北海道警巡査部長が電子計算機使用詐欺

北海道警帯広警察署の巡査部長はクレジットカードの情報を悪用して電子計算機使用詐欺を行った。巡査部長は捜査書類に書かれていたクレジットカード番号を不正に利用し、17万円分の電子マネーを購入し、自分のプリペイドカードに入金した。神戸地方裁判所の国分史子裁判官は2020年7月27日、懲役2年6か月の実刑判決を言い渡した。

「警察官として、勤務する中で得た犯罪や捜査の知識を悪用したもので犯行はきわめて悪質だ。また、家族と暮らすだけの十分な給料を受け取りながら、新車を買う金などのための犯行で、酌量の余地がない」(「「警察官の知識を悪用」実刑判決」NHK 2020年7月27日)

「捜査から着想を得て犯行に及んでいて、極めて悪質」(「捜査書類のクレジットカード番号を…北海道警元巡査部長に実刑」北海道放送2020年7月28日)

警察不祥事が多すぎる。警察不祥事の中でも警察官が詐欺師になる警察詐欺という類型が増えている。埼玉県警草加署巡査(22)は死体検案名目で遺族から現金82万円をだまし取った。川越署巡査(25)は遺族に遺体の防腐処置費用として現金50万円をだまし取ろうとした。「警察官として、勤務する中で得た犯罪や捜査の知識を悪用したもので犯行はきわめて悪質」は埼玉県警の警察詐欺にも当てはまる。

これらが警察のモラルでは身内も近所に顔向け出来ないだろう。税金で賄われていることを自覚していない。大胆な内部変革を行わなければ、国民の警察への敵視目線は永久に継続するだろう。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP