Twitterの認証コードが送られない

Twitterは恣意的なアカウント凍結やロックが多いことが問題です。林田力のアカウント @hayachikara が2020年10月12日にロックされました。不正ログインされていないにもかかわらず、不正操作されたと表示されました。アカウントロックの解除のために認証コードが必要ですが、携帯電話に認証コードが届きません。SMS拒否設定はしていません。過去にはTwitterからの認証コードが届いた実績があります。

以下の表示がなされますが、「自動音声通話で受け取る」を押しても何の変化もありません。

***

電話番号を確認してください。

Twitterアカウントに登録されている電話番号を確認してください: +********

電話で認証コードをお知らせします。通話料が発生する可能性があります。

***

Twitterのサポートに問い合わせても、認証コードの入力を求めるだけで問題解決になりません。Twitterで「Twitter 認証コード 届かない」と検索して最新の検索結果を出すと、同じ問題で苦しんでいる人がいることが分かります。

多数のユーザーが理由不明な凍結やロックの被害に遭っています。違反行為をしていないのに凍結やロックされたと指摘しています。チープなAIが機械的に凍結しているのではないでしょうか。

凍結の乱用を感じます。多くの人が多くの人は凍結に備えて複数アカウントを取得するようにしています。この結果、システムの負荷が逆に増大しています。強権的手法はだれのメリットにもならない好例です。

公正取引委員会はメガITプラットフォームの優越的地位の乱用を問題にしていますが、消費者感覚ではTwitterをターゲットにする価値があると感じます。応援企画には積極的に協力したいと思います。



新着記事


林田 力 公式Twitter


TOP