京都府警の巡査部長が電車内痴漢で懲戒処分

京都府警東山署の50代の男性巡査部長は電車内で痴漢したため、2019年4月25日付で減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にされた。巡査部長は同日、依願退職した。巡査部長は3月19日朝、大阪市のJR大阪環状線の電車内で、女性の体を触っているのを大阪府警の警察官に見つかり、事情聴取を受けた。巡査部長は内部調査に「性的欲求を満たすためだった」と痴漢行為を認めたという(「電車内で痴漢、巡査部長に懲戒処分「性的欲求満たすためだった」京都新聞2019年5月17日)。


性犯罪の警察不祥事は他県で実施することがトレンドなのか。埼玉県警蕨警察署の巡査部長は2018年5月27日に東京都のプールで盗撮したとして、東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。岐阜県警では加茂署の巡査長が大阪市浪速区のプールで女性の体を触ったとして、2018年9月2日に府迷惑防止条例違反容疑で大阪府警浪速署に逮捕された。


欲望を抑えられない供述をしている点は、埼玉県警公安のプール盗撮事件と重なる。埼玉県警の公安2課課長補佐の男性警部はプールで女子高生を盗撮し、書類送検された。男性警部は「若い女性の水着姿に興味があった。これまでにも何回かプールで盗撮した」と話す(「女子高生盗撮の警部を書類送検 勤務中、備品カメラで 埼玉県警」時事通信2010年11月12日)。


神奈川県警でも警察官の痴漢は起きている。神奈川県警港北署生活安全課の20代の男性巡査部長は2018年10月下旬頃、横浜市緑区のJR中山駅で、女性の体を触った疑いが持たれている。女性の被害申告を受けて、神奈川県警が県迷惑行為防止条例違反の疑いで捜査している。瀬谷署地域課の男性巡査は2018年11月に東京都内で痴漢行為をしたとして、警視庁に摘発された(「痴漢で2警官処分へ 巡査部長は書類送検方針 神奈川県警」神奈川新聞2018年12月14日)。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP