中央区長選の立候補者がタワマン抑制を展開

統一地方選挙の後半戦が2019年4月14日に始まりました。東京都の中央区長選挙では熊倉哲也(くまくらてつや)さんが立候補しました。熊倉さんは「急激に増加したタワーマンションの建設ラッシュを抑える」ことを掲げます。4月14日の勝どき駅前、清澄通り沿いの街頭演説でも「タワーマンションがニョキニョキと立っております。30年経って、この豊かな暮らしが維持できるのか。どうでしょう」と問いかけました。


私は中央区長選挙・中央区議会議員選挙立候補予定者公開討論会で指定発言者として「SDGs 住み続けられるまちづくりを」について話しました。熊倉さんは公開討論会には不参加でしたが、人口減少時代における持続可能な街づくりという問題意識は共有できていると思います。


熊倉さんは地域課題を解決する会代表としてSDGsに取り組んでいます。地域課題を解決する会はSDGsサミット2018を2018年12月23日に東京都北区の北とぴあで開催しました。ここで私は「自殺ゼロ、いじめゼロ×SDGs」を話しました。


SDGsは持続可能な開発目標Sustainable Development Goalsです。熊倉さんの証紙ビラにはSDGsのカラーホイールや目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」のアイコンが使われています。中央区長選挙では西田ちから候補が持続可能な発展型先進都市を掲げています。持続可能対決が一つの視点になるかもしれません。


4月14日の勝どき駅前の演説は前田利行・中央区議会議員候補、渡辺喜美・参議院議員と一緒でした。渡辺議員は官僚任せの政治からの脱却を訴えました。役人だけがいい思いをし、日本は三流国家になると警鐘を鳴らしました。


熊倉さんはビジネス感覚が必要と訴えました。これは4月5日の記者会見でも主張しました。「新しい区長は生活者の目線で区民の声を吸い上げられる人物、ビジネス感覚を有し利害調整ができる人物が必要」(「中央区長選 元総合宝飾会社員・熊倉さん出馬表明」東京新聞2019年4月6日)。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP