第21回Oneさいたまの会

第21回Oneさいたまの会が2019年8月17日、さいたま市南区の武蔵浦和コミュニティセンターで開催されました。今回も文教、市民生活、保健福祉、まちづくりの4グループに分かれて議論しました。私は保健福祉グループに参加しました。議論の内容は以下の通りです。

***

病院の待ち時間は長い。予約しても待たされる。待ち時間の原因を明らかにする。医師不足が原因か。人気病院に集中する。あそこが嫌だから、あの病院にするという声がある。自治医大は、その場で他の診療科の予約をしてくれる。それを味わうと他の病院は見劣りする。一か所で済むことは有り難い。

一つの病院に集中している状況を分散できないか。政府は、かかりつけ医を強化して大病院の負担を減らそうとしているが、かかりつけ医には不満がある。結局、大病院で検査しなければならない。

病院にレストラン、お洒落な食事処があればいい。入院食を健康に良い食事、ダイエット効果などアピールできないか。大学の食堂のようにセールスポイントにできないか。見沼の健康な野菜を病院で使ってもらう。病院で野菜を売る。場所が欲しい人はいる。

さいたま新都心の施設を有機的に結び付けられないか。

アプリで「この病院が空いています」と表示できないか。そこからタクシーの配車もできるようにする。不要な救急車出動の抑制になる。

病院の経営改善はブランド力を利用して別事業を行う。食事の宅配サービスなど。雇用が増える。託児所を作る。病児保育も行う。市立病院の赤字を減らすことができる。

病院が近くにないと交通費がかかり過ぎる。コミュニティバスを回す。

救急は時間が勝負。

夜間クリニックがあればいい。開業院の当番制。

医者を育てても東京に行ってしまう。医師の数を増やしても診療科に偏りがある。奨学金に地域枠を設ける。

引きこもりは頭がいい。IT企業社長になった方がいる。無駄に引きこもっていない。

過労死防止条例を作る。さいたま市は医師の健康を守る。それをプレゼンで提案する。現状では、やらなくても良い仕事をやっている。条例は自治体の本来の仕事である。

公立病院の割合は諸国と比べてどうなのか。先進国の事例を調べる。

プレゼンは資料を配れないか。ホームページで公表できないか。ホームページでアイディアを公募したい。

***

次回の日程は以下です。

第22回Oneさいたまの会

日時:2019年9月18日(水)午後7時から9時

場所:武蔵浦和コミュニティセンター8階第7集会室

聞いてよ市長!第2回「さいたま市民政策プレゼン大会」

日時:2019年10月30日(水)午後7時から9時まで

場所:サウスピア9階多目的ホール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Oneさいたまの会の市民政策プレゼンテーションが10月30日に #サウスピア で開催されます。#政策 #さいたま市

林田力さん(@rikihayashida)がシェアした投稿 –

プレゼンPPT



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP