年別アーカイブ:2019年
林田 力 『東急不動産だまし売り裁判』著者

愛川町の受刑予定者逃走事件の公表遅れ

神奈川県愛甲郡愛川町の受刑予定者逃走事件では、住民への周知が4時間半後に遅れた(「住民周知は4時間半後 連絡の遅さに募る不満」神奈川新聞2019年06月20日)。覚せい剤取締法違反などの罪で実刑が確定した男性(43)は2019年6月19日午後1時半頃に自宅から刃物を持って車で逃走した。しかし、住民への防災無線での連絡は午後6時頃になった。

 


愛川町の会社員の鈴木富雄さんは「もっと早く公表していれば市民の通報などですぐに捕まった可能性があった」と指摘する(「「ひと安心」「対応お粗末」=逃走男宅近くの住民ら-神奈川」時事ドットコムニュース2019年6月23日)。

 


「検察と警察の間で、あるいはそれぞれの内部で、どんな協議がなされていたのか。そのはざまで住民の安全という視点がすっぽり抜け落ちてはいなかったか」(「収容者逃走 隙や緩みはなかったか」神奈川新聞2019年6月23日)

 


横浜地検の中原亮一検事正は6月23日に会見し、公表の遅れについて「一定の時間が経過しており、私の責任は重い。痛恨の極みだ」と述べた(「「地域住民に心配かけた」横浜地検検事正が謝罪」神奈川新聞2019年6月23日)。

 


このような事件が起きると管理強化に傾きがちであるが、日本の受刑者の自由のなさは世界的に批判されている。この事件では薬物犯罪者であることが問題である。自宅に注射器があり、覚醒剤を使うために使用した可能性がある(「自宅に注射器、覚醒剤使用の可能性も 県警新たな画像公開」神奈川新聞2019年06月21日)。薬物犯罪者へのピンポイントの対応が必要である。

 


住民への公表の遅れは熊谷殺害事件とも共通する。熊谷殺害事件の遺族は、埼玉県警が不審者情報を適切に周辺住民に提供しなかったことで妻と娘2人が犠牲になったとして、埼玉県に損害賠償を求める訴訟を提起した(平成30年(ワ)第2193号・国家賠償請求事件)。

 


熊谷殺害事件の問題共有や反省ができていない。問題に対しては何故、そのような状況になったのか、根本的な原因を探る必要がある。さもなければ再発し、繰り返される。広い視野から考察し、根本的な対策が必要である。想定外と言いたくなることがあるかもしれない。しかし、普段から注意点や対策を意識すれば、想定外を減らすことはできる。そのためには情報公開による外部の目が必要である。

中野相続裁判さいたま地裁の第8回口頭弁論

中野相続裁判さいたま地裁の第8回口頭弁論が開かれます。林田医療裁判の関連訴訟です。事件番号は平成30年(ワ)第552号・共有物分割請求事件、平成30年(ワ)第2659号・共有物分割請求反訴事件です。後者は反訴です。
日時:2019年7月5日(金)午前11時半開始
場所:さいたま地裁C棟105号法廷

 


長男側代理人は稽古道具まで出すのかと抵抗しましたが、これも筋違いです。稽古道具とは稽古で使用している道具を指す言葉であり、稽古道具という道具が存在する訳ではありません。稽古道具であることが物の価値を直ちに決めるものではありません。

 


茶道具などは一度見て終わりではなく、後から参照できるように記録をとる必要があります。これは物を占有しており、いつでも確認できる長男夫婦との不公平感をなくすために必要なことです。

 

また、「普段使い」や「雑多な物」の中にも欲しいものがあれば欲しくないものもあります。どのような価値のものでも現物を確認した上で分割することは当然です。消費者は数百円の日々の買い物でも商品を確認して購入します。店が日用品だから何でもいいと商品を押し付けることは許されません。
https://sites.google.com/view/nakanosouzoku/

うどん

うどんは蕎麦と比べて麺が太いことが特徴です。食堂で蕎麦とうどんを選択する場合、うどんの方がコスパが高いと感じてしまいます。うどんと言えば讃岐うどんの香川県が、うどん県を称するくらい有名です。日本三大うどんは讃岐うどんと秋田県の稲庭うどん、それから群馬県の水沢うどん、または、長崎県の五島うどんとなります。
稲庭うどんは独特の手延べ製法で作られた干しうどんです。つるんとした喉越しです。冷やし豚しゃぶ稲庭うどんは江戸川区船堀の東京健康ランドまねきの湯の2018年夏季メニューに登場しました。温泉に入った後に冷やし豚しゃぶ稲庭うどんを食べましたが、食べると体が急速に冷え、再度温泉に浸かりました。
カレーうどんはカレーのスープに入った、うどんです。通常のスープに比べるとドロドロしています。日本の国民食と言える、うどんとカレーが合わさりました。カレーうどんは体が温まります。カレーうどんは、江戸川区船堀の東京健康ランドまねきの湯の2019年の夏メニューで登場しました。暑い時に食べると、もっとホットになります。汗を流すことは健康に良いです。
ご当地カレーうどんとして、愛知県名古屋市の名古屋カレーうどんや愛知県豊橋市の豊橋カレーうどんがあります。豊橋カレーうどんは丼の底に、とろろご飯をよそい、その上からカレーうどんを盛りつけます。うどんを食べた後に、とろろご飯を食べます。
I ate Curry Udon.It consists of thick and chewy udon noodles in a Japanese curry flavoured noodle soup. I enjoy perfect blend of rich curry and Japanese soup. Although it has some ingredients in common with Indian curry, Japanese curry is slightly sweet as well as spicy. It is a great combination of two popular Japanese dishes; Udon Noodle and Japanese curry.

SDGsの落とし穴

私は2019年4月2日の中央区長選挙・中央区議会議員選挙立候補予定者公開討論会で指定発言者として「SDGs 住み続けられるまちづくりを」と題して話した。「住み続けられるまちづくりを」はSDGsの11番目のゴールである。私は、このゴールを言葉通りのものと受け止め、住民が住み続けられるまちにすることを訴えた。これはSDGsに取り組む上で非常に重要な論点になると考える。

 

SDGsは地球上の誰一人として取り残さない、置き去りにしないこと(leave no one behind)を誓っている。取り残されている人の立場で考える。脆弱な立場におかれた人々を含むあらゆるステークホルダーの参画を重視する。住み続けられない人、追い出される人が出る開発は、取り残される人が出る開発である。SDGsの持続可能な開発にはならない。

 

この視点は重要である。多数の人が同じような問題を抱えていると取り上げられやすい。これに対して個人的な不合理は当事者限りのものとして我慢を余儀なくされがちである。集団的なマイノリティの問題を取り上げて、多様性に対応しているとお茶を濁すことになりかねない。これはSDGsの落とし穴になる。私自身がマンションだまし売り被害という個別的な問題を抱えていた(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』)。個別的な問題を大切にしていきたい。

SDGs 住み続けられるまちづくりを

安土桃山時代

安土桃山時代を扱う作品の書評をまとめた。安土桃山時代は織田信長と豊臣秀吉の時代である。安土は安土城、桃山は伏見桃山城に由来する。政権としては織豊政権と呼ばれる。
【書名】安土桃山時代/アヅチモモヤマジダイ/Azuchi Momoyama Period
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 

安土桃山時代
本能寺の変431年目の真実
『女信長』小説らしさとドラマらしさ
いくさの子~織田三郎信長伝
信長のシェフ
『信長のシェフ』ヤンキー風ヒロインが唯一残念
信長協奏曲
『信長協奏曲 3』竹中半兵衛や明智光秀が登場
『信長協奏曲 4』魅力的な歴史上の人物
『信長協奏曲』『いくさの子』ヒステリックさから解放された織田信長
本能寺ホテル
秀吉の活
豊臣秀吉の系図学
戦国日本と大航海時代 秀吉・家康・政宗の外交戦略
のぼうの城
利休にたずねよ
茶道太閤記
妻・宗恩の語る利休の貌
『千利休の謀略』豊臣秀吉の卑小
センゴク
比叡山焼き討ち
三方ヶ原の戦い
一乗谷炎上
小谷城攻め
センゴク天正記
センゴク一統記
センゴク権兵衛
センゴク外伝 桶狭間戦記
へうげもの
武将茶人、上田宗箇
花の慶次 雲の彼方に
『直江兼続』軍記物風歴史小説
義風堂々!!直江兼続 前田慶次酒語り
義風堂々!!直江兼続 前田慶次花語り
華の姫 茶々ものがたり
イシュタルの娘
淡海乃海 水面が揺れる時

安土桃山時代

第19回Oneさいたまの会

第19回Oneさいたまの会が2019年6月12日、さいたま市浦和区の浦和コミュニティセンターで開催されました。今回の名札は梅雨をテーマにしていました。てるてる坊主、紫陽花、蛙が描かれています。今回もグループに分かれて議論しました。私は保健福祉グループに参加しました。

***

介護職は賃金が中々上がらない。夢を持って入るが、現実はついていかない。東京の方が賃金は高い。最低賃金も差がある。埼玉県南では定着しにくい。従業員が集まらないと施設があっても利用者を受け入れられない。公的資金は人数に応じて入る。

 

介護職の悩みの一つに利用者からのハラスメントがある。セクハラやパワハラである。全体的に多い訳ではないが、それがストレスになって辞める人もいる。使用者がハラスメントしている訳ではないので、労働問題ではない。事業者に言っても利用者は客のため、利用者寄りになりがちである。介護労働者が減ると介護事業者の運営が成り立たなくなる。介護難民が出る。

 

埼玉は医者が少ない。2016年の人口10万人当たりの医師数は160.1人で全国最下位。国立医大がない。埼玉県は県内で働く医師を確保するための奨学金を導入した。県北は足りない。東京に依存している。総合病院が少ない。科によって異なる。産婦人科や小児科は医師から避けられている。県北に産婦人科が乏しい。

 

街中に精神科のクリニックが増えている。今までは行きにくかったが、気軽に行けるようになったことは良い。しかし、すぐに薬を出し、儲かるからではないか。薬を出すと余計酷くなる。依存症になる。何々障害と病名を付けすぎである。

 

武蔵浦和に大病院が欲しい。埼京線をもっと増やして欲しい。武蔵浦和は土地がない。西浦和の田島団地は建て替えの話がある。

 

総合病院にスパやフィットネス、美術館を併設して通うことが苦にならないようにする。待ち時間の長さが不満。フードコートの呼び出しベルのような仕組みを採用する。

 

総合病院は総合的に診てもらえることがメリット。現実は総合病院の中にも縦割りがある。薬は出すが、ペインクリニック的なことはしない。人全体を見る医者が少ない。総合診療科を充実させる。

 

勤務医の労働環境は酷い。過労自殺が起きた。医者がやらなくてよい仕事がある。医療クラークに事務を任せる。

 

箱を市が作って委託する。民間のノウハウを入れる。スパやフィットネスは民間に経営ノウハウがある。責任は市が持つが、運営を入札で決める。

 

浦和美園地区の順天堂大学医学部付属病院は不透明。住みたい町には、どのような要素が必要か。総合病院も役割分担する。地域全体で総合病院プランを考える。桜区には三愛病院と西部総合病院がある。地図でプロットする。見える化する。南区になくても、南区周辺にあるかもしれない。病床数で丸の大きさを作る。災害時の受け入れを考える。病院だけを回るシャトルバスを出す。今は患者も知識を得られる時代である。

***

次回の日程は以下です。

第20回Oneさいたまの会

日時:2019年7月17日午後7時から9時

場所:武蔵浦和コミュニティセンター第6集会室

ハンバーガー

ハンバーガーのグルメレポートです。私は寿司とハンバーガーが好きな食べ物です。寿司とハンバーガーは対極的な取り合わせに見えますが、実は共通点があります。
第一にどちらもファーストフードです。寿司は江戸時代のファーストフードでした。私は形式的権威的な食事は好みません。
第二に寿司もハンバーガーも炭水化物とタンパク質を同時に食べられるものです。私は一つ一つ片付けるシングルタスクの傾向があります。食事もご飯を食べ終えたら、おかずとなりがちです。寿司やハンバーガーは、これを避けられます。
私はハンバーガーチェーンに居心地の良さを感じます。コミュニティ重視の発想の対極ですが、顔見知りの常連に特別な気配りをすることは、別の誰かにマイナスのサービスをして成り立っている可能性があります。一見客に敷居があるよりは、誰に対しても同じサービスという機械的平等に心地良さを感じます。
私はコスパの観点からもハンバーガーチェーンを歓迎します。値段と味や品質が比例するという拝金主義の浅ましさを軽蔑します。高かろうが安かろうが、自分が気に入ったものを選びます。戦前戦中の集団主義的な価値観を嫌悪しますが、唯一「贅沢は敵だ」は評価します。消費が美徳の昭和の時代は終わりました。
【書名】ハンバーガー/Hamburger
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 

【警察不祥事】京都府警巡査長が高齢者への詐欺で逮捕

京都府警山科署に勤務する巡査長(38)=京都市中京区=が特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取ったとして、2019年6月15日に詐欺容疑で逮捕された。警察官の立場を悪用した詐欺は埼玉県警で連続して起きている。

 

逮捕容疑は同伏見署管内の砂川交番に勤務中の2018年11月、京都市内の70代の男性の自宅で「お金を預かります」などと嘘を言って現金500万円をだまし取ったとしている。さらに同月中旬頃、同様に「預かって調べます」として現金680万円をだまし取ったとしている。

 

寄付のため男性が高額の現金を引き出そうと金融機関を訪れたところ、特殊詐欺被害を疑った金融機関側が通報。駆け付けた巡査長が対応し、現場で出金理由などを確認して、資産状況を把握。「多額の現金を持っていたら危ない」と預けるよう持ちかけたという。

 

2度目の犯行では「預かって調べます」と男性に現金を下ろすよう指示。金融機関には巡査長が「男性が現金を下ろしたがっている」と事前連絡して、詐欺事件ではないと認識させていた(「京都府警巡査長、特殊詐欺対応で1千万円超詐取し逮捕」産経新聞2019年6月15日)。警察の特殊詐欺防止対策を警察官自身が悪用した。

 

関係者によると、巡査長の父親も警察官だったという(「逮捕の京都府警巡査長、父親も警察官「信じられない」」産経新聞2019年6月15日)。警察一家で市民常識が身についていないか。縁故採用の落とし穴だろうか。

McDonald’s

I like hamburgers. They are American sandwich. Most hamburgers have beef patty made from a blend of minced beef. They melt in my mouth. I enjoyed spicy and delicious cuisine. There is nothing more satisfying than a bite into juicy hamburgers.
McDonald’s is major hamburger chain. It uses 100% pure beef patties in Japan. It has a common taste anywhere in the world as a selling point, it also offers specialties in each country. In the Philippines, it is unique that rice is provided with chicken.

Double Cheeseburger has two beef patties and yellow cheddar cheese. Triple Cheeseburger is limited edition of Double Cheeseburger. It has three beef patties and two yellow cheddar cheeses.

Teriyaki Burger is a Japanese menu. Sweet Teriyaki sauce goes well with grilled beef.
KALBI Mac is one of McDonald’s menu in Japan. It is a hamburger with Korean style beef ribs, beef patties and lettuce. It is covered with lemon sauce.

Chicken Nuggets are small pieces of processed chicken meat that have been battered and deep fried. Chicken McNuggets are McDonald’s chicken nuggets. Spicy Chicken McNuggets are limited edition of Chicken McNuggets. They have a nice garlic and their spice level was mild. Spicy Chicken Nuggets is also sold by Wendy’s.

Bacon potato pie was one of McDonald’s regular menu in Japan from 1990 to 2002. It is a crispy crust packed with creamy pie, hot potatoes, smoky bacon and chopped onions. It is a delicious comfort side dish to accompany a variety of hamburgers. It is a great way to warm up in winter months. I wonder why they removed it from their regular menu.

【警察不祥事】埼玉県警川越署巡査を詐欺未遂などで起訴

埼玉県警の警察官が警察官の立場を悪用して遺族から金をだまし取ろうとする事件が相次いで起きている。草加署刑事課巡査(22)(埼玉県越谷市袋山)は死体検案名目で遺族から金をだまし取るなどしたとして、2018年10月19日に詐欺と詐欺未遂の疑いで逮捕された。川越署刑事課の巡査(25)(川越市中台元町)は女性から現金をだまし取ろうとしたとして、2019年4月4日に詐欺未遂容疑で逮捕された。


川越署巡査は2019年3月27日から31日に病死した男性の姉の女性(69)に電話し、遺体の処理に金がかかると嘘を言って現金を騙し取ろうとした。報道によると嘘の内容は様々である。あの手この手で金を払わせようとする詐欺師と同じである。


「(遺体の搬出で)レッカー車が来たので四十万~五十万円かかる。お金は私が預かってもいい」(「川越署員、詐欺未遂容疑 「遺体搬出に費用」遺族にうそ」東京新聞2019年4月5日)


「部屋の清掃などにかかる費用として、40万~50万円を民間会社に支払う必要があり、自分が預かる」(「詐欺未遂容疑で巡査を逮捕=職務利用し「現金預かる」-埼玉県警」時事通信2019年4月4日)


「遺体が腐らないようにする処置で40~50万円かかる」(「病死男性の遺族から現金だまし取ろうとした巡査、遺族の個人情報を他人に漏らす さいたま地検が起訴」埼玉新聞2019年5月17日)


川越署巡査は2016年9月に県警察学校を卒業して川越署に配属され、2018年9月から刑事課強行犯係。2019年2月下旬に自宅で亡くなっているのが見つかった男性の死因調査に携わっていた。女性は2月下旬に川越市に住む弟が死亡したと連絡を受け、3月26日に遺体の引き渡しを受けた。この際の担当者が川越署巡査で、同月27日から31日までに複数回電話があり、現金を預かると話したという。


さいたま地検は2019年5月16日、川越署巡査を詐欺未遂と地方公務員法違反の罪で、さいたま地裁に起訴した。警察官が職務を悪用した詐欺は絶対に許してはならない。懲戒免職の上で起訴して懲役10年ぐらいが妥当だろう。


埼玉県警は2019年6月14日、川越署巡査を停職6カ月の懲戒処分とした。川越署巡査は同日付で依願退職した(「埼玉県警巡査を停職処分 遺族への詐欺未遂」共同通信2019年6月14日)。これで懲戒免職にならないことは理解し難い。




新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP