3月15日はジャクソン大統領の誕生日

アメリカ合衆国第七代大統領のアンドリュー・ジャクソンAndrew Jacksonは1767年3月15日生まれです。ジャクソン大統領は評価が分かれますが、彼の言葉に「勇敢な一人の人が多数派を作り出す」(One man with courage makes a majority.)があります。これは東急不動産だまし売り裁判を進める上で励みになりました。

東急不動産(販売代理:東急リバブル)は隣地建て替えという不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りしました。隣地建て替えで日照、通風、眺望がなくなりますが、その事実を隠してマンションをだまし売りしました。

引渡し後に真相を知った私は消費者契約法の不利益事実の不告知でマンション売買契約を取り消し、裁判で売買代金を取り戻しました(平成17年(ワ)第3018号)。これは消費者契約法の不利益事実の不告知をマンション売買契約に適用したリーディングケースになりました(今西康人「マンション販売における不動産業者の告知義務」安永正昭、鎌田薫、山野目章夫編『不動産取引判例百選第3版』有斐閣、2008年、31頁)。

契約時の説明と話が違うならば契約を白紙にすることが当然ですが、これまでは新築分譲マンションの販売方法に問題があっても契約を白紙にすることは困難でした。それが悪徳不動産業者の売ったら売りっぱなしを助長していました。一人の行動が消費者契約法による売買契約の取り消しを作りました。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP