新元号の令和を迎えて

新しい元号の令和が2019年5月1日から始まりました。令和改元は生前退位によって予め計画できたという点で画期的です。これがなければ天皇崩御による改元となり、「令和おめでとう」とは言えなかったでしょう。私は元号自体が単位として不便なもので、西暦を好みますが、計画的な改元は突発的な仕事を減らす素晴らしいことです。


私は埼玉県立浦和高校卒業ですが、浦和高校の同窓会は麗和会と言います。浦和の「浦」に麗という雅字をあてて「れいわ」と読ませます。このために私は「れいわ」には親近感を持っています。

元号は天皇の在位と連動したものに過ぎず、本来は時代を画するものではありません。日本語では江戸時代と明治時代は同じ「時代」のカテゴリーですが、英語ではEdo PeriodとMeiji Eraとなり、明確に区別されます。


しかし、昭和から平成のタイミングが冷戦崩壊と重なり、日本型とされる昭和のシステムの見直しが求められました。平成から令和のタイミングもAIやInternet of Things, Digital Transformationの発達と普及に重なります。古い日本の村社会的体質から脱却する時代認識として令和マインドは有益です。


計画的な改元は素晴らしいものですが、僅か一か月前の改元と十連休は公務員の世間知らずによるドタバタ感がありました。改元をめぐる混乱や負担にうんざりして、将来的には元号の利用が減少し、西暦一本化の動きが進むでしょう。公務員が介入できない点で西暦が優れています。


元号に起因とした混乱を見るにつけ、西郷留守政府が太陽暦を採用したことは大きな改革と感じます。元号以上に農作業など生活に影響のあるものでした。それを考えれば元号は民間の暦などで残し、公式には西暦への一本化も十分な選択肢になります。伝統や日本の独自性の観点から西暦一本化に抵抗があるならば、公務員が介入できない仕組みを考えていくべきでしょう。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP