社会
林田力

神奈川県警が遺失物横領

神奈川県警川崎署地域課の男性巡査(24)は交番に遺失物として届けられた財布から現金を抜き取るなどしたとして、2020年1月24日に業務上横領と公用文書等毀棄(きき)の疑いで書類送検と懲戒免職された。


男性巡査は2017年5月から2019年6月にかけて、11回に渡り、当時勤務していた交番に届けられた財布に入っていた現金計10万9千円と鍵束などを横領し、窃盗事件の被害届1通を自宅に持ち帰ったという。鍵束は「落とし主が分かれば鍵を使って家に侵入し、金を盗めると思った」とする。


2018年6月に飲食店で財布を落とした男性が、店員から「交番に届けた」と聞いて署に確認したことで、巡査が横領した疑いが浮上。遺失物が届けられた際、書類を作成せずに署に報告しないか、抜き取った後の金額を書類に記載するなどの手口で横領を繰り返していたとみられる(「遺失物の現金着服、巡査を懲戒免職「20回ぐらいやった」」神奈川新聞2020年1月24日)。


神奈川県警では川崎署会計課の男性事務職員(44)が県警のネットワークに不正にアクセスし、廃棄予定の拾得物を盗んだとして、不正アクセス禁止法違反と窃盗の容疑で書類送検された。2019年3月29日に懲戒免職にされた。また、この職員に依頼して拾得物のライターを受け取ったとして、県警交通指導課の男性事務職員(40)が停職3カ月になり、依願退職した。


川崎署事務職員の送検容疑は2016年9月頃、システム管理者のIDとパスワードで他部署のパソコンにアクセスし、ファイルを移動させるなどした疑い。また、2017年4月と2018年4月、廃棄予定だった拾得物の加熱式たばこなどを盗んだ疑い。


「県警監察官室によると、この職員は偶然見つけたIDなどを使い、07年ごろから上司や同僚のパソコンをのぞき見していた」(「警察職員が不正アクセス=拾得物窃盗容疑も 神奈川県警」時事通信2019年3月29日)。システム管理者のID/パスワードを偶然見つけたとの説明が怪しい。民間企業ならば考えにくい。システム管理者の専門性を評価する土壌がない職場なのだろう。


大阪府警では警察官らが落し物の現金を詐取した。大阪府警南署警備課の巡査らは落とし主に成り済まし、拾得物の現金を詐取したとして逮捕された。


巡査は2017年11月から2018年6月に計12回、府警の落とし物管理システムで得た情報を知人ら2人(詐欺罪で起訴)に伝え、2人に落とし主を装わせ、10署から約305万円をだまし取ったという。金は飲み代などに使ったといい、「遊ぶ金がほしかった」と話している(「知人に落とし主装わせ…巡査、10署から詐取」読売新聞2018年11月2日)。


大阪地検は2018年10月31日、拾得金計53万円をだまし取ったとして、小林被告を詐欺、地方公務員法違反(秘密漏えい)の罪で追起訴した。起訴された額は計117万円となり、府警は残り188万円の詐欺容疑についても追送検する方針。


府警は2018年10月31日、南署警備課の巡査(24)を懲戒免職処分とした。監督責任を問い、前南署長(59)ら当時の上司6人を警務部長注意などとした。警察システムは内部から悪用されている。民間企業では当たり前になっているコンプライアンスや内部統制が機能しておらず、強い憤りを覚える。システムを変更しなければ、同様の犯罪が繰り返されるだろう。

FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布反対運動

FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布反対運動は、ガーラ・プレシャス東麻布反対運動の幟旗のスライドショーです。FJネクスト(エフ・ジェー・ネクスト)はマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い不動産業者です。
ビジネスは必要としている人に必要な価値を提供することです。自己の営業成績の点数稼ぎのために必要のない人に売り込む時点でアウトです。マンション投資の迷惑勧誘電話は堀井雄二監修、三条陸原作、稲田浩司作画『DRAGON QUEST ダイの大冒険 3』のアバンストラッシュで吹き飛ばして欲しいものです。
ワンルームマンションは住環境を破壊します。ふるさとの風景を壊します。ガーラ・プレシャス東麻布(東京都港区東麻布)やガーラ・グランディ木場(東京都江東区東陽)は隣接地ギリギリに高層マンションを建設する非常識な計画です。住民団体「東麻布を守る会」は隣のビルまで僅か50cmの間隔しかなく、非人間的なマンションと批判します。隣人と手が繋げるまでのところに窓を作り、非人間的生活環境を強制します。
この動画は林田力YouTubeチャンネルで4番目に視聴回数1万回を超えました。視聴数の上位は以下です。上位3本は全て東急不動産問題です。続いて警察不祥事やSDGsの動画となります。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
東急不動産ブランズシティ久が原問題
『東急不動産だまし売り裁判』寸劇
2019年11月30日 10,000回
2019年12月21日 16,241回

チーム医療は堤防

聞いてよ市長!第2回さいたま市民政策プレゼン大会の動画が公開されました。
林田力は「新しい時代には新しい医療を」を発表しました。
杏林大学医学部付属病院の過労死ラインの残業や佼成病院小児科医過労自殺など勤務医の過重労働問題にも触れています。チーム医療を解決策として提言しました。チーム医療は過重労働の堤防になります。ちょうど「現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞がONE TEAM(ワンチーム)になりました。

神奈川県警巡査が特殊詐欺の受け子

神奈川県警第1交通機動隊の巡査(24)がキャッシュカードの保全措置をすると偽って高齢者からキャッシュカードを盗んだとして窃盗容疑で逮捕されました。横浜地検は2019年11月21日、巡査を窃盗の罪で起訴しました。警察官が警察の職務を悪用した犯罪です。

 

横須賀市の高齢男性(80)は2019年10月7日に横須賀警察署員を名乗る男から以下の虚偽の電話を受けました。「逮捕した詐欺事件の犯人があなたの口座から現金を引き出したと言っているので、刑事を向かわせます」(「巡査を逮捕 特殊詐欺の受け子か」NHK 2019年11月1日)

 

「振り込め詐欺の犯人を捕まえた。あなたの口座から金を引き出したと言っている。カードの保全措置を行うので、これから警察官を行かせる」(「神奈川県警交通機動隊巡査 特殊詐欺「受け子」役 窃盗疑いで逮捕」毎日新聞2019年10月31日)

 

この電話の最中または30分後に巡査が男性宅を訪れました。NHKは電話の最中とし、毎日新聞は30分後とします。巡査は男性に封筒へカードを入れるよう指示しました。男性が目を離した隙に、予め用意していたプラスチックカード入りの封筒とすり替えました。劇場型詐欺です。

 

この日の夜にカードから横浜市都筑区内のコンビニで50万円が引き出されました。防犯カメラには男性のカードを使って現金50万円を引き出す巡査に酷似した男性の姿が映っていました。巡査が所有する自動車と同型車両の一部も映っていました。

 

巡査は特殊詐欺グループの受け子とみられ、取り調べに対して容疑を認めています。ギャンブルで300万円ほどの借金があったとし、「短期間でカネになる仕事をスマートフォンで検索し、闇サイトで特殊詐欺グループと接点を持った。他にも6件ぐらい同じように盗んだ」と供述(「特殊詐欺グループに関与の巡査を懲戒免職 神奈川県警」産経新聞2019年11月21日)。

 

詐欺グループの指示役には警察官であることを告げていたと言います(「「闇サイトで犯行グループと接触」 特殊詐欺「受け子」の巡査を懲戒免職」カナロコ2019年11月21日)。だまし取った金の5%を報酬として得ていたとされます(「神奈川県警、不祥事相次ぐ 「受け子」で報酬 捜査ミス隠ぺい」東京新聞2019年11月22日)。

 

この事件では神奈川県警の情報公開姿勢も問題視されています。近畿大経営学部の中谷常二教授は以下のように指摘します。「ことの重大さを真に認識しているのであれば、その後に判明した情報を積極的に公表し、事件に至った背景を『深く』知らせていくべきだ。容疑者は職場でどんな教育を受けていたのか、監督責任者は何をしていたのか、本人の私生活はどのようなものだったのか、迅速に公表されるべき事柄は数多くある」(「「警察官は聖職」の意識薄く 「受け子」疑い、現職巡査逮捕から2週間 識者、神奈川県警の姿勢にも注文」産経新聞2019年11月15日)

 

近時の警察不祥事では警察官が職務を騙って犯罪を行う警察犯罪が目に付きます。消費者保護の分野では警察官による詐欺(警察詐欺)というジャンルを考えるべきでしょう。この警察詐欺と呼ぶべき警察不祥事は埼玉県警が先鞭です。埼玉県警草加署巡査(22)は死体検案名目で遺族から現金82万円をだまし取りました。埼玉県警川越署巡査(25)は遺族に遺体の防腐処置費用として現金50万円をだまし取ろうとしました。

 

神奈川県警は2019年11月21日、巡査を懲戒免職処分としました。埼玉県警は警察官の立場を悪用して遺族女性から現金をだまし取ろうとした川越署巡査を停職6カ月の懲戒処分としました(「埼玉県警巡査を停職処分 遺族への詐欺未遂」共同通信2019年6月14日)。立場を悪用した詐欺警察官を依願退職で済ませることは問題です。

 

警察不祥事と言えば神奈川県警が代名詞になっていますが、埼玉県警の桶川ストーカー殺人事件は警察の体質批判の先鞭となりました。今風に言えば半グレ・ヤンキーの味方をするような埼玉県警の対応は大いに批判されました。警察詐欺の分野でも埼玉県警の警察不祥事が先鞭になっていることは象徴的です。

続警察不祥事

沢尻エリカさんMDMA所持で麻薬取締法違反容疑

女優の沢尻エリカさんは2019年11月16日にMDMAを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕されました。芸能人の薬物犯罪が目に付きます。それにしても芸能人ともなると危険ドラッグのような紛い物は求めないのでしょう。危険ドラッグは一般の依存性薬物以上に体に悪いことを知っているのでしょう。


沢尻さんは2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で濃姫を演じます。撮り直しになるか、チュートリアル徳井義実方式でテロップだけになるでしょうか。大河ドラマは『いだてん』のピエール瀧さんといい、祟られ続けています。


薬物犯罪は社会を壊す深刻な問題です。SDGs; Sustainable Development Goalsのターゲット3.5は以下のように規定します。「薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する」(Strengthen the prevention and treatment of substance abuse, including narcotic drug abuse and harmful use of alcohol)


薬物犯罪の摘発では使用者ばかりで売人の摘発が見えてこないことが気になります。本気で薬物の蔓延を防ぎたいならば蛇口の摘発が必要です。売人の摘発は報道されないだけなのでしょうか。それとも公務員の点数稼ぎで著名人の使用者を摘発し、売人は逆に情報提供者として守っているのではないでしょうか。売人が時々、著名人の使用者の情報を警察に流すことで普段の薬物売買を許容される共生関係にあるのではないでしょうか。


沢尻エリカさん逮捕は桜を見る会疑惑隠しの逮捕と主張する声があります。しかし、沢尻さんの事件について話しており、桜を見る会について一言も触れていない投稿に対して、薬物犯罪には全く触れずに桜を見る会の話しかしない方が話題そらしの脱線です。薬物犯罪を矮小化する議論は肯定できません。


何がより重要な問題であるかは各人の価値観に基づくもので、自分の狭い価値観を相手に押し付けることはいただけません。薬物犯罪に関心のある人に桜を見る会疑惑についても関心を持って欲しいならば、薬物犯罪を矮小化することで桜を見る会疑惑に関心を向けようとすることは逆効果になるでしょう。薬物犯罪の重大性を認めた上で桜を見る会疑惑も重要と指摘することでしょう。それが相互主義になります。

五輪対策課警部が下半身露出で書類送検【警察不祥事】

神奈川県警オリンピック・パラリンピック対策課の男性警部(44歳)が下半身を露出したとして公然わいせつの疑いで2019年11月8日に書類送検された。神奈川県警は警部を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。警部は同日付で依願退職した。

 

警部は2019年8月19日、神奈川県二宮町の雑居ビル外階段で、下半身を露出し、30代の女性に触らせるなどしたとされる。目撃した通行人が110番通報した(「県警警部 公然わいせつ容疑で書類送検 五輪・パラ組織委派遣」NHK 2019年11月8日)。警部は容疑を認め、「性欲の赴くままに行為に及んでしまった」などと話したという。


警部は東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会に派遣中だった。事件前日の18日は、藤沢市で行われたセーリング競技のテストイベントの警備関係業務に従事。同僚と飲酒するなどした後、翌19日未明に平塚駅で面識のない女性に声を掛け、二宮町に移動。コンビニエンスストアで酒を購入後、2人で現場に向かったという。

 

警部は25日に派遣を解除された(「県警警部を書類送検、減給に 下半身露出、女性に触らせる」神奈川新聞2019年11月8日)。NHK大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』の田畑政治が生きていたら何と言うだろうか。

続警察不祥事

林田藩ゆかりの小栗上野介は幕府の堤防

林田藩ゆかりの幕臣に江戸幕府勘定奉行・小栗上野介忠順(ただまさ)がいる。忠順は林田藩八代藩主・建部政醇の娘・道子と結婚した。政醇の別の娘・はつ子は旗本の蜷川親賢に嫁いだ。その婚礼調度の蜷川家伝来雛道具が江戸東京博物館に所蔵されている。

 

「忠順は、早熟、雄弁で幼少時は「天狗」と呼ばれ、14歳のころ播州林田藩主建部政醇を訪れ、悠然とたばこをふかし、たばこ盆をたたきながら、「船を作り海外に進出すべきだ」と論じ、周囲を驚かせました。23歳で建部家の次女道子を妻に迎えましたが、大変な愛妻家だったといいます。」(福田嘉文「忘れられた幕末の偉人─小栗上野介」江戸東京博物館友の会会報『えど友』第69号、2012年、6頁)

 

林田藩士は以下のように評していた。「未だ十四の少年にてありながら、煙草を燻らし、煙草盆を強く叩き立てつつ、一問一答建部政醇藩主と応答し、人皆その高慢に驚きながら、後世には如何なる人物となられるであろうかと噂しあった」(蜷川新『維新前後の政争と小栗上野の死』日本書院、1928年)

 

小栗は幕府を崩壊から守る堤防になろうとした人物である。その言葉に「病の癒ゆべからざるを知りて薬せざるは孝子の所為にあらず」がある。これは現代の過少医療・治療中止への批判にもなる。これは林田医療裁判にも重なる。

 

小栗の業績の一つが横須賀造船所である。造船所建造に対して、勝海舟が海軍500年説の立場から反対したエピソードは有名である。勝は以下のように主張した。軍艦は数年で建造できるとしても、海軍を運用する人材育成には時間がかかる。英国でも300年要しており、日本では500年かかる。それ故に人材育成を優先すべきと。

 

その後、尊皇攘夷派と気脈を通じていると見なされた勝は失脚し、小栗の提言が採用されて横須賀造船所は建設に着手した。幕府の瓦解後は明治新政府に引き継がれ、帝国海軍の重要施設となった。

 

日露戦争でバルチック艦隊を破った東郷平八郎は戦後、小栗の遺族に「日本海海戦の勝利は小栗が作った横須賀造船所のお蔭」と礼を述べた。小栗の先見性が認められた瞬間である。司馬遼太郎も小栗を「明治の父」と評している。

 

ところが、日本は日露戦争の勝利に驕って無謀な侵略戦争に突き進み、国土を焼け野原にしてしまった。ここまで考えると、人材育成を先とした勝の言葉も納得できる。明治になって日清戦争など日本の帝国主義的政策に反対した勝の主張も合わせると一層含蓄がある。

 

このように長期的視点に立てば両者の主張は共に尤もであるが、当時の視点に立てば小栗に軍配上がる。国内に造船所がなければ、船舶は海外から購入しなければならない。実際、幕末は幕府も諸藩も海外から船舶を購入していた。しかし、船舶は購入したら終わりではない。故障すれば修理しなければならない。

 

造船所は新たに船舶を建造するだけでなく、既存の船舶を修理する場所でもあった。消耗品である砲弾や弾丸も作る総合工場とする構想もあった。実際、小栗が訪米時に見学したワシントン海軍造船所が同じであった。造船所で既存の船舶をメンテナンスできれば、外国に依頼する費用と時間を節約できる。

 

旧日本軍の大きな欠点として兵站の軽視が挙げられる。造船所を提言した小栗は日本人に欠けがちな視点を有していた稀有な人物であった(林田力「小栗忠順と勝海舟の横須賀造船所論争評価に欠けた視点」リアルライブ2010年10月13日)。

 

小栗は戊辰戦争で官軍を迎撃する策を提案したが、恭順派の徳川慶喜に否定された。慶喜から罷免されたため、知行地の上野国群馬郡権田村に土着し、水路を整備したり、塾を開いたりしたりするなど静かな生活を送っていた。ところが、官軍に捕縛され、取り調べもなされぬまま斬首された。冤罪である。明治政府にとって小栗が都合の悪い人物であったかが分かる。

聞いてよ市長!第2回さいたま市民政策プレゼン大会レポート

Oneさいたまの会「聞いてよ市長!第2回さいたま市民政策プレゼン大会」が「まいぷれ」浦和版に紹介されました。プレゼン大会で発表した市民生活、保健福祉、まちづくり、文教スポーツの4分野の発表要旨と清水勇人さいたま市長をまとめています。

 

保健福祉分野の発表「新しい時代には新しい医療を」の病院新設の提言に対し、清水市長は以下のようにコメントしました。「県の地域医療審議会でさいたま市の病床数を割り当てられるという点や、市立だけでなく民間の病院などが多数を占める中で、病院の「新設」や「配置」は難しい問題だが、各エリアのバランスを鑑みて病院に行きにくいエリアなどについては、「病床数」の割り当て増加や「病院の配置」などを私も積極的に働きかけていきたい」

 

清水市長はプレゼン大会後の11月8日の定例会見で、さいたま市立病院(緑区三室)の新病院が2019年12月29日に開院すると発表しました。病床数が70床増えて637床になります。さいたま「市内の患者は都内で治療を受けることも少なくない」ことが現状です(「さいたま市立病院、来月29日に新病院 「地域完結型医療」の要に」産経新聞2019年11月9日)。これに対して清水市長は「超高齢化社会でも、市民が地域で必要な医療を受けられる地域完結型医療の要として、信頼される病院を目指したい」と語ります(「さいたま市立新病院、12月29日に開院 精神科、歯科口腔外科など加わる 外来診療は20年1月から」埼玉新聞2019年11月9日)
https://urawa-saitama.mypl.net/article/eventrepo_urawa-saitama/31661

二子玉川の堤防問題について

二子玉川の堤防問題についてフェイクニュースの流布や住民分断が起きています。
私の見解は以下をお読みください。

台風19号の多摩川氾濫と住民運動へのフェイクニュース
東京都世田谷区の二子玉川は多摩川の氾濫で浸水被害を受けました。二子玉川は大型再開発(二子玉川東地区第一種市街地再開発事業、二子玉川東第二地区第一種市街地再開発事業)が行われた場所です。この再開発に対しては地域住民による反対運動が起きました。そこでは水害の激化も再開発の問題点として主張されました。

さいたま市で埼玉県警巡査がマンションに侵入し女性の身体を触る

埼玉県警鉄道警察隊の巡査(32)が、さいたま市でマンションに侵入し、女性の身体を触るなどした疑いで逮捕された。さいたま市のマンションの女性の部屋に2019年8月、不動産業者を装って侵入し、身体を触るなどした疑いが持たれている。巡査は「家には入ったが、触っていない」と容疑を一部否認している(「部屋に不動産業者装い侵入 強制わいせつで警察官逮捕」FNN 2019年10月11日)。家には入ったとの言い訳が言い訳になっていない。


埼玉県警では浦和東警察署(さいたま市緑区)地域課の巡査(32)が、さいたま市内の路上で10代後半の女性にわいせつな行為をしたとして、2019年8月15日に強制わいせつ容疑で逮捕された。路上からマンション侵入に警察不祥事が悪い方へレベルアップしている。


不動産業者を装う点で知能犯である。埼玉県警では警察官の職務を悪用する警察不祥事が相次いだ。埼玉県警草加署巡査は死体検案名目で遺族から現金82万円をだまし取った。埼玉県警川越署巡査も遺族に遺体の防腐処置費用として現金50万円をだまし取ろうとした。市民が警察官に警戒するようになったために不動産業者を装うようになったのだろうか。


巡査が女性の住宅をどうやって知ったかも問題である。埼玉県警岩槻署の男性警部補は2010年2月から2014年6月にかけ、「捜査に必要」と偽り、計10人66件の個人情報を不正取得した。埼玉県警川口署地域課の巡査は公用端末で不正に取得した女性の住宅に侵入したとして、住居侵入の現行犯で逮捕された(「個人情報不正照会、住居侵入、捜査書類偽造… 埼玉県警、2人免職、1人停職」産経新聞2015年1月24日)。

埼玉県警浦和東警察署巡査が、さいたま市内で強制わいせつ容疑




新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP