ハンバーガー

ハンバーガーのグルメレポートです。私は寿司とハンバーガーが好きな食べ物です。寿司とハンバーガーは対極的な取り合わせに見えますが、実は共通点があります。
第一にどちらもファーストフードです。寿司は江戸時代のファーストフードでした。私は形式的権威的な食事は好みません。
第二に寿司もハンバーガーも炭水化物とタンパク質を同時に食べられるものです。私は一つ一つ片付けるシングルタスクの傾向があります。食事もご飯を食べ終えたら、おかずとなりがちです。寿司やハンバーガーは、これを避けられます。
私はハンバーガーチェーンに居心地の良さを感じます。コミュニティ重視の発想の対極ですが、顔見知りの常連に特別な気配りをすることは、別の誰かにマイナスのサービスをして成り立っている可能性があります。一見客に敷居があるよりは、誰に対しても同じサービスという機械的平等に心地良さを感じます。
私はコスパの観点からもハンバーガーチェーンを歓迎します。値段と味や品質が比例するという拝金主義の浅ましさを軽蔑します。高かろうが安かろうが、自分が気に入ったものを選びます。戦前戦中の集団主義的な価値観を嫌悪しますが、唯一「贅沢は敵だ」は評価します。消費が美徳の昭和の時代は終わりました。
【書名】ハンバーガー/Hamburger
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki 



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP