愛知県警巡査長が妻の鼓膜を破る傷害容疑で書類送検

愛知県警緑署地域課に所属する巡査長の男が自宅で妻の顔を殴り大ケガをさせた傷害の疑いで書類送検された。巡査長は2019年1月、愛知県豊川市の自宅アパートで警察官でもある妻(33)と口論の末、バケツで水をかけたうえ、顔を平手で3発殴り大ケガをさせた傷害の疑いが持たれている。妻は右耳の鼓膜が破れる全治6カ月の大怪我をした。


2019年6月になり関係者が「現職の警察官が処罰を逃れるのは許せない」として県警に刑事告発した。巡査長は容疑を認めた上で「口論した後に寝ている妻の姿を見て無性に腹が立った」などと話している(「警察官夫婦で傷害事件…夫が妻にバケツで水かけ顔を平手で3発 鼓膜破れる重傷 夫“書類送検」東海テレビ2019年8月6日)。寝ている妻にバケツで水をかけ、殴りかかるとは一方的なDomestic Violence; DVである。


大阪府警では元警部補で交番相談員の父親(60)と同居する会社員の長女(28)が2018年9月23日に暴行の疑いで兵庫県警網干署に逮捕された。午後8時半頃、自宅で父親が長女の顔を平手で1、2回殴り、長女が父親の肩などを複数回拳で殴った疑いがある。


父娘は以前から風呂の湯量などを巡って口論になっていたが、長女の「今日は湯量を増やしてやったぞ」という言い方に父親が腹を立て、殴り合いに発展したという。長女が「DV(ドメスティックバイオレンス)をされた」と110番通報した。同署は2人がさらなる暴行に及ぶ可能性があるとして逮捕したが、長女は24日未明に釈放した。


父親は大阪府警の警部補だった2017年4月、JR網干駅で駅員の制服を引っ張ったとして、暴行の疑いで現行犯逮捕され、その後、起訴猶予処分となっていた(「「今日は増やしてやったぞ」に父立腹 風呂の湯量巡り娘と殴り合い 元警察官逮捕」神戸新聞2018年9月24日)。定年退職後の2018年4月からは曽根崎署の交番相談員として勤務していた(「父娘お風呂バトル 元警部補の父は暴行で現行犯逮捕」日刊スポーツ2018年9月25日)。


逮捕歴があっても交番相談員になれる警察の人事はどうなっているのか。警察不祥事では不祥事そのものに加え、身内にだけ甘い処分が批判される。身内に甘い処分が悪い結果をもたらした事件である。交番相談員という形で退職後の面倒を見ることも甘い。警察不祥事では再就職先の情報公開も必要である。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP