広島県警の押収品盗難事件で死亡警察官を書類送検か

広島県警広島中央署では2017年5月に特殊詐欺事件で押収された現金8572万円が盗難された。状況的に警察内部の犯罪だろう。犯行が可能な人物は限られている。犯人を特定できないことが尋常ではない。

警察ジャーナリストの飛松五男氏は以下のように指摘する。「盗まれた多額の現金は重要な証拠品です。警察では証拠物は厳重な管理下に置かれ、何重もの厳しいチェックを行うのが基本中の基本です。それが警備厳重な金庫から盗まれた。実に不可解極まりなく、証拠隠滅に等しい事態です」(「広島県警の押収金盗難、信頼失う異例事態/識者の目」日刊スポーツ2019年2月5日)

警察は事件発覚後に死亡した当時30代の警察官の男が関与した疑いが強まったとして書類送検に向けた調整を進めていると報道された(「警察署8572万円盗難事件 死亡警察官の書類送検に向け調整」RCC中国放送2019年2月21日)。この警察官は、事件が発覚する2か月前まで広島中央警察署に勤務し、押収された8572万円に関わる広域詐欺事件を担当。

捜査対象の一人として事情聴取や自宅の家宅捜索を受けていた。関与については否定していた。警察官は事件発覚後に休職していたが、2017年9月に広島市内の自宅で亡くなっていたのが発見された。遺書などはなく病死とみられる。何故今頃なのか。身内を庇っているとの疑いもあるし、死人に口無しで責任をなすりつけようとの疑いもある。外部の第三者が入って調査しなければ納得性は得られない。

この警察官は2017年春以降にギャンブルなどで抱えた数千万円の借金の一部を返済していたとする(「広島中央署の金庫から8500万円盗難 事件後死亡の男性警察官送検へ」毎日新聞2019年2月21日)。埼玉県警で急死した男性の遺族から約82万円をだまし取った草加署刑事課巡査も「スマホの課金ゲームやパチンコのやり過ぎで多額の借金があった」という(「人として最低…草加署巡査を免職 警察署内で遺族から現金詐取の疑い「ゲームやパチンコの借金返済に」」埼玉新聞2018年11月17日)。

盗まれた現金は犯罪財産を国が没収して被害者に給付する制度などに基づき、被害弁済に充当される可能性があったが、現在も見つかっていない。広島県警は職員らが現金を出し合って全額補填する前代未聞の方針を出した。補填することと説明責任を果たすことは別問題である。補填すれば真相は有耶無耶で良いとはならない。
警察による押収品の杜撰な管理は他にもある。埼玉県警では警察署で保管していた死亡小学生の遺品の腕時計を紛失した。しかも紛失の隠蔽工作までしていた疑いがある。事件を担当していた元男性警部補が紛失に気付いて腕時計の記載があった押収品目録交付書を遺族の母親から回収し、破棄した。さらに「腕時計」の記載を削除して改めて渡していた疑いがある。これも紛失だけでなく、着服の観点からも外部の第三者が調査する必要があるだろう。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP