風来坊の手羽先唐揚げ

手羽先唐揚げは鶏の手羽先を唐揚げにし、タレを塗ってゴマや胡椒でまぶした料理です。鶏の手は先端から手羽先、手羽中(てばなか)、手羽元(てばもと)と呼びます。唐揚げの手羽先は手羽先と手羽中を含みます。手羽先と手羽中とをくっつけた「く」の字型の唐揚げです。


表面はパリパリですが、中はジューシーです。手羽先には骨がありますが、骨もしゃぶります。私の場合は骨もなくなってしまうことが多いです。手羽先は軽くて安いという魅力があります。普通の唐揚げが食べられなくても、手羽先は食べられます。


手羽先は名古屋で人気の部位であり、名古屋めしの一つです。思いっきりかぶりつきたくなります。「風来坊」と「世界の山ちゃん」が手羽先の二大チェーンです。風来坊は「元祖手羽先唐揚」を称しています。手羽先は元々、骨も沢山あることが嫌われ、スープの材料などにしか使われず、廃棄されることもありました。それを唐揚げにしてタレをつけて提供することを風来坊が始め、看板メニューにまでなりました。


風来坊は甘めの味付けが魅力です。秘伝のタレで差別化しています。スパイスが企業秘密のケンタッキーフライドチキンと重なります。二度揚げることで、とてもカリカリしています。私は東海道新幹線や近鉄特急の車内で風来坊の手羽先唐揚げを食べました。「世界の山ちゃん」の手羽先は肉が骨からスルッととれます。これに対して「からやま」の手羽先は骨と肉が密着しています。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP