十連休のリスクと不合理

十連休はリスクがあります。皆が休日が続いて嬉しいと歓迎すると思っているならば公務員は世間知らずです。多くのコンピューターシステムは24時間365日稼働するようになっていますが、平日運用と休日運用を分けています。休日運用が10日も続くことはこれまでなく、何が起こるか分からないリスクがあります。新元号対応以上に危ないとの声もあります。

西暦と元号では西暦の方が合理的です。元号は改元でリセットされるという単位として欠陥があります。データベースでは元号の項目と年の項目の2項目を作る必要があります。

休みの考え方も日本よりも世界の方が合理的です。ユダヤ教やキリスト教、イスラム教では週の一日を安息日とします。世の中の進歩によって週休二日になり、AIやロボットの普及でもっと増えるかもしれません。この発想は労働と休みのバランスから出発しており、合理的です。これに対して日本の休みはイベントに付随します。休みをお上の恩恵としてありがたがる体質が抜けていません。十連休は非合理です。合理性を追求することが日本を暮らしやすくする道です。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP