沢尻エリカさんMDMA所持で麻薬取締法違反容疑

女優の沢尻エリカさんは2019年11月16日にMDMAを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕されました。芸能人の薬物犯罪が目に付きます。それにしても芸能人ともなると危険ドラッグのような紛い物は求めないのでしょう。危険ドラッグは一般の依存性薬物以上に体に悪いことを知っているのでしょう。


沢尻さんは2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で濃姫を演じます。撮り直しになるか、チュートリアル徳井義実方式でテロップだけになるでしょうか。大河ドラマは『いだてん』のピエール瀧さんといい、祟られ続けています。


薬物犯罪は社会を壊す深刻な問題です。SDGs; Sustainable Development Goalsのターゲット3.5は以下のように規定します。「薬物乱用やアルコールの有害な摂取を含む、物質乱用の防止・治療を強化する」(Strengthen the prevention and treatment of substance abuse, including narcotic drug abuse and harmful use of alcohol)


薬物犯罪の摘発では使用者ばかりで売人の摘発が見えてこないことが気になります。本気で薬物の蔓延を防ぎたいならば蛇口の摘発が必要です。売人の摘発は報道されないだけなのでしょうか。それとも公務員の点数稼ぎで著名人の使用者を摘発し、売人は逆に情報提供者として守っているのではないでしょうか。売人が時々、著名人の使用者の情報を警察に流すことで普段の薬物売買を許容される共生関係にあるのではないでしょうか。


沢尻エリカさん逮捕は桜を見る会疑惑隠しの逮捕と主張する声があります。しかし、沢尻さんの事件について話しており、桜を見る会について一言も触れていない投稿に対して、薬物犯罪には全く触れずに桜を見る会の話しかしない方が話題そらしの脱線です。薬物犯罪を矮小化する議論は肯定できません。


何がより重要な問題であるかは各人の価値観に基づくもので、自分の狭い価値観を相手に押し付けることはいただけません。薬物犯罪に関心のある人に桜を見る会疑惑についても関心を持って欲しいならば、薬物犯罪を矮小化することで桜を見る会疑惑に関心を向けようとすることは逆効果になるでしょう。薬物犯罪の重大性を認めた上で桜を見る会疑惑も重要と指摘することでしょう。それが相互主義になります。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP