聞いてよ市長!第2回「さいたま市民政策プレゼン大会」

聞いてよ市長!第2回「さいたま市民政策プレゼン大会」が2019年10月30日(水)午後7時から9時まで、さいたま市南区のサウスピア9階多目的ホールで開催されます。さいたま市民の、さいたま市民による、さいたま市民のための市民政策勉強会「Oneさいたまの会」で1年間かけて議論をしてきた政策のプレゼンテーション大会です。清水勇人さいたま市長の前で発表します。市長の前で市民が政策プレゼンを行うことは他市に例を見ない試みです。是非みなさん、お越し下さい。入場無料・入退場自由です!お子様連れも大歓迎です。


2018年9月に続いて2回目の開催です。今回のテーマは文教、市民生活、保健福祉、まちづくりの四つです。保健福祉のテーマでは医療の問題を取り上げます。幸福度ランキングで総合2位に輝くも、健康は8位のさいたま市。


その背景の一つに病院が少ないという事情があります。さいたま市は人口1,301,915人に対し、病院数39、病床数7,978です(2018年度)。これは人口10万人当たりにすると病院数3.0、病床数613です。埼玉県は人口10万人当たりの病院数4.7、病床数853、全国は病院数6.6、病床数1227です(平成30年度厚生統計要覧)。


とはいえ従来型の供給拡大では持続可能性がありません。新しい時代に合った、①患者の診療満足度、②医療従事者の労働満足度、③病院のコスト満足度を高める施策を提案します。

聞いてよ市長!さいたま市民政策プレゼンテーション



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP