀を持って犯人役を担当。説得を受けて模造刀を手放した後にもみ合いになり、隠し持っていた本物のサバイバルナイフを出して初任科生の胸を2回刺し、うち1回は肺の一部に達した(「岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」」毎日新聞2019年7月17日)。

 

警部補は「刺すつもりはなく、寸前で止める予定だった」「けがをさせるつもりはなかった」などと説明したとされる。しかし、保身の言い訳であり、説得力がない。何しろ2回も刺しており、肺にまで達している。明確な殺意のある事件として扱うべきではないか。訓練に名を借りたパワハラ、拷問ではないか。埼玉県警でも訓練で巡査が溺死する事件が起きている。

 

とてもではないが警察発表通りには受け取ることはできない。警部補は「緊張感を出すために本物のナイフを出した」と言うが、幼稚である。このような馬鹿げた動機で刺される方は、たまったものではない。そもそも訓練の内容を個人の思い付きで変えて良いものではない。警察組織にはガバナンスがないのか。民間感覚が必要である。

 

「切れないように防護措置をした本物のナイフ」との報道がある(「格闘訓練で警察官刺される 犯人役が本物の刃物」岡山放送2019年7月17日)。この「切れないように」も意味不明である。現実に2回も刺されている。

 

初任科生は岡山市内の病院に救急搬送され、入院した。その後、岡山西署に被害届を提出し、1月に退職した。警察は被害者を退職させて蓋をしようとしたのではないか。6月には県を相手取って慰謝料など550万円を求めて岡山地裁に提訴した。

 

警部補は2月に所属長訓戒処分を受けた(「警察学校教官が巡査刺す、岡山 訓練中、誤ってナイフで」共同通信2019年7月17日)。岡山区検は3月に警部補を略式起訴した。岡山簡裁は4月に業務上過失傷害罪で罰金50万円の略式命令を出し、罰金刑が確定した。

 

ところが、警部補は県警に在籍し続けている(「岡山県警察学校教官が初任科生刺す 犯人対峙の訓練中、簡裁が罰金命令」山陽新聞デジタル2019年7月17日)。刺された巡査が退職し、刺した警部補が在職していることは矛盾である。人が刺されているのに誰も責任を取っていない。

 

岡山県警は、この事実を「発表する対象の事案ではない」として公表しなかった。警察学校で人が刺されているのに岡山県警は「発表する対象の事案ではない」という感覚なのか。都合の悪い事実は「問題ない」で蓋をして片付けてしまう。危機管理意識が低い。岡山県警に治安を維持する資格はない。警察の体質からは嫌な臭いしかしない。

 

埼玉県所沢市の中2殺人事件では仲良しグループに見える集団の同質いじめの危険が明らかになった。長時間一緒にいるために、ぶつけるところもない(「《埼玉中2殺傷事件》仲良しグループに潜む “闇いじめ” の実態」週刊女性PRIME 2019年7月17日)。警察組織にも同質いじめの弊害があるだろう。

中国史

中国を舞台とした歴史作品や現代作品の書評をまとめた。
【書名】中国史/チュウゴクシ/Chinese History
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki

太公望
封神演義
キングダム
劉邦
三国志40人の名脇役
SOUL 覇 第2章
異色三国志『龍狼伝』
『龍狼伝 中原繚乱編』傀儡の皇帝も超人バトルに参画
龍狼伝 王覇立国編
蘭陵王
貞観政要
宋名臣言行録
敦煌
蒼き狼
ハーン 草と鉄と羊
シュトヘル
新☆再生縁 明王朝宮廷物語
大東亜の嵐
ジョン・ラーベ
YELLOW
中国は民主主義に向かう
データで読み解く中国の未来
中国のプレゼンス増大と日本
政治の混迷
明朝との類似性
中国封じ込め論と東アジア共同体構想
強いコリアが救世主
アリババ 中国eコマース覇者の世界戦略
アントフィナンシャル 1匹のアリがつくる新金融エコシステム
消費大陸アジア 巨大市場を読みとく
南京大虐殺の生存被害者の勝訴記念集会
東アジア歴史・人権・平和宣言と行動計画
空母いぶき
ダライ・ラマ自伝

京都府警巡査が大麻所持容疑で現行犯逮捕

京都府警警察学校初任科生の巡査(23)が大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された。巡査は柔道の世界ジュニア選手権優勝者。


巡査は2019年3月に山梨学院大を卒業し、4月に府警本部に採用され、京都市伏見区の警察学校に入校した。警察学校で6月中旬に6000円相当の腕時計が盗まれる事件が発生し、その容疑者として巡査が浮上した。6月5日午後7時45分頃、大阪府守口市の実家を家宅捜索したところ、ベッドの下から大麻が入った小袋2つと吸引用のパイプが発見された。巡査は「吸うために実家に置いていた」と容疑を認めているという。実家に家宅捜索に向かう際、大麻所持をほのめかしたという。


巡査は「大学4回生の時に初めて使用した」と話している(「大麻は「大学生の時に初めて使用」 大麻所持で逮捕の京都府警巡査が供述」MBS 2019年7月8日)。巡査が薬物常習者だったとの報道もある。「京都府警の新人巡査は、学生時代から大麻の常習者だった」(「五輪目指すも大麻所持で逮捕 “元柔道王者”巡査の転落人生」日刊ゲンダイ2019年7月11日)。京都府警は違法薬物使用者を採用したことになる。


「容疑の段階ではあるが、将来の幹部候補が実は泥棒で、違法薬物使用者だったということを警察がキャッチできていなかった」(戸田一法「京都で相次いだ警察官の重大不祥事、大阪に次ぎ「2つの府警」の堕落」ダイヤモンド・オンライン2019年7月10日)


巡査が所持した大麻は乾燥大麻とする報道と大麻草とする報道がある。大麻草を乾燥させたものが乾燥大麻(マリファナ)である。

「乾燥大麻」(「大麻所持容疑で京都府警巡査逮捕 世界ジュニア柔道V」毎日新聞2019年7月5日)
「大麻草」(「大麻所持容疑、京都府警巡査を逮捕 世界ジュニア柔道優勝者」産経新聞2019年7月5日、「大麻所持で巡査逮捕=柔道ジュニアで活躍、特別枠採用-京都」時事通信2019年7月6日、「実家に大麻、所持疑い巡査逮捕 警察学校の窃盗捜査で発見、京都」京都新聞2019年7月5日)


報道では巡査の住所が京都市伏見区深草塚本町となっているが、これは警察学校の所在地である。
警察不祥事の背後には多数の類似事件があると考えるべきであろう。依存性薬物の入手経路が問題である。依存性薬物売人と警察官の癒着がないか明らかにする必要がある。

ティール組織 マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

フレデリック・ラルーFrederic Laloux著、鈴木立哉訳『ティール組織 マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』(英治出版、2018年)は人々の可能性をもっと引き出す組織を論じた書籍である。それが進化型(ティール)組織である。

 

進化型組織のリーダーは組織を生命体のようにとらえ、中央からの指揮や統制なしに運営する。この生命体のたとえは言い得て妙である。漫画『はたらく細胞』は細胞を擬人化した作品であるが、個々の細胞が中央の指揮や統制なしに独自に動いて、それが最終的に人体を病原菌から守ることにつながっていた。

 

ティール(teal)は青緑色である。本書の表紙の色である。本書は組織モデルを色で表現する。衝動型(レッド)組織は原始的な組織である。組織のトップは暴力を行使し、恐怖により支配する。マフィアの世界に多く見られるとするが、日本ではブラック企業も該当する。左翼の査問会体質も、これだろう。

 

順応型(アンバー)組織は官僚的なピラミッド型組織。アンバーは土色。達成型(オレンジ)組織は利益を獲得するためにイノベーションを目指す。多くの民間企業で見られる形態である。公務員組織よりも民間の方が優れていることが多い。これは組織論からも確認できる。

 

日本の市民社会的な議論では達成型組織の利益優先の弊害をどう抑制するかに力点が置かれがちである。しかし、企業の問題もイノベーションを目指さない旧態依然とした事業展開が原因であり、順応型組織の弊害であることが多い。多くの日本組織が顧客本位のイノベーションを目指していないことが問題である。さらにはブラック企業や日大のような前近代的なボス支配という衝動型組織も残っている。

 

多元型(グリーン)組織は多様性、平等、文化、コミュニティを重視する。多数のステークホルダーの視点を活かしたボトムアップの意思決定を志向する。この多元型組織よりも高次の段階が進化型(ティール)組織になる。これが本書の優れたところである。

 

日本の市民社会的な議論では多元型組織が理想とされがちである。これも他者からの承認や帰属意識という他律的な要素が優先される。実際、多様性重視を掲げている人が政治的な正しさから外れる発言を排除するという偏狭さを発揮することがある。そのコミュニティに居続けるためには、その空気に従わなければならない。この点で内面の倫理を基準にする進化型組織が高い次元にある。

 

多元型組織は家族にたとえられる。これが達成型組織よりも進化した組織になるか疑問なしとしない。日本の前近代的村社会的な組織は家族にたとえられることが多いためである。同調圧力で息苦しくなるのではないか。

 

欧米では個人が自立しており、上記の懸念は当てはまらないかもしれない。しかし、日本では危険がある。むしろ、アウトプットを出せば評価される達成型組織のドライさが日本に求められているのではないか。達成型組織から多元型組織が進化の順番とされるが、むしろ退化になりうるのではないか。むしろ達成型組織から進化型組織に進化しそうである。

 

いきなり進化型組織を目指すことは無理であり、まずは一段階高次の組織を目指そうという発想は穏当である。しかし、日本で多元型組織を目指そうとなると村社会的共同体への先祖帰りという、つまずきの石になりそうである。

 

それでは達成型組織から進化型組織に進化するためには達成型組織のどのような問題点を解決していけばいいか。それは世間的な上昇志向の観念から自由になることである。世の中の基準とは関係なく、自分にとって最善の行動は何かを考え、本当に自分がしたいことをするようにする。

 

達成型組織は構成員自身が自分の人生の目標を自由に追求する。これは集団に従属する順応型組織から進化した点である。しかし、構成員は、お金を多く稼ぐ、どんどん出世していく、高級品を消費することが幸せという即物的な基準に囚われがちである。それを達成するために機械のように働く。これでは集団の基準を社会の基準に置き換えただけである。

 

これに対して多元型組織は他者を大切にし、支えあうようする点が進化になる。しかし、それは個人を抑圧する日本では集団に合わせる順応型組織への先祖帰りになりかねない。進化型組織では内面の基準が重視される。集団の基準や社会の基準に惑わされず、自分の幸せが何かを付きつめることが進化型組織の道になるだろう。

月島草市に合わせてSDGs動画上映

月島草市に合わせて「みんなの子育てひろば あすなろの木」で中央区長選挙・中央区議会議員選挙立候補予定者公開討論会の動画などを上映しました。討論会では私が指定発言者として「SDGs 住み続けられるまちづくりを」を話しました。また、私のブログ記事「都市計画決定の処分性」も上映されました。


月島草市は2019年7月6日と7日に東京都中央区の月島で開催されたお祭りです。月島西仲通り商店街(もんじゃストリート)に露店や屋台が立ち並びます。元々は盆を迎えるための市で、苧殻(おがら)や焙烙(ほうろく)、ほおずき等の仏壇に供える飾り物や供え物を販売しました。草市は大勢の人々で賑わいます。7日は「あすなろの木」の窓を開けて放映し、通りすがりの方々は、何をしているか、興味を持ったようでした。

患者の権利を守る会が佼成病院に公開質問状

患者の権利を守る会が林田医療裁判(平成26年(ワ)第25447号 損害賠償請求事件)を踏まえて、立正佼成会附属佼成病院に2019年6月30日付で公開質問状を送付しました。開かれた医療するためには、議論を深めていくことが不可欠です。家族は第二の患者であるという観点から家族のケア、サポートに取り組む病院が増えています。

 

社会的責任に関する国際規格ISO26000では、組織が果たすべき社会的責任として、説明責任、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、人権の尊重などを挙げます。佼成病院は東京都指定二次救急医療機関です。林田医療裁判の患者も自ら選択したわけではなく、救急車で佼成病院に搬送されました。佼成病院には社会的責任があると考えます。

 

世の中には医療過誤や消費者問題、冤罪など様々な問題があります。それらの問題が埋もれてしまい、広く世の中に明らかにならないことは、日本の最も恥ずべき汚点の一つです。日本社会には残念ながら、被害者であることを明らかにすることを恥と考える文化が存在します。このような誤った文化の存在は大いに嘆かわしいことです。被害を明らかにするために活動する人々は称賛されこそすれ、非難される道理は存在しません。公開質問状が血と涙をインクと汗に代える活動になると信じています。
https://hayariki.wixsite.com/hayashida/kosei

明治大正時代

日本の明治時代と大正時代を描いた作品のレビュー集。
【書名】明治大正時代/メイジタイショウジダイ/Meiji and Taisho Era
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 
https://www.amazon.co.jp/dp/B07V2ZHBWQ/

 

鍋島直正
西郷どん
西郷と大久保と久光
西郷隆盛その生涯
お登勢
ラ・ミッション 軍事顧問ブリュネ
『兵馬の旗~Revolutionary Wars~』現代感あふれる幕末物
『遺恨あり』藤原竜也が演じた被害者遺族の悲しみ
るろうに剣心 明治剣客浪漫譚
恵編
京都編
夏目漱石
火星人類の逆襲
いだてん 東京オリムピック噺(ばなし)
第10回「真夏の夜の夢」
第13回「復活」
黒龍荘の惨劇
『八甲田山死の彷徨』ブラック企業につながる
『坂の上の雲』日露の悲恋で第二部開始
司馬遼太郎の歴史観
「坂の上の雲」と日本近現代史
NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う
非欧米で唯一帝国主義化した日本の失敗
与謝野晶子の反戦思想
トロッコ
暁のARIA
大正電氣バスターズ
紀州藩元藩主家
パレス・メイヂ
大正ロマンチカ
北海道の洋服化への道
くらしと建物ものがたり-旭川動物園の町旭川と北海道編-
ゴールデンカムイ




新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP