栃木県警巡査部長が検視で腕時計を占有離脱物横領

栃木県警宇都宮中央署刑事1課巡査部長(35)=宇都宮市御幸本町=は2019年8月16日午前10時から午後0時40分頃の間、病死した男性=当時(43)=の検視に際して、男性の350万円相当の海外製腕時計を盗んだ。現場は宇都宮市馬場通りのタワーマンション。巡査部長は同署で遺体検視などを担当、当日は計8人で現場に向かった。

巡査部長は犯行後、他県の古物買い取り業者に持ち込み、数百万円で売却したという。不審に思った業者が現地の県警へ「栃木県警の警察官を名乗る人物が時計の買い取りを申し込んできた」と通報して発覚した(「病死遺体検視中に300万円の腕時計盗む 栃木県警の巡査部長逮捕」産経新聞2019年9月19日)。他の現場に臨場した際も窃盗を繰り返してそうである。警察外の機関が捜査しなければ公正ではない。

巡査部長は同年9月19日に窃盗容疑で逮捕された。巡査部長は占有離脱物横領の罪で起訴された(若井琢水「孤独死の現場、金色に輝く腕時計 警察官は誘惑に負けた」朝日新聞2019年12月24日)。初公判は12月6日に宇都宮地裁(岡田健彦裁判官)で開かれ、即日結審した(「遺体検視中に高級腕時計盗んだ元栃木県警警察官初公判 懲役1年求刑」産経新聞2019年12月6日)。

宇都宮地裁は9月19日に懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。判決は「持ち去った腕時計を売却しており、利欲目的なのは明らかで酌量の余地はない」と指摘する(「現場から高級腕時計持ち去った栃木県警元警察官に執行猶予判決 宇都宮地裁「信用失墜させた」」産経新聞2019年12月19日)。

検視という警察の職務の中での犯行で悪質である。死に便乗して金銭的利益を図る点では遺族から金銭をだまし取る埼玉県警の警察不祥事と共通する。草加署巡査は死体検案名目で遺族から現金82万円をだまし取った。川越署巡査は遺族に遺体の防腐処置費用として現金50万円をだまし取ろうとした。

腕時計の紛失や窃盗は警察不祥事で繰り返されえている。不祥事警察官は腕時計が欲しくてたまらないのか。内実がないから腕時計で空虚な自分を飾り立てたいのか。埼玉県警熊谷警察署では熊谷小4死亡ひき逃げ事件の遺品の腕時計を紛失した。腕時計の記載があった押収品目録の交付書を遺族から回収して破棄する証拠隠滅をしており、悪質である。

京都府警は京アニ放火殺人事件の犠牲者が亡くなった際に身につけていた腕時計を紛失した。京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオで35人が死亡した事件である。紛失は2019年7月下旬に発覚したが、報道は8月16日になってからである(「京アニ放火、犠牲者の腕時計を警察が紛失 遺族に謝罪」朝日新聞2019年8月16日)。紛失を隠蔽した埼玉県警熊谷警察署はより悪質である。

遺留品を点検した段階では、腕時計を身につけていたことを確認していたが、司法解剖後、遺体を家族のもとに返す際に、腕時計がなくなっていることに気づいたという。府警では通常、遺留品は撮影した上で記録のリストをつくり、持ち主毎に分けて保管している。今回、捜査本部を設置した警察学校(京都市伏見区)などに遺体を運び、司法解剖や、身元を特定するためのDNA型鑑定を順次進めていく中で、紛失したとみられる。

京都府警の警察学校では2019年6月に腕時計盗難事件が起きた。この容疑者は京都府警の巡査で、この巡査は大麻所持容疑で現行犯逮捕された。

続警察不祥事



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP