全記事
林田 力 『東急不動産だまし売り裁判』著者

『いだてん』第10回「真夏の夜の夢」

NHK大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』第10回「真夏の夜の夢」が2019年3月10日に放送された。足袋職人を演じるピエール瀧が麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されて初の放送である。受動喫煙の描写が問題視されていたが、それを吹き飛ばす問題である。

金栗四三(中村勘九郎)は国名をJapanではなく、ニッポンと表示すべきと強硬に主張する。日本の本来の呼び名は「ひのもと」である。いつから「ニッポン」と音読みになったのだろうか。NipponよりJapanの方がアルファベットが先であり、早く紹介されるメリットがある。

金栗の主張は何でもかんでも外国に合わせるものではないという守旧派に心地よい主張である。しかし、Japanと呼ばれるのが嫌ならば、日本人がイギリスやスペイン、オランダと呼ぶことも改めなければ相互主義ではない。また、中国人や韓国人の名前を日本語読みすることも改めなければならない。

三島弥彦が欝状態の時に出した手紙が3週間後に東京の三島家に届く。三島家は大騒ぎになるが、弥彦の母親は大丈夫と言う。これを息子を知っている母親の自信と見るならば誤りである。3週間の時間差があるために母親の方が結果的に正しく見るが、手紙を出した時は手紙の内容が本心であった。母親は文字が読めない設定のため、欝の手紙の深刻さが分からないだけではないか。あれを大丈夫と言うならば、弥彦は止める止める詐欺の構ってちゃんと思っていることになる。

三島弥彦は、すりきれるまで頑張らず、余力を残して棄権する。オリンピック盛り上げドラマであるが、昭和の精神論根性論やガンバリズムとは一線を画している。

好餃子と九条ねぎ餃子

好餃子(ハオチャオズ)アトレ浦和店の好餃子と九条ねぎ餃子を食べました。
好餃子は餃子専門店です。「ハオチャオズ」と中国語読みです。そのために本場の感覚がありますが、スーパーの一角の餃子の実演販売から出発しました。「最上級のフツーの味」をセールスポイントとしています。奇をてらわずに普通を打ち出す点が評価できます。食物は毎日食べるものであり、リピーターが重要です。リピーターには普通の味が向いています。
ハオ餃子は基本メニューです。餃子の皮は、もち米を混合し、弾力があります。具は豚肉とキャベツなどの野菜です。肉餃子の印象が強いです。
スパイスに青森県産ニンニクや高知県産生姜「黄金の里」(こがねのさと)を利用した独自のものです。独自スパイスとはケンタッキーフライドチキンのようです。「黄金の里」は生姜特有の辛味成分や香り成分が従来の生姜より多く含まれています。この生姜の辛味成分にジンゲロールがありますが、これは血行促進や発汗作用があり、冷えの改善に効きます。
九条ねぎ餃子は野菜餃子の印象が強いです。九条ねぎは京野菜です。風味豊かな九条ねぎのシャキシャキ感がたまりません。

『イノセンス 冤罪弁護士』第9話

『イノセンス 冤罪弁護士』第9話(2019年3月16日)は最終章に入る。連続殺人の謎が最終章のテーマになる点では『アンナチュラル』を連想する。当初は冤罪被害者の苦しみに重点を置くかと思われたが、終盤は被害者遺族の心情に傾いている。

『99.9-刑事専門弁護士』は警察、検察、裁判所と敵が明確であった。これに対して本作品は、それ以外の足を引っ張る要素があることが話を複雑にしている。よりリアルになっていると評価することもできるが、見込み捜査、自白強要、人質司法の問題が曖昧になるのではないか。本作品は東京高裁でロケをしている。撮影協力の裁判所への遠慮が出たのだろうか。因みに保駿堂法律事務所は東京都中央区日本橋兜町の日証館である。

秋保恭一郎(藤木直人)は「真相より目の前の答えが欲しくなる」と感情的に言ってしまう。発言後に科学者失格と自省する。これは第8話の名張毒ぶどう酒事件を下敷きにした事件のように冤罪をそのままにする日本の風潮を作っている。

黒川弁護士は「本当に無実ならば自殺しない」と発言する。これは第8話で拘禁反応を指摘した黒川弁護士らしくない。無実なのに有罪とされたら絶望して自殺したくなるだろう。自殺は本人が決意して行うよりも、追い込まれるものである。

和倉弁護士の存在感は大きくなった。序盤ではウザいと視聴者からバッシングされた和倉弁護士が黒川弁護士を励ますようになった。川口春奈は和倉弁護士を演じることで女優としての人気を下げかねない事態であったが、この回で株が上がった。とは言え、自白強要という社会的テーマを掲げながら、人間ドラマが進展するだけでは物足りない。

母親が法律事務所に訪れるシーンは無駄なコメディに感じた。大きなテーマを抱えているのに無駄なコメディに割く時間があるのかと感じたが、母親から11年前の事件を説明させる意味があった。

ドラえもん のび太の月面探査記

『ドラえもん のび太の月面探査記』は2019年3月1日公開のアニメ映画。ドラえもん映画では太古と宇宙、海洋が定番である。月は宇宙の中で身近な天体であるが、意外と珍しい。

一方で過去の作品でも月は重要な役回りになっている。『のび太の魔界大冒険』では月の光を浴びると魔法が解けた。ドラえもん達が魔界星に向かう際には、月のウサギが見送った。『のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い』では魔界星の赤い月が重要な役回りを果たす。『のび太とアニマル惑星』でも動物の星の月が重要な役回りを果たす。ここではラッキーになる「ツキの月」という秘密道具も登場する。

日本マクドナルドはハッピーセットの玩具でドラえもん映画とコラボする。ハッピーセットとドラえもん映画のコラボは毎年の春の恒例である。ドリンク以外のハッピーセットの映画のイメージの箱に入っている。ハッピーセットにはドラえもんの玩具が付く。以前は購入時に玩具を指定できたのですが、途中から何が出るかお楽しみのガチャガチャ方式になった。

「ふってたのしい!ドラえもん ききゅう」はドラえもんの顔が気球になっている。振ると中から籠が出てくる。籠にはドラえもん、のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫が乗っている。

「ドラえもんとひみつどうぐシール」はドラえもんが白い宇宙服を着ている。後頭部の歯車を回すと、秘密道具や映画のキャラクターのシールが出てくる。

天気雨と虹

さいたま市桜区で、お天気雨が降り、虹が見られました。天気雨は虹が出現しやすいものです。通常の雨は雲に覆われた空から降ります。これに対して天気雨では太陽光がある中を雨が降ります。太陽光は雨に反射しやすく、虹が出現しやすくなります。天気雨は狐の嫁入りと呼ばれました。狐に化かされたような不思議な天気のためです。
この雨は通り雨でした。雨音は大きかったものの、すぐに止みました。前夜のテレビの天気予報では雨が降ると放送されました。午前中は降りそうな感じではありませんでしたが、予報が当たりました。

大宮第二公園で梅まつり全国大陶器市

大宮第二公園で「第35回 梅まつり」と全国大陶器市が2019年2月23日から3月17日まで開催されます。陶器市は全体がテントで連結されており、全天候型です。九谷焼や伊万里焼、美濃焼など全国各地の焼き物が並びます。NHK『ブラタモリ』(2018年10月20日、27日)で紹介された有田焼もあります。陶器の他にバッグや絵画も販売されています。名産の食べ物も販売され、テント前の椅子とテーブルで食べることができます。
全国大陶器市は全国大陶器市振興組合のイベントです。上野公園や大阪万博公園など各地で開催されています。桃色の半円のゲートと日本地図に産地の旗が立てられた黄色い看板は共通です。
周辺ではリサイクル運動市民の会のフリーマーケットも開催され、洋服などを販売しています。焼きそばなどの屋台も出ています。大宮第二公園は埼玉県さいたま市大宮区の公園です。テニスコートや軟式野球場、茶室や展示ギャラリー、水車などがあります。紅梅、白梅、しだれ梅など約520本の梅の木があります。

3月15日はジャクソン大統領の誕生日

アメリカ合衆国第七代大統領のアンドリュー・ジャクソンAndrew Jacksonは1767年3月15日生まれです。ジャクソン大統領は評価が分かれますが、彼の言葉に「勇敢な一人の人が多数派を作り出す」(One man with courage makes a majority.)があります。これは東急不動産だまし売り裁判を進める上で励みになりました。

東急不動産(販売代理:東急リバブル)は隣地建て替えという不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りしました。隣地建て替えで日照、通風、眺望がなくなりますが、その事実を隠してマンションをだまし売りしました。

引渡し後に真相を知った私は消費者契約法の不利益事実の不告知でマンション売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻しました(平成17年(ワ)第3018号)。これは消費者契約法の不利益事実の不告知をマンション売買契約に適用したリーディングケースになりました(今西康人「マンション販売における不動産業者の告知義務」安永正昭、鎌田薫、山野目章夫編『不動産取引判例百選第3版』有斐閣、2008年、31頁)。

契約時の説明と話が違うならば契約を白紙にすることが当然ですが、これまでは新築分譲マンションの販売方法に問題があっても契約を白紙にすることは困難でした。それが悪徳不動産業者の売ったら売りっぱなしを助長していました。一人の行動が消費者契約法による売買契約の取り消しを作りました。

イノセンス 冤罪弁護士

『イノセンス 冤罪弁護士』は冤罪に立ち向かう弁護士を主人公としたテレビドラマ。無実にもかかわらず逮捕や起訴される冤罪の恐怖や自白強要の人質司法の実態を描く。日本テレビ系列で2019年1月19日から放送を開始した。第1話は実在の冤罪事件の下高井戸放火事件を下敷きにした。第1話の平均視聴率は8.3%。
冤罪を生み出す警察官や検察官は憎々しい。他人の気持ちを慮る、あるいは愛想というものを母親の胎内に置き忘れてきたかのような憎たらしい表情であった。冤罪を反省しない警察の体質は腐臭を放つヘドロのような暗闇である。物事には許容出来ないものが確かに存在する。
ドラマ『99.9 刑事専門弁護士』と設定が似ている。どうしても『99.9 刑事専門弁護士』と比較したくなる。『99.9』よりも重たい雰囲気である。重たいテーマであり、重たいドラマになることは当然である。むしろ、社会性とコメディを両立させた『99.9』が稀有である。『99.9』が冤罪ドラマ視聴者の裾野を広げたことで、重たいドラマも可能になったと見るべきだろう。
もっとも『イノセンス 冤罪弁護士』にもエンタメ要素は存在する。主人公の黒川拓弁護士(坂口健太郎)はコミュ症気味である。これは前に進むだけの明るいキャラクターよりも現代的である。真相にたどり着く時の閃きシーンは『99.9』の深山弁護士(松本潤)と似ている。
深山弁護士の完璧さよりも、黒川弁護士のようなコミュ症気味だけど有能の方がキャラクターとしては好きである。しかしながら、父親が冤罪被害者という深山弁護士と、反発しているとは言え、エリート検察官の家庭に育った黒川弁護士では背景の重さが違う。比較されることは俳優にとって酷だろう。
作中に登場する戦隊物ヒーローは、残業レッドや接待ピンクなどブラック企業を風刺している。社食イエローはオムライスばかりの社員食堂なのだろうか。
法律事務所に住んでいる点は『ブラックペアン』と重なる。『ブラックペアン』と重なる点では猫田看護師を演じた趣里が有能なパラリーガルを演じる。ここでも主人公を支えるが、黒川弁護士が火災の後始末をほっぽりだした点は怒っていた。
『イノセンス 冤罪弁護士』ではコメディが空回りしているところもある。黒川弁護士は同僚弁護士をイラつかせる。これは『99.9』と同じであるが、和倉楓弁護士(川口春奈)は主人公より能力がないのにキャンキャン叫ぶだけであり、ウザさしか感じない。『99.9』では深山弁護士にわざと相手を怒らせて楽しむようなところがあり、安心してみていられた。
和倉弁護士は役者が可哀想になるくらい、イメージが悪い。本当は前の勤務先でセクハラと戦い、上司から黒川弁護士の妨害を命じられた際に抵抗するなど骨のある設定がある。そこは今後活かせるだろうか。
『99.9』は法律事務所がバックアップしたが、『イノセンス 冤罪弁護士』は法律事務所の上層部が足を引っ張ろうとする。現実味は『イノセンス 冤罪弁護士』が上であるが、ドラマとして観る上では重苦しさがある。

『イノセンス 冤罪弁護士』第8話

『イノセンス 冤罪弁護士』第8話(2019年3月9日)は再審請求に取り組む。名張毒ぶどう酒事件が下敷きである。指宿林太郎検事(小市慢太郎)は法律事務所の所長を呼びつけて、最高裁が結論を出したものに再審請求することを非難する。しかし、そもそも再審である以上、最高裁の判断にNOを突きつけることである。それを脅しにする検事は制度を理解していない。

今回は非歴史的な日本社会の問題点が描かれる。世間は風化しても苦しんでいる人は苦しみ続けている。終わったことにして前に進もうとする日本人の悪い体質が出ている。日本社会は「お前が我慢すれば全て丸く収まる」と負担を特定人に押し付けがちである。

現実の名張毒ぶどう酒事件と同じく、司法制度としては救いのない結果になった。裁判所は前例主義の公務員感覚が濃厚で、前の判決を否定することを過度に恐れているのではないか。

世の中に裁判官個々の判断の誤りを訴えるしかないだろう。これまで個々の判決に対して不当判決であるとの批判や裁判所の組織への批判はなされてきた。しかし、裁判官個人の業績が批判の対象になることは乏しかった。制度批判の陰に隠れて、個々の責任者はヌクヌクしているという側面がある。

たとえば埼玉県北本市立北本中学校いじめ自殺裁判(平成19年(ワ)第2491号損害賠償請求事件)の東京地裁民事第31部判決は非常識と大きく批判された。同級生から「きもい」と悪口を言われ、下駄箱から靴を落とされ、「便器に顔をつけろ」と言われるなどの事実がありながら、判決は「一方的、継続的ではなく、自殺の原因になるようないじめがあったとは認められない」として自殺生徒遺族の訴えを棄却したためである。また、最高裁裏金訴訟の訴訟指揮も批判されている。しかし、北本いじめ裁判と最高裁裏金裁判の裁判官が重なることはあまり知られていない(舘内比佐志裁判長、後藤隆大裁判官)。

ドラマでは受刑者の人格が壊れる拘禁反応を取り上げる。日本は刑期が諸外国と比較して軽過ぎるとの声が強い。一方で受刑者の被る苦痛は地球で一、二を争うくらい上位である。拘束の度合いが桁違いである。

過剰拘束と侮辱が日本の監獄の特色である。不要な命令を繰り返し、受刑者を踏みつけて楽しむ。刑務所、少年院のどちらにも保護房と称する拷問がある。見張りの暴行も当然視されている。刑務所は移動のさいに手足を伸ばし、歩きかたまで命令する。罵声、怒鳴りは挨拶代わりである。海外では監獄にも最低限の道徳のようなものがあるが、日本にはない。見張りの優越感のためのペットが実態である。人質司法と並び、日本の人権後進国を示すものである。

中野相続裁判さいたま地裁第6回口頭弁論

中野相続裁判さいたま地裁(平成30年(ワ)第552号)の第6回口頭弁論が開かれます。長男夫婦が、母親の治療を拒否する行為が「著しい非行」に相当する又は準じる行為にあたると長女は主張します。傍聴や取材を歓迎します。
日時:平成31年4月5日(金)11時
場所:さいたま地方裁判所C棟105法廷
https://www.hayariki.net/inherit/
本裁判は母親の治療を拒否した長男夫婦から訴えられた共有物分割請求訴訟です。長女には「遺留分がありません」と説明した長男夫婦の代理人弁護士の法律に基づかない杜撰な交渉によって泥沼化した中野相続裁判の第2幕です。
長男が母親の経管栄養の流入速度を速め、延命につながる治療を拒否したという高齢者医療のあり方にも関係する社会的意義のある裁判です。高齢者の権利の危うさを訴えた林田医療裁判に引き続き家族とは、兄妹とは、を考えさせられる裁判です。林田医療裁判は医療過誤原告の会の会報第40号『悲しみにくじけないで』(2018年7月1日)に「母の望まぬ死」と題して掲載されました。
大口病院で入院患者を殺害したとして、元看護師が逮捕された事件では「自分が勤務の時に患者が亡くなると家族への説明が面倒だった」が動機とされます(「「家族への説明が面倒」 逮捕された元看護師の女」毎日新聞2018年7月8日)。林田医療裁判では患者に夜間だけ酸素吸入させました。病院の控訴審準備書面は「家族が見守る中で自然死を迎えることができるように、夜間呼吸中枢が過たぬ程度(原文ママ)の酸素を供給する管理を行った」と主張しました(4頁)。
是非お時間を頂きまして傍聴・取材をお願い致します。皆様の傍聴ご支援を戴き、裁判所に対して公共性が高いことを強く訴えかけさせていただければ、と考えております。温かいご支援を賜りますよう宜しくお願い致します。TwitterやFacebook、ブログ、ホームページなどへの拡散お願い致します。
皆様の暖かい御協力と強力なエネルギーに励まされています。心から感謝いたします。連帯の輪を広め、力強く踏み出していることに誠に心強く、限りない感謝の念で一杯です。引き続きご支援をお願いいたします。

住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45(埼玉県庁の近くです)
JR東日本の浦和駅西口(改札中央一つ出て右側が西口)から県庁通りをまっすぐ行くと左側です。浦和駅西口から左手交番の前を通り過ぎて歩道にわたり、左側の歩道を道なりに歩く。左側の歩道の三菱UFJ信託銀行の前を通ります。右側にコルソがあります。県庁通り左の歩道をまっすぐ歩きます。徒歩15分。
バスは浦和駅西口から国際興業バス「志木駅東口・西浦和車庫・蕨駅西口(北町4経由)に乗り、埼玉会館を経て、県庁前で降ります。
武蔵浦和駅からはタクシーで700円台です。中浦和駅からは徒歩20分位です。
さいたま地方裁判所は家庭裁判所や簡易裁判所と同一敷地にあり、建物はA棟、B棟、C棟、D棟とあります。C棟は奥にあります。B棟から入り、2階に上がって渡り廊下を通ってC棟に行き、1階に降ります。
http://www.courts.go.jp/saitama/about/syozai/saitamamain/index.html




新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP